投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


●「'14秋期深夜アニメ作品、その後の御かんそ。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年10月18日(土)19時51分56秒
返信・引用
  ●「'14秋期深夜アニメ作品、その後の御かんそ」

☆復活は表明致しましたが、もう以前のようなペースで御かんそ書くコトは無い、書けない、いや書く余力が無い…
 ッてカンジになっております、今のトコロ。
 「ガンダムビルドファイターズ」「Gのレコンギスタ」「寄生獣」「蟲師 続章」、相変わらず楽しみな大作・意欲作は続々
 放映開始されている今期ではありますが、ジブンは今期はコレら一般作の御かんそは、たぶん書けないモノかと。
 その余力が無いッス…(笑)!
 代わりに、前回↓復活宣言の投稿で触れさせていただいた、オタ層向け萌えコメ作のその後を観た御かんその
 付け足しなどを、ちょいと。一度触れたモノが初見以後どうなったのかは、コレは書いておかないワケには参り
 ませんので。でも今期は、↓コレらの作品群においても、きっとココでは深く追う事は無いと思います。コレ以上
 拡げるコトも…多分、無いモノかと。その暇があったら「ガルパン」について書きますわ。
 そーいやねんどろいどぷち箱買いと、完全設定資料集BOXが届いちまった。お、重いッ…!お、おも、重いッ…!!

○「異能バトルは日常系のなかで」・2話
あ、面白い!!…と思ったら、なんと!!2話コンテは大地丙太郎監督じゃありませんか!!
…ソレじゃ面白くなって当たり前だわ!!
まさか2話からこんな隠し球スタッフを用意して来られるとは!!!…なんて
トコはやはり、さすがTRIGGER、とナットクするべきなんでしょう。萌え系の中じゃ、今期はコレがリードしますかねえ。
アタシとしちゃ…1話・2話とも文句無く面白いですし、1話の時から「面白い」と認めては来ましたですが…どーも、
この、バカの見本のような中二全開の主人公にヒロイン連5人が意味も無く惚れてる、というギャルゲ系ラノベ特有の
ニオイがキツくて…そーゆー「ステーキが食いたいガキにスープも前菜も端折って望みのモノを与える」みたいな
ショーバイのやり方が臭くて臭くてタマランのですが…その肝心大元の"ステーキ"が「美味い」のであれば、別に
文句付けるスジアイはありませんですわなぁ…。TRIGGERも次の大作を手掛ける前に、ツナギの運営資金稼ぎはしな
きゃならないでしょうし…ハイ、本作については文句言いませんです。どーぞ皆様で盛り上がっておくんなまし。
しかし、ジブン自身は以後、観ないと思います。大地丙太郎監督のようなホンモノのエンターティナーがコレを手掛け
られる姿は、まるで一流シェフがデパート屋上の食い放題1500円ビヤガーデンの厨房に立つのを見るみたいなキモチ
で…ナントモ…それじゃ、TRIGGERが本作を請け負ったのは、そのデパートのレストラン街に出展した一流レストラン
がデパート側から「テナントに入っていたければ屋上ビヤガーデンの仕事も請けろ!客一人1500円のコストで!」…と
セマラレたようなモンかいな(笑)。…まぁ、こんなイヤミ言ってても「美味い」のは確かなんですから、コース料理など
食ったコトの無い若い客層が「ココのビヤガーデンの料理は他と違うよ!美味い!」と、"美味さ"に気付いて下されば、
ソレで万々歳なのでしょう。うん…生徒会長がクネクネ去ってった後にドアの隙間にズラッと縦に覗いてるオンナ
どもの顔も、黒板に書く「バーカバーカ」もカワイい。その後の生徒会長の失恋も双方共にマジだし、きっと主人公が
意味も無くハーレムを得ている理由も、回を追うごとに明かされてゆく構成なんでしょう。観ませんけど、推奨作で。

