teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


忌憶

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 7月26日(水)10時33分39秒 d170.wst16ln10fmbiz26.vectant.ne.jp
返信・引用 編集済
  「忌憶」の二吉が主人公の「記憶破断者」は出版されていますが、直人が主人公の長編小説は、今後出版されるのでしょうか?直人には強い共感を覚えます。  
 

Re:

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 7月24日(月)23時50分42秒 d170.wst16ln10fmbiz26.vectant.ne.jp
返信・引用
  小林泰三さんへのお返事です。

分かりました。次の本が出るのを楽しみにしています。
 

Re: 原子力発電

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 7月24日(月)23時01分57秒 pl13759.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.829[元記事へ]

>ひろしさん

不愉快ということはありません。原子力発電というのは、複雑な問題が絡み合っているので、なかなか簡単に解決できるものではないということを知っておいて欲しいと思ったのです。ここは原発の専門的な話をするのは不向きなので、小説の話題などをしていただければと思います。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

Re: 原子力発電

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 7月24日(月)21時49分59秒 d170.wst16ln10fmbiz26.vectant.ne.jp
返信・引用
  >小林泰三先生へ

僕の無知が原因で不快な気分になられたのでしたら、申し訳ありませんでした。先生と議論できる事が楽しくて、つい調子に乗ってしまいました。自動車が中古で売れるなら原子炉も中古で売れるのでは無いかと思ってしまったのです。原発がどうなるかという事は正直に言うと僕のあずかり知らぬ所です。不愉快でしたら今後はもう投稿いたしません。
 

Re: 原子力発電

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 7月24日(月)20時25分55秒 pl13759.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.827[元記事へ]

>ひろしさんへ

日本で燃料棒の取り出しにどの程度のコストがかかるかわかりませんが、イギリスの実績を考えると、数年の期間と数百億円の費用が嵩みます。これは廃炉が前提でないと到底できない作業だと思われます。あと廃炉の意味はわかっていますか? 一度稼働した原子炉をそのまま運ぶなんて危険なことは不可能です。一人当たり数十万になるのか数百万になるのかはわかりませんが、全原発を廃炉にしてその費用を国民が負担するか、安全性を確認して稼働させるかは、個人の価値観で決められるものではないでしょう。もし、ひろしさんが全原発の廃炉を望むなら、小説家の掲示板に書き込むのではなく、それなりの活動をされた方がいいと思います。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

Re: 原子力発電

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 7月24日(月)17時43分16秒 d170.wst16ln10fmbiz26.vectant.ne.jp
返信・引用 編集済
  〉小林泰三先生へ

燃料棒を入れたままにしておくのが危険ならば、燃料棒を取り出せば良いと思います。その燃料棒自体をフランス等の原子力利用国に売ればお金になるでしょうし、廃炉の必要性自体が
無くなるかもしれません。原子炉は廃炉にするのでは無く、インド等の原発を欲しがっている国にそのまま運んで再利用すればさらにお金が入ると思います。福島の賠償費用については東京電力に海外の電力インフラへの投資等、頑張ってもらう必要があると思いますが、ある程度の国民負担は避けられないかもしれません。福島や廃炉の費用を捻出するために原発を稼働させねばならないとのことでしたが、事故が起きたらすぐに避難しなければならないような物を稼働されるのは地元の人には迷惑だと思います。ギャンブルの負けをさらにギャンブルをして取り戻そうとする様なものだと思います。国民の原発に対する信頼はかなり失われてしまいました。不安というのは目には見えませんが確実に実効性を持っています。それを軽視するのは良くないと思います。また、福島事故の時に吉田所長は本社の方針に逆らい直接海水を注入するという英断を下されましたが、もし海水が注入されていなかったらどうなっていたのでしょうか?また注入すらできない状態だったならば?僕は原子力の安全性については、まったく楽観視できません。それに、科学とは常に仮説であるはずなので、福島の子供達に対する長期的な影響についてはまだ分からないはずです。


 

Re: 原子力発電

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 7月24日(月)10時01分1秒 pl13759.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.825[元記事へ]

>ひろしさん

まず問題は燃料棒を入れた状態では稼働していなくても危険なので、維持費がかかることと、将来の廃炉に莫大な費用がかかることです。福島の原発の廃炉と賠償だけで、20兆円とも言われていますが、全国の数十基の原発の維持と廃炉にはさらに費用が掛かります。原発で発電しないと、これらの費用が捻出できません。電力会社にかぶせても倒産するだけなので、結局は国民負担になってしまいます。もちろん、これらの費用を国民が負担するというコンセンサスがとれれば、原発をすべて停止して、廃炉を始めることも可能かもしれません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

Re: 原子力発電

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 7月23日(日)22時15分22秒 d170.wst16ln10fmbiz26.vectant.ne.jp
返信・引用
  >小林泰三先生へ
確かに全ての原発を即時に廃炉するのは現実的でないと思います。遊休施設という事にして緊急時のみ稼働するというのが良いのではないかと思います。小水力発電については僕も良いのではないかと思います。バイオマス発電というのは木質バイオマスの事でしょうか?だとすれば、現在の発電量をまかなうとすれば、大量の木材が必要であり、植林も間に合わず、日本の山はあっというまにハゲ山になるのではないでしょうか?
 

Re: 原子力発電

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 7月23日(日)21時27分54秒 pl13759.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.823[元記事へ]

>ひろしさん

火力と原子力とどちらが高リスクかは簡単には判断できません。(原発事故の被害は、非難による二次的なものと精神的ストレスと風評被害が大部分であることに注意)しかし、心情的に新しい原発は建設できないでしょう。かと言って、すべての原発を瞬時に廃炉にする訳にはいかないので、寿命が来るまでは有効活用するのが合理的だと思います。バイオマス燃料は既存の火力発電設備を使えるので、代替としては有力だと思います。また、バイオマス燃料とマイクロ水力は化石燃料よりも古くからの実績があります。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

Re: 原子力発電

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 7月22日(土)13時48分42秒 d170.wst16ln10fmbiz26.vectant.ne.jp
返信・引用 編集済
  〉小林泰三先生へ

確かにエネルギー自給や経済性等の観点から原発を再稼動させるのは合理的なのかもしれません。しかし日本全国どこで大規模な地震が起きるかは、分からないですし、気象災害等との複合災害も考えられます。自然は常に人間の予測を超えてきますし、それによる原子力事故の被害も、予測をはるかに超える可能性もあります。だとすれば、化石燃料を使うのもやむを得ないと思います。風力や太陽光発電の電気を蓄電池に貯めて使うというのはどうでしょうか?またメタンハイドレートの開発も聞かれますが、技術的にや経済的にまだ難しいと思いますか?
 

レンタル掲示板
/81