teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


近況報告

 投稿者:武内清  投稿日:2017年 8月21日(月)18時27分44秒
  自分のブログの方に、日記のようなものを書いているので、この欄にはすっかりご無沙汰をしている。
1週間のうち、働いているのは金曜日の夕方1時間半だけの為、毎日が日曜日のような生活を送っている。
長女の家族がまだ一緒に住んでいるので、二人の男の子(孫)の成長は楽しみなのだが、
体力が若い時のようにはいかず、面倒をみるのは、短時間になっている。
4か月前の3月に、敬愛大学の特任教授という職を辞して、4月からは敬愛大学の客員教授ということで「教育原論」1コマだけ担当している。敬愛大学では、客員教授の二人部屋をあてがわれているので、快適な研究環境にある。
依頼される原稿が時々あり、それに向けて本を読んだり資料を探したり、いろいろ構想を練ったりしている。
スポーツは、月に2回ほど、テニススクールのレッスンを取り、体を動かしている。その後の疑似温泉が快適。それと毎日曜日に卓球同好会の練習があり、半分くらい参加している。
ただ、歳と共に体力や気力の衰えは隠せず、少し動き過ぎたり、本を読み過ぎると、血圧が上がったりするので、テレビを見たり昼寝をしたりと自堕落な生活を送って、もう少し、ましな生活が送れないのかと反省することも多い。

夏になると、武蔵の皆さんと行った夏のゼミ合宿を思い出すことも多い。軽井沢、八王子セミナーハウス、伊東、修善寺、山中湖、赤城、水上などさまざまなところに行った。テニスをよくやったこと、コンパで飲み過ぎたこと、救急車にも乗ったことがある。よく事故が起きなかったと思う。
天候不順な夏に、健康や事故に気をつけて、お過ごしください。


 
 

謹賀新年

 投稿者:武内 清  投稿日:2017年 1月 1日(日)00時02分28秒
  明けまして、おめでとうございます。
皆様にとって、よい年でありますように。
     2017年(平成29年)元旦
             武内 清
 

クリスマス ツリー

 投稿者:武内 清  投稿日:2016年12月17日(土)21時29分56秒
  ここしばらく家では見る人もいないのでクリスマスツリーを飾ることをしなくなっていたが、今一緒にいるもうすぐ2歳と4歳の子ども(孫)の為に、納戸の中からクリスツリーと飾りを引っ張り出し、飾りつけた。
以前は、「イケヤ」で生木を買ってきて飾ったこともあるが、今年はそこまで本格的にできず、ありあわせの質素なものとなった。それでも子どもたちは大喜び。歓声をあげていた。
 

ゼミ合宿

 投稿者:武内 清  投稿日:2016年11月14日(月)12時23分21秒
  大学生の様子は、30年の前も今も、あまり変わらないかもしれない。
先週、敬愛大学のゼミの学生と、千葉の外房の御宿でゼミ合宿をやったが、その学生の無邪気さや元気さは、30年前の武蔵の学生とあまり変わらないと思った。ただ一つ違うのは、今の学生はあまりお酒を飲まない。アルコールよりご飯の方が、美味しそうに食べる(バベキューをやったのだが、お酒は減らず、ご飯が足りなかった。)
また、アルバイトに忙しく、休日にはほとんど働いていて、ゼミ合宿自体が、大分前から計画しないと成り立たないのも昔と少し違う。
 

日光の紅葉

 投稿者:武内 清  投稿日:2016年11月 5日(土)21時17分31秒
  今日(11月5日)は、妻の運転で、日帰りで日光の紅葉を見に行った。日光の紅葉は、10月下旬が旬だったようで、少し色あせていたが、その分人出も少なく、のんびりと楽しめた。
 日光は武蔵のゼミでも行ったことが2度ほどあり、懐かしい場所。 東武グループの開発した観光地というおっとりした雰囲気があり、心が安らぐ。
 

デジタル教科書について

 投稿者:武内 清  投稿日:2016年11月 2日(水)16時06分16秒
  石田 様
お元気そうで何よりです。
昨年デジタル教科書に関する調査をして、報告書を出したところ、日経新聞の編集委員の方の目に留まり、その概要を書かせていただきました。
教科書を紙から全部デジタル(タブレット)にしてしまうという案も、文部科学省の方でも検討していて、経済的利害も複雑に絡み、難しい問題です。
私たちは、政治的、経済的利害ではなく、教育の立場から考え、書いてみました。
 