○「デンキ街の本屋さん」・3話
御かんその前に。
ひょっとして御疑問の方もおられるかと思い、「俺妹」と本作のどこが具体的に違うのか、述べておきたいと思います。
本作と「俺妹」は、共にエロゲやエロ本を視聴者に、ある意味「薦める」内容にはなっております。が、ソコを自嘲的
な"ギャグ"で処理するかしないかでウンコと黄金ほども価値が違って来るんです。作者に「常識」があるか無いか
ですね。ヨダレと小便垂れ流す演者を壇上に立てて観客にも「オレたちもアレやろうぜ」と思わせてしまうのか、
それともバカを演じつつも「ツッコミの余地」を残すのか。「ホンモノの知障」と「馬鹿のフリをするコメディアン
にはハッキリ線を引け」というコトです。本作における"ツッコミ"役は多くの場合観客側に一任されてますので、
その違いに気付かれない向きも多いと思われますが、具体的に言えば3話冒頭、クリスマス発売のエロゲに列を
なし「1年ぶりの"嫁"との再会」に純真に瞳輝かす(笑)顧客の群れを「しょうがねーなー(苦笑)」と笑って"許す"
演者側の「大人としてのスタンス」があるかないか、という事。コレが無いとやがて"芸"は滅びます。
ひいては、こんなスタンスがコミケやエロゲなどのイカガワシい文化(笑)を結果として"護る"
事にもなるんです
原作者は、この"スタンス"を通すために懸命に"ギャグ"として処理されてます。
ソコが「俺妹」のような正真正銘の糞商品と違うトコ。この違いが判らないようですと再びジブン怒り狂います(笑)。
やっぱ、マンガ原作が良いですねー。ラノベは余りにもあっけなく"コメディ"と"ポルノ"の境界が無くなっちまう。
ソレは同時に、安直に"現実"と"妄想"の境界を無くす、という事でもある。"妄想"はあくまで"舞台"(ゲーム画面)か、
コミケやアキバの中に封じ込めておかなければなりません。ソレを敢えて大通り(TV放送)に引っ張り出すのなら、
「バカやりまーす♪」と宣言してバカをやる、みたいな「プロとしての興行姿勢」が必須です。「俺妹」にはソレが無い。
本作にはあります。ですので本作は、安心して観られます。以上でよろしいでしょうか。
…で、そんなハナシとは別にして…今回の3話の御かんそですが・・・大変に残念ですが、正直言って今イチでした。
なんでこんな「急な」展開にしたんでしょう。それぞれのキャラの「良さ」を描かれる前に、各々のカプでイイ雰囲気に
なられても…本作はどう見ても「WORKING!」を下敷きにした作品、と思われますのでそのセンで類推しますと、例えば
「WORKING!」の1期3話で小鳥遊と伊波が、八千代と佐藤がイイ仲です、なんて「説明」から入られても…それじゃ全編の
構成台無しですよなぁ。…そりゃあ2話までも1年越しのアキバ運動会のエピソードを一つに統合するとか「端折る」
構成は見られましたけど、その分内容濃くなって、腐ガちゃんの「いやしんぼめー!」「このビッチー!」やらカメ子の
「くださいな♪」やら名セリフも効き、いいペースで来られてただけに…3話でのこの失速はイタい。いたたた。
なんでこんな構成にしたんでしょう。何かアニメスタッフサイドの方で「やりたいこと」でもおありなんでしょうか。
むしろ、脚本が原作のビミョーな雰囲気をゼンゼン「読み込めて」いないようにも感じられるんですが…いや、早計は
禁物…しかし演出も、「ええーッコレホントに福田道生氏コンテ!?」とガクゼンとなっちゃいそーなベタさで…なんか、
全体に「やっつけた」とゆーより「投げた」カンジになっておりました。残念至極ですが、感じた通りの御かんそなので
致し方無いです。
本作も、ダメになっちゃうんでしょうか…いや、季節ごとに新作一本なんてハードスケジュールでスリコギのように
使い潰されてゆく業界全体の方が既に「限界」を越えて久しいと思われますので、しようが無いんでしょうけど…
水島監督のように敢えて「反逆」の姿勢を取らない限り、上部組織の方が「粗製乱造しろ、しろ」と仕向けますもんなぁ。

