teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 因業探偵

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 6月16日(金)20時14分10秒 d75.Wst18LN10FMBiz25.vectant.ne.jp
返信・引用
  > No.814[元記事へ]

小林泰三さんへのお返事です。

は~い、ゆるーく待ってまーす。
 
 

Re: 因業探偵

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 6月15日(木)20時40分17秒 pl16238.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.813[元記事へ]

>ひろしさん

お読みいただき、ありがとうございます。

本書の成績がよければ、礼都のさらなる展開もあるかもしれません。
あまり期待せずにお待ちください。(笑)

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

因業探偵

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 6月15日(木)17時24分14秒 d75.Wst18LN10FMBiz25.vectant.ne.jp
返信・引用
  「因業探偵」読ませていただきました。後妻の話は、これは叙述トリックだなと思いつつも、
ラストの展開は読めずに驚かされました。個人的には保育助手の話が好きです。
礼都さんは探偵事務所開設の資金を貯めることができたのでしょうか?
新藤礼都がアマツミカボシに乗り込んでカムロギ団&システムと可笑しい会話をする話が読みたいです。
 

納得できました。

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 5月14日(日)18時17分3秒 d75.Wst18LN10FMBiz25.vectant.ne.jp
返信・引用
  > No.811[元記事へ]

真空掃除機、なるほど。納得できました。

ありがとうございます。

 

Re: 返答ありがとうございます。

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 5月14日(日)15時07分13秒 pl3214.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.810[元記事へ]

>ひろしさん

真空暴露と素潜りは状況が正反対なのです。
素潜りの場合は、周囲の水には数気圧の水圧がかかっています。
真空の圧力はゼロです。
つまり、口と肛門に真空掃除機のノズルを隙間なく、接続して吸い上げている状態です。
窒息時に喉と肛門に力を入れる余裕はないし、たぶんしないと思います。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

返答ありがとうございます。

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 5月14日(日)11時30分53秒 d75.Wst18LN10FMBiz25.vectant.ne.jp
返信・引用
  > No.809[元記事へ]

小林先生、お忙しい中返答していただき、ありがとうございます。

鼓膜と角膜の損傷についての説明は納得できました。

しかし、消化液が噴出するのは、やっぱり納得できません。

現在の素潜りの世界記録は100メートル以上で、その時は体内の圧力も上がっていると思わ

ますが、消化液は噴出していません。

カムロギはとっさに口を開けて肺のガスを抜いていますし、喉と肛門にしっかり力を込めて

おけば、問題ない気がします。

 

Re: 質問させてください

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 5月13日(土)22時09分49秒 pl3214.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.808[元記事へ]

>ひろしさん

体内の血液がいきなり沸騰することはありませんが、皮膚や角膜や呼吸器・消化器の粘膜は直接真空に触れるので、急速に乾燥します。また、肺や胃はは密閉されていないので、減圧されて縮みます(つまり体内の圧力で内側に膨らみます)。そのとき、空気や消化液が外に飛び出すと考えられます。鼓膜のような薄い組織は急速な圧力変化に弱く、いっきに真空にまで減圧されると破損する可能性が高く、出血すれば、その場で沸騰が起こります。
思考実験なので、すべてがこの通りに起こるとは限りませんが、意図的にホラー的な誇張は行っていません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

質問させてください

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 5月13日(土)21時01分46秒 d98.wst21ln10fmbiz4.vectant.ne.jp
返信・引用
  小林先生、『天獄と地国』の中で、カムロギが真空にさらされて、体液や肺の空気が噴出するシーンがありますが、人体には、血圧や筋肉の圧力が常にかかっているので、あそこまで派手なことには成らないと思うのです。「2001年宇宙の旅」でも生身で真空中に出ていました。カムロギの描写はホラー的な事実の誇張なのでしょうか?それともカムロギ達の肉体は現代人よりも退化しているという設定なのでしょうか?僕の認識が誤っていたらごめんなさい。   

ありがとうございます

 投稿者:ひろし  投稿日:2017年 4月 3日(月)10時24分27秒 d126.wst16ln10fmbiz21.vectant.ne.jp
返信・引用
  小林先生、お忙しいなか、返信していただきまして、ありがとうございます。
恐縮です。意見を伝えてみようと思います。
これからも、お体に気をつけて、頑張ってください。
夏にでる先生のゾンビの本も楽しみです。
 

Re: 天獄と地国

 投稿者:小林泰三  投稿日:2017年 4月 3日(月)02時12分45秒 pl3214.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.805[元記事へ]

ひろしさんへのお返事です。

初めまして。

『天獄と地国』の続編の構想はありますが、いろいろな原稿依頼があるため、なかなか執筆開始に至っていない状況です。ただ、読者からの要望が多ければ、順番が変わる可能性もあります。出版社へ意見を伝えていただければ幸いです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

レンタル掲示板
/80