日経新聞

 投稿者:石田雅人  投稿日:2016年10月31日(月)08時07分26秒
  今朝の日経新聞の記事「デジタル教科書 現場は」を拝読致しました。
ここに書き込むのもどうかと思いましたが、まずは通勤電車の中で読ませて戴いたことのみ、お知らせ致します。
 

近況報告(2016年10月)

 投稿者:武内 清  投稿日:2016年10月 1日(土)19時09分13秒
  このサイトも長くご無沙汰しています。
私の方は、大きな変化がありません。千葉市にある敬愛大学こども学科に特任として勤めて6年目になります。この大学の特任の定年は70歳ですので2年延長しています。さすがに今年が最後になります。現在非常勤も含めると週4日、週に6コマの授業を担当しています。やはり歳を感じ、若い学生相手の授業は疲れるなと感じることがあります(授業の時はそうでもないのですが、その後疲れを感じます)。それより学生の方が、私の歳(=精気のなさ)を感じているかもしれません。
非常勤先も神田外語と植草学園大学で全て千葉市内にあり、ほとんど千葉県内で生活しています。東京に出て行くのは月に1回か2回になりました。中学以来半世紀以上千葉から通う続けた東京が遠くになりました。先日、たまたま築地の近くに行く機会があり、高いビル群に、東京を未来都市のように感じました。
上の娘夫婦も同居していて、4歳と1歳8か月の男の子の成長を身近で見ていて、退屈はしませんが、男の子二人のエネルギーはかなりで、時々研究室に退避します。歳のせいと通勤時間がなくなったせいで、本を読む時間が減ったと感じています。本の整理など今年中にやらねばなりません。日々感じたことをブログに書いています。
 

子どもの日に思う

 投稿者:武内 清  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時50分40秒
  1歳から3歳の子どもは、親は目を離せず大変だが、子ども自身は、何の悩みもなく、人生の一番いい時期かもしれない。
 身近なところで観察していると、同じ兄弟でも、性格がかなり違う。それは、一人目は慎重に二人目は大ざっぱにという親の育て方の違いもあるかもしれないが、生まれながらのものもかなりあるようにも思う。子育てや教育の仕方も、昔と様変わりしている(たとえば、NHKの幼児向け番組も英語がかなり入っている)
 5月人形も様変わりしているよう
<『屋根より低いこいのぼり』が増えています」「本来は外で泳がせ、天の神様に子どもができたことを報告するのがこいのぼり。室内だと神様に報告できない」
「飾り馬を作ってきた。出荷するのは年間200体程度」「一騎当千と言ってね。侍にとっては、馬は立身出世の象徴。勇ましく育ってほしいと、何体もずらっと並べる人もいたよ。夢が、いらなくなったんだね」>(朝日新聞5月5日朝刊より転載)
今の子どもたちの育ち、生活していく社会が、生きやすいいい社会であることを望む。


 

明けましておめでとうございます

 投稿者:青野城也  投稿日:2016年 1月 3日(日)11時09分5秒
  皆様にとってこの1年が良い年となりますことを祈念いたします。
 

歳の瀬に

 投稿者:武内 清  投稿日:2015年12月30日(水)13時03分34秒
  現在、さまざまな電子通信ネットワークが発達して、同窓会的なブログは中途半端になって廃れていく運命にあるのだろう。ここへの書き込みもほとんど見られない。
私も、自分のブログ(http://www.takeuchikiyoshi.com/)に書くこむことはあっても、ここに同じことを書いても仕方がないと、ほとんど書き込みをしていない。
今年の最後にあたり、少し書いておこう。
敬愛大学に特任教授として勤めて5年目がもうすぐ終わろうとしている。敬愛大学は、住んでいるところと同じ千葉市稲毛区にあり近く(バスと徒歩で30分)、本当に感謝している。今日も快適な研究室に来て、(締め切りの過ぎた)原稿を書いている。
ただ、1か月前に少し体調を崩し、それが完治していないところがあり、どこかが悪いというよりは、歳のせいと思われることがあり、そろそろ生活のパターンを変えなくてはいけないと感じている。
現在、敬愛大学で2日(4コマの授業)、神田外語1日(1コマ)、植草学園大学1日(1コマ)と、週に4日働いている。
今、一緒に住んでいる二人の孫、1歳と3歳(私の年齢からするとかなり幼い孫、7歳下の妹の上の孫は15歳になる)の元気な成長を見ていると、若い子どもや学生から元気をもらい、何か役立つことをしなければと、思う日々である。
 皆さん、よいお年を。