○「甘城ブリリアントパーク」・3話
「何を狙って作られたのか」がまだ見えていない作品なので、今回のエピソード(3話)が「全体構成の中でどんな役割を
果たす芝居なのか」が判りませんでした。主人公が逆転一発の集客経営を思いつくまでの軋轢とタメ?見守ります。
ヒツジとピンク猫のキャラって、どー見ても「ジュエルペット」シリーズのエンジェラとガーネットですよなぁ(笑)。

○「SHIROBAKO」・2話
ラスト、その場にいるスタッフ全員の中でキャラ"あるぴん"が共有されてゆくシーンで泣き笑いしちまいました。
この前の段階、「3話納品デッド3日前」という状況説明で現場が今、どんな修羅場にあるか実感湧くヒトで無いと感動
出来ないかも知れませんけど…。みんな殆ど寝てません。疲労困憊、服は垢臭く身体は疲労が脂になってドロドロ。
それでも食い下がる。コレこそが"無"から"ナニか"が生み出される瞬間
コレが無ければ、本掲示板で言う「書き割りPOPみたいなキャラによる通過儀礼」のいっちょ上がり、になる
ワケです。
横手美智子氏の脚本、感動しました。素晴らしいリアリティ(笑)と、緻密なセリフのたたみかけによる盛り上げ。
…こーゆー現場って、一種"恋愛"に近いトコあるのかも知れない。自分も相手も、共に己個人の"幻想"を追っている。
ソレが刹那、「重なった」(かの)ように見える瞬間。それって、一種の"錯覚"かも知れない。でもそうやって生み出された
キャラは、ソレを創った者たちの予想を超えて、活き活きと動き出す。目を見張るほどに、活き活きと。まるで本当に
実在しているかのように。その魅力を目撃してしまったら、もうアニメ業界から抜け出せない。昼夜無くスリコギの
ように働かせられ、上前は全て上部企業がハネてゆく、明日の見えない業界なのに。ソレでも"モノ"を作りたくなる。
"アニメーション"の「魔力」。"animate"とは「生命を与える、吹き込む」という意味の単語です。
…先週の予告でポリーに似たキャラが出てたので「似たような動物アニメ作ってんのかなぁ?」と思ってたら、
ホントにポリーでやんの(笑)。「ロッキー!」って叫んでたし(笑)。声は増山江威子さんじゃなかったですけど。
ヒロインの制作進行ちゃんが幼い頃に観ていた番組だったんですね。平成になってから再放送やってたっけ?
あ、MXでやってたか(笑)。なんか今後、その辺りでも泣かせられそう?
________________________________________________