 

近況報告

 投稿者:武内 清  投稿日:2015年 4月27日(月)01時43分9秒
  皆さんお変わりなくお過ごしですか?
私の方は、幸い大きな変化はなく、日々過ごしています。私の歳になると、変化がないというのが、いいことの証になる。
この4月からも、週2回は敬愛大学で4コマの授業を担当し(教育原論、こどもと地域の教育論、1年ゼミ、2年ゼミ)、非常勤では神田外語大学で「教育社会学」を講じている。(放送大学の東京文京学習センターの自主ゼミは1か月に1回のペースで継続。ラジオ番組はまだ続いている。)
今、盛んに大学ではアクティブ・ラーニングということが言われ、講義型ではなく、学生参加型の授業をする必要があるので、授業の準備は武蔵の時代よりやっているように思う。
このように、週のうち3日だけ働き、残りの4日はのんびり過ごしている。テニスをしたり、卓球をしたり、庭の芝刈りをしたり、海岸を散歩したり、子ども(孫)と近くの公園に行ったり(それに母親の老人ホームにも週2回は行っている)の生活である。
近況は、ブログ(http://www.takeuchikiyoshi.com/)に書いているので、ご覧いただきたい。

?
 

大阪ユニバーサルスタジオ(US)に行く

 投稿者:武内 清  投稿日:2015年 3月 1日(日)20時36分34秒
  東京ディズニード(DL)と大阪ユニバーサルスタジオ(US)の違いは何であろうか。もちろんDLとUSの違いは大きいであろうが、東京と大阪の違いもはたらいていることであろう。
今回はじめて大阪USに行き、その雰囲気やスタッフの対応の違いを感じた。DLは規則通りのてきぱきとした対応、USはおおざっぱでのんびりした対応、と感じた。
今回下調べをせずにUSに行ったせいもあるが、入場してからどこに行けばいいのかわからず、混雑している中何も見ることができるものがなく、高い入場料を取って、このいい加減さは何だろうと思った。休止(工事中)のアトラクションや建物がかなりあり、DLのような外でのアトラクションはほとんどなく(本当はあったのかもしれない)、待っている間退屈で、なんと配慮の足りないもてなしなのかということは感じた。これは大阪人のやり方かと、だんだん腹が立ってきた。20年前に行ったフロリダとUSはもう少し楽しかったように思う。
ただ、その後みた「ターミネーター」(40分待ちで入場できた)は演技も3Dの映像もよく、「ジラシック・パーク」(整理券をもらい、すぐ船に乗れた)は(DSに同じようなものがあったと思うが)それなりに楽しく、怒りは消えていった。
その後、見た「ハリー・ポッター」(整理券をもらい入場)の建物のスケールの大きさと緻密な作りにはびっくりした。USが人気がある理由が納得できた。
これは、実質を取る大阪人気質の表れなのであろうか。年間パスポートが2万円弱と安く、これで入場するのなら、文句も出ないであろう。
入場者は2月の平日ということもあり、ほとんど若者(大学生)である、中国・台湾からの観光客も多く、幼い子どもや私のような年寄りはほとんどいなかった。


 

新年のご挨拶

 投稿者:武内清  投稿日:2015年 1月 1日(木)00時01分45秒
  謹賀新年

今年も、よい年でありますように。

2015年 (平成27年)元旦
            武内 清
 

4年生の写真

 投稿者:武内 清  投稿日:2014年12月13日(土)17時34分4秒
  下記で、今年の敬愛の4年生の写真を添付しようとしたら、容量が大きすぎて、添付できなかった。
別の写真だが、下記のあるので、そちらを見てほしい。
http://www.takeuchikiyoshi.com/page/2/

敬愛大学は、そろそろ創立50周年を迎える。あまり時流に乗らないおっとりした大学で、武蔵と似たところがあり、私としては居心地がいい。教員にも職員にも、武蔵の卒業生がいる。
 

卒業生

 投稿者:武内 清  投稿日:2014年12月13日(土)17時25分2秒
  武蔵の時から数えると、ゼミの卒業生を送り出すのは何回目であろう。
今年で、33回目に当たり、そろそろ最後の様な気がする。
私の学生との関係は、30年間ほとんど変わらない(進歩がない?)。
友だち感覚なのである。