★コラム。
"ポリー"なんて名前が出て来たコトもあって思い出しましたが、今週の「開運!なんでも鑑定団」で戦前・戦後に渡って
活躍された『日本アニメーションの父』政岡憲三氏のコンテ・原画なんて超お宝が出品されて「残ってるトコには
残ってるんだなぁ」とビックリすると共に、感動しました。日本で初めてセルアニメーションを作った開祖。他の者が
「桃太郎・海の荒鷲」なんて戦意高揚アニメ(絵はラクガキ並み)を作ってる最中に見事な自然描写に満ちた詩情溢れる
ファンタジー作・「くもとちゅうりっぷ」とか作られていた神様のようなヒト。現代で申せばロボット戦争モノとジブリ
の競合と申しましょうか(笑)、そのような信念の戦いが太平洋戦争当時にもあったのです。鑑定の結果は、アニドウの
なみきたかし氏が800万円の値を付けておられました。実勢市場価格がどの位になるかは判らんけど、その程度の価値
はあるよなぁ。で、同時に氏の作品がかいつまんで紹介されたんですが(アタシは恥ずかしながら「すて猫トラちゃん」
は未見でして、観るなり「あ~ッ!「こねこのらくがき」の元ネタはコレか!」と叫んでいたクチでした)、氏の作風の特徴
は、その少女と動物の奇妙なナマメカシさだろう、と思っています。顔の造作は、そりゃあもう3/4世紀も経とうという
昔ですから隔世の感がある、コケシみたいな顔立ちなんですが(「キモチ悪い」と感じるヒトさえいるかもしれない)、
てんとう虫幼女の身体つきと演技を観て下さい。とても"艶"っぽい。ジブンは初見当時、嵐の中で蜘蛛に蓑を盗られた
ミノムシの赤ちゃんが別のミノムシ(たぶん異性)の蓑にかくまってもらい、同じ蓑に同衾するカットのウレシゲな
2匹の笑顔にゾクッと感じたりしておりました。この"艶っぽい"子供や動物の描き方は戦後、政岡氏の日本動画が解体
され、新組織"東映動画"へと改組される際に、お弟子である「日本アニメーション黎明期の神様」・森やすじ氏へと引き
継がれます。日本が堂々たる大予算のフルアニメーション長編映画を撮っていた1960年代東映動画黄金期に宮崎駿、
高畑勲、大塚康生、小田部羊一ら錚々たるメンバーに多大なる影響を与えた"大先生"です。貴方は"森やすじ"の名を
ご存知でしょうか?もし"アニメーション研究家"を名乗る人物でこの方の作品を観た事が無い、という者がいたら、
ソイツは正真正銘のニワカです。で、この方のお描きになる動物や子供がまた、とんでもなく可愛らしく、時として
"艶"っぽい。現代においても充分に通じるホンモノの「芸術」の域。ホントにもう、見ている内に何だか悲しくなって
くるくらいに↓可愛いらしい。

そしてTVの普及によって長編アニメーションが成り立たなくなり、東映の才能が散り散りにTVアニメ作品に散った当時、
このお方が作画監督として入られた「山ねずみロッキーチャック」という作品で作られたキャラクターこそが、
そう、今回の「SHIROBAKO」にも出てきた、異様に色っぽい動物少女・ポリーなのであります。独特の、ぽてっとした
前足に赤ちゃんの手先がくっついたような描き方、胴体の柔らかさに背筋の色っぽさ(笑)。いやァもォ、"艶かし
い"とすら言っていいくらいで(作画監督は岡迫亘弘氏と共同で、森やすじ氏は主に動物の動きなどを担当され、
ポリーの持つ異様な色っぽさ(笑)はコチラのお方の仕事かな?…とも思われるんですすが…)。
そして、その後小田部羊一氏は森やすじ氏と別れた先で、より少女の"艶"を加速したキャラクター・ハイジを作ら
れました。同じ東映組であり、ソコでは場面設計をされていた宮崎駿氏のその後は、今さら語るまでも無いでしょう。
さらに、このような"東映動画"(現東映アニメーション)組の動きと並んで、もう一方のビッグネームである手塚治虫氏の
描かれる「少女」と「動物」は…いや、コレはもう言うだけヤボというモノで(笑)。ついこの間、手塚氏秘蔵の半動物
女性のヌードスケッチの数々が公開されましたね。実際はあんなモンじゃ済まなかったらしいですよ(笑)。
日本アニメーションは、実はその開闢から(一種の)"萌え"と共にあったのです。
「くもとちゅうりっぷ」で蜘蛛に襲われ、亀のように甲羅に身体を引っ込めるてんとう虫ちゃんの動きは、その後の
東映長編「わんぱく王子の大蛇退治」でヤマタノオロチに襲われて怯え、後ずさって逃げようとするクシナダの動き
と絶対関連あると思うんだよなぁ、うん。…今のアニメ界では、アソコまで「怯える少女」を気合込めて描こうとされる
方はおられませんね。やっぱ出来るとするなら宮崎御大くらいですか(笑)。作家性のカンケイで、「怯えるコトで
"艶"を振り撒く少女なんて描くか!」と言われると思いますけど。
しかし、二次大戦当時に作られた藝術アニメーションですら、その題材は「てんとう虫幼女をハイエースしようとする
蜘蛛」ッてのは…いや、コレは偶然の産物であって関連性は無いですか(笑)。

☆あ、「アニメセクハラ掲示板」らしい記事が書けた(笑)。
________________________________________________

☆RES。
へのへの茂平次さん、すいませんでした。でも、申し訳ありません、今後もRESは全般に遠くなると思います…。
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2014年10月16日(木)06時31分6秒
返信・引用
  魔弾の王と戦姫 第1話「戦場の風姫」www.nicovideo.jp/watch/1412745752佐藤竜雄作品っすよ  

Re: 生きてます。ついでに、昨今のアニメ御かんそ。

 投稿者:へのへの茂平次  投稿日:2014年10月14日(火)18時46分51秒
返信・引用
  お帰りなさい!自分が久々に書き込みをさせて直後から更新がアレでしたもので、正直気を揉んでおりました。(自分も同じような状態で心にもない無沙汰を重ねておりましたので、人の事は言えませんね)また、楽しいお話を拝読できますのを楽しみにしております(^^)時節柄ご自愛を。  

生きてます。ついでに、昨今のアニメ御かんそ。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年10月13日(月)14時57分49秒
返信・引用
  ★生きております。
急に書き込みが途絶えたのは、端末がおシャカになったから(苦笑)。
しかし、もぉいーかげんこんなどーしようもないお節介なネット活動は止めにするかなぁ、
と思っていた矢先のコトでもあったので渡りに船、とばかりに一時は本気でこのまま止める
つもりでおりました。しかし話に聞くと知り合い連中が「豊さんはどうしたんだ、死んだの
か?」と心配している、という声を伝え聞いたので、いちお生きている、というコトだけ
報告までに書き込もう、と現在ネカフェから書き込んでおります。明日には新しい端末が
ウチに来る見通し。

しかし「生きてまーす。ご心配かけて済いませんでした」という報告だけではナントモ
カッコ悪いので、ココはシブトさを見せて昨今のアニメさんの軽い御かんそなどをお書き添え。

===========================================

●「'14夏期深夜アニメ作品まとめ御かんそ」
「月刊少女野崎くん」「ばらかもん」「アルドノア・ゼロ」「東京喰種」辺りが高い評価を得た
結果ですが(アタシは、↑この中では「ばらかもん」のファンでした)、目立たないトコでは
「【ろこどる】」なんかも良かったと思っております、ジブン。あーゆー「ごく普通の街の、
ごく普通の少女の可愛らしさをブレずに淡々と、最後まで愛情を込めて楽しく描く」という
コンセプトは、実は「ちゃんとキッチリ作らないと」出せないアジ。例えるなら「くどくなく
あっさり味の、なぜか懐かしくなる味のラーメン」といったトコロでしょーか。そんな
「気取らずも、奇を衒いもしない、くどくないごくフツーの作品」にキュンとしちゃう
今日この頃。最後までミゴトに"フツー"をやり遂げて下さいました。
他には…「ハナヤマタ」も最後まで見事にそんなカンジでしたが、アタシは個人的に
「中学生版「どれみ」だよなぁ、コレ」と想いつつ楽しんでおりました(笑)。
反対に1話の時点では最も盛り上がって期待した「残響のテロル」は、キッチリ作られては
おりましたが…もう少し…もう少し…派手な大風呂敷に対して盛り上がった観客の期待を
埋めて欲しかったカンジだった…でしょうか…「六ヶ所村で日本政府がプルトニウム塊を
作ってた!」なんてシゲキ的かつ挑戦的な題材を導入に使ったのならば…もう少しだけ…
その分、ノイタミナは秋の「PSYCHO-PASS」2期に期待です。
「ヤマノススメ」は視聴継続中。キャラが幼女にしか見えない(笑)コトはともかく、文句ない
です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●「'14夏期深夜アニメ作品まとめ御かんそ」
「ガンダム」2作品、堂々たる少年向け娯楽作となった「ガンダムビルドファイターズ」と
なんと!冨野監督直々の御出陣による正式な「ガンダム」シリーズである「レコンギスタ」が
同時公開、更に満を持して「寄生獣」放映開始、加えて「テラフォーマーズ」などの大作SF、
「PSYCHO-PASS」の2期も控える今期。夏期とは打って変わって活況を呈しております。
その中から、アタシが序盤を観たモノ、観る気になったものに限って軽く印象などを。

○「繰繰れ!コックリさん」
放映開始前までは、コレがダントツの期待作。なんたって平池芳正監督ですよ!しかも
コケシみたいなヒロインのCVは広橋涼さん!山田ぢゃねーか!すわ、「WORKING!」再来か!
と期待しておりました!で、フタを開けてみれば…焦らずに、淡々とやられております。
でも面白い。「WORKING!」の方も、原作がいよいよフィナーレを飾ろうとしておりますので、
出来ればコチラの3期が観たかった…という欲もあるトコですが、様々なご事情もあられる
のでしょう、今は本作で大満足です。もふもふもふもふ。
「WORKING!」3期は、OVAで出だして下さったら買います。

○「異能バトルは日常系の中で」・1話
あやうくOPが始まる前までの段階で切るトコでしたが、TRIGGER作品じゃんコレ!
だとしたら、依頼されて止む無く(次の企画までのツナギとして)この仕事を受けられたのか、
それとも原作ラノベに何らかの発展性を含む面白さがあるのか…後者だと思いたいです。
1話は、面白かったです。今後、ただのハーレム糞ラノベの正体を現す可能性もありーの、
それぞれの異能力を組み合わせ、補完し合って戦えば(戦うとするなら)カードバトル系の
面白い展開も期待出来そうな気もしーの。TRIGGERが単なる糞ラノベの仕事を請け負う
はずがない、との期待を込めて見守ります。

○「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」
メカデザインは面白いし、3DCGパートの仕事は悲しくなるほどに頑張られてんですが、
お姫様を凌辱したりレズったりする展開と融和してないっちゅーか…ストーリー上は
必然性あるんでしょーけど…なんか…あんまりスタッフ諸氏が"楽しく"仕事してない
ように感じる、っちゅーか…

○「天体のメソッド」
「あの花」…とまではいかないまでも、岡田麻里脚本の「凪のあすから」みたいなセンを
狙った寓話モノ?というカンジでした。が…すいません、1話を観て、2話冒頭を観た
トコロで1話の内容を全然覚えてない(いられなかった)ジブンに気が付きました。

○「大図書館の羊飼い」
同じく、1話は観たのですが、2話を観てもジブンは1話の内容を思い出せませんでした…。

○「グリザイアの果実」
エロゲ原作だそうですが、2話だけ観たカンジだと真面目にやられて、上手くいくとする
なら何らかのシカケが控えてそうな?ご様子。こんなシゴトでしたら文句付けるイワレも
なく。

○「甘城ブリリアントパーク」
2話しか観てませんが、文句なく(個人的に)期待作!「京アニの"私小説"」として観れそう。
これだけアニメ界が疲弊した現状に対し、歯に衣着せず思いのたけをぶちまけて欲しい
トコロ。経営権譲渡を迫る若き企業担当、ボコボコに殴り倒してやりてえ(笑)。

○「SHIROBAKO」
最終話まで1本も欠かさず、必ず観ます。

○「デンキ街の本屋さん」
(ジブン個人としては)意外な、ホントに意外なアタリ作。
キャラは「ヤマノススメ」と同様、20歳超えてんのにろりろり(苦笑)。でもそんなトコで
気に入ったんじゃないぞ(笑)。
エロコメディなんだけど、あらゆるエロネタがちゃんと「ジョーダン」「シャレ」になってる。
エロで引っかけりゃバカな読者を釣るのなんてラクなモンよ、とナメてる詐欺エロラノベ
作家のシゴトモドキと違い、ちゃんと作者が頭を痛めて「読者を笑わそう」としてる
のが伝わって来る。しかもそれを受けるは森脇真琴監督!コレで文句があろうはずもなく。
アタシが本掲示板で「エロがイカんと言ってるわけじゃない」といいつつ
エロゲ/エロラノベ原作商品を叩き続けていた、その立場から見た
「これなら文句無い」というセンは、まさに本作みたいな作品です。
ちゃんと笑える。そして可愛い。さらに根は真面目に"愛し合う"展開(?)。

でも絵が完全にろりギャグ絵(笑)なので、この作品の価値に気付かない予測センスに乏しい
向きも多いでしょう。絵で判断してはイケマセン。今からでも遅くない、ゼヒ観て下さい。
本作ならどんなに萌えてもOK。萌えつつ、ドキッとする展開になるみたいですよ(笑)。
カメ子が優花里みたいなセンのキャラでかーいー。お話的には完全に「WORKING!」をエロ本屋
に置き換えたみたいな設定なんだけど、腐ガールはある意味ぽぷらより強力なキャラ(笑)!
笑えます。笑えるコトは保証致します。
…でも森脇真琴監督みたいな天才級才能が、このテの仕事で無意味にすり減ってゆくのかなぁ、
というトコに考え及ぶと「このままではイケナイ!」という気も切々と致します…

○「ワールドトリガー」
日曜朝児童向け。児童向けとしてみれば…どんなに頑張ってもカードバトルでダイナシに
されるカード商品宣伝番組にヘキエキしてたトコロだけに…面白い!
決してオタ層向けとして観てはいけません。「少年向けだ」と思ってさえ観れば、まさに
「現代の感覚で作られた少年向け冒険モノ」ってカンジ?コレを児童層が受け入れてくれるか
どうかは未知数ですが。
コレと「トライブクルクル」「烈車戦隊トッキュウジャー」とを合わせた日曜朝6:30~8:00
までが、アタシの現在の児童向けゴールデンタイムです!「仮面ライダードライブ」は、
まだお試し中。三条陸氏脚本だから、どうにかなると思うんですが…
「妖怪ウォッチ」も、ネタ切れ気味の回は出ては来たものの、相変わらず頑張られてますね。
なんなんじゃ"ネタバレリーナ"ちゅーのは!モハヤ妖怪でも何でもない意味不明のモンやがな!
 

9/23代々木公園・脱原発&反戦デモ

 投稿者:うん☆こなた  投稿日:2014年 9月 6日(土)17時06分14秒
返信・引用
  9月23日に代々木公園で大規模な脱原発&反戦デモが予定されていますが、公園はデング熱で閉鎖なようですね。
なんで代々木公園に限定しての閉鎖なのでしょう? 蚊はどこかへ飛んでいくし、
そもそももっと感染の多かった去年は何で放置だったのだろう。見当もつきません。
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11920453738.html

少し前から原発周辺を探ってた人たちの不審な死が続き、縛られてビニールかぶされて窒息死した人も、車の外から撃たれた人も、いずれも自殺と報道されていますが、
福島の原発問題などを多く制作していた報道ステーションの岩路真樹ディレクターも先日不振な死を遂げました。
死亡日時も死因も曖昧なままで、普通なら何らかのコメントをするTVも報道なしい。当のテレビ朝日すらも触れる気配なしです。