 

東武日光の良さ

 投稿者:武内 清  投稿日:2014年11月13日(木)11時44分52秒
  久しぶりに日光に行き、昔、武蔵のゼミ合宿で、日光に来たことを思い出した。それは、もう40年くらい前の1月だが、雪が少なくスキーはできないと思って、東照宮見学や温泉がメインのゼミ合宿だったが、1泊して朝起きたら大雪で、普通の服装(ジャージ等)で、レンタルスキーで滑った懐かしい思い出がある。
東武の日光湯本のスキー場は、スロープもなだらかで、また西武の苗場スキー場などと違い派手さがなく、好感が持てた。
今回、娘たちのプレゼントしてくれた(ホテル四季彩)ホテルに泊まり、日光をいろいろ周り、日光の良さ、また東武の良さ感じた。

娘たちに感謝
http://ameblo.jp/aoakuamusic/
 

shinya talk

 投稿者:武内清  投稿日:2014年 9月17日(水)16時26分7秒
  藤原新也は、CATWALK という会員制のサイトがある。それは、炎上を避けて(?)、その内容を外に転載はしないようにという暗黙の規定がある。
でも、時々、藤原新也は、そこでのtalkの内容を、公開のshinya talkに、自身で公開している。
最近の内容が、興味深かったので、ここに転載しておく。
このような冴えた見方が、私にはこの歳になってもできない。頭が悪いのか、感が悪いのか、勉強が足りないのか、安穏とした生活を送っているせいなのか。

shinya talk から転載

<また今回の朝日と官邸+読売+サンケイのバトル(というより朝日潰し)のネタとされた、東電社員が吉田所長の命令にそむいて福島第二原発に逃げたという誤報は、確かに修正謝罪すべきことだが、こういったことは吉田調書の中では枝葉末節のことであり、ここで一番着目すべきは、あの時、東電本社の意向にそむいて吉田所長が海水注入に踏み切らなかったとすれば、関東圏を含む東日本一帯が壊滅していたという、おそるべき現実が目の前に迫っていたということである。
つまりこのことは日本国が滅ぶことを表しており、また東京を含む2千万人の人間が双葉町や大熊町の人々と同じように逃げ惑う、という地獄絵図が展開されていたかも知れないということだ(米軍はいち早く事故状況を演算し、横須賀基地を引き上げる態勢を取っていたことは記憶に新しい)。
だがこの吉田調書の中にある関東圏を含む東日本が壊滅するかも知れないという吉田調書の核となる証言を読売は書いていない。そして東電社員が逃げたか逃げなかったかという枝葉末節なくだらないことに血道を上げているわけである。
本題はそこじゃねぇだろう。バカやろうと言いたい。
私はかつてトークでマスゴミという言葉を使う投稿を諫めたことがあるが、こういった状態を見るに”マスゴミ”というものは確かに存在すると言えないこともないだろう。
( http://www.fujiwarashinya.com/talk/



 

誕生日のこと2

 投稿者:武内清  投稿日:2014年 8月10日(日)12時23分36秒
  写真の追加  

誕生日のこと

 投稿者:武内清  投稿日:2014年 8月10日(日)12時18分26秒
  私の世代は、歳を満より数えで数えることが多かった。つまり、生まれた時が1歳で、次のお正月に2歳になり、その後はお正月がくるごとの歳が1歳増えた。したがって、お正月は、大変大事な日であった。一方、生まれた月日というのはそれほど重要ではなく、誕生日を祝うということをしてもらって覚えも全くない。
その為か、「誕生日を祝う」ということをしてほしいと思ったことはない。(ただ、家族の誕生日を忘れると大変なことになるので、そちらの方は、気を付けている)
でも、年齢の大きな節目は少し気になる。60歳になった時は、自分で計画して、家族4人全員で、北海道の3泊4日の旅行(レンタカーで回った)に出かけた。
それから10年経ち、今回は、娘二人が、近くのイタリアンレストランを貸切りお祝いの会を開いてくれた。上の娘の家族も参加し、お祝いのバックや色紙や花束までもらい、いい思い出になった。
この年まで、無事に過ごしてこられたこと、支えてくれた家族、そして、皆さんに感謝したい。

 

レンタル掲示板
/28