そして、秘密保護法や色々な規制法案が同時期に出て
アニメの規制を煽るために朝日のTVタックルでも有害アニメ報道で印象工作。(まぁ有害ですけど)
こうなると豊島先生の角川アニメを規制せよも、
もしかしたら国の情報操作政策に利用されるかもしれません。

まったく関係ないですけど、プリパラおもしろいです。(タカラトミーはアレですが)
http://ch.nicovideo.jp/pripara
 

埼玉県警 羽生警察署 警備課の巡査長 が証拠品の違法わいせつDVDを警察署内で複製、上司らに配布

 投稿者:課長らが「自分もほしい」などと言って依頼  投稿日:2014年 7月28日(月)10時20分13秒
返信・引用
  人権、職業倫理という言葉を理解できているのでしょうか。

最近のニュースによると、女性警察官採用・登用拡大計画がありますが、
受験を考えている女子学生とその親御さんは、埼玉県警という組織のこの実態をよく理解した上で受験を考える必要がありますね。


-------------------------------

埼玉県警 羽生警察署 警備課の巡査長 が証拠品の違法わいせつDVDを警察署内で複製、上司らに配布


□証拠品のわいせつDVD複写 巡査長懲戒免職 埼玉県警 [朝日新聞]

 www.asahi.com/national/update/0705/TKY200707050336.html


 埼玉県警羽生署警備課の巡査長(27)が証拠品のわいせつDVDをコピーし署員に配っていた問題で、県警は5日、わいせつ図画頒布と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)容疑で巡査長を書類送検し、懲戒免職にした。また、コピーを依頼した同課長(55)=同日付で依願退職=らを停職1カ月の懲戒処分とするなど、当時の上司ら計9人を処分した。

 調べでは、巡査長は2月下旬~3月上旬、証拠品として押収したわいせつDVDを勤務時間中に署内でコピー、課長と別の課の巡査部長(49)に計14枚を配り、別の警部補(36)にもパソコンに取り込むかたちで画像を提供した疑い。課長に配ったとされる9枚のうち1枚が児童ポルノだった。

 DVDは、同署が2月に群馬県内のわいせつDVD卸業者を、わいせつ図画頒布容疑で家宅捜索した際に押収。巡査長と巡査部長はDVDの検分を担当していた。

 コピーに使ったとされる複製機も押収品で、巡査長は自分用にも20枚ほどコピーしたという。警部補への提供が最初だが、それを知った課長らが「自分もほしい」などと言って依頼したという。

 巡査長を最も重い処分としたことについて、県警は「断ることも可能で、厳重に証拠品を管理していた部屋に入った責任は重い」とした。階級を利用した強制や金銭の授受はなかったという。

 高橋克郎・監察官室長は「職員がこのような恥ずべき犯罪行為を発生させたことは誠に遺憾。職員への職務倫理教養と証拠品のより厳格な管理を徹底し、県民の信頼回復に努めたい」などとコメントした。

▽関連記事



□押収DVD複製で巡査長ら書類送検 [日刊スポーツ]

 www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070705-222694.html

押収DVD複製で巡査長ら書類送検

 証拠品として押収したわいせつDVDを警察署内で複製、上司らに渡していたとして、埼玉県警は5日、わいせつ図画頒布と児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、羽生署警備課の巡査長(27)を書類送検した。県警は同日付で巡査長を懲戒免職処分とした。

 巡査長に複製を依頼した同署警備課長の警部補(55)ら2人を停職1カ月の懲戒処分としたほか、当時の同署長の警視(57)ら7人を懲戒処分や内部処分とした。課長は依願退職した。

 調べでは、巡査長は2~3月、課長らに依頼され、同署がわいせつ図画頒布事件で群馬県内のDVD卸業者から押収した無修正わいせつDVD15枚分を署内で複製、課長らに渡すなどした疑い。課長が受け取ったDVDには児童ポルノも含まれていた。


http://www.asyura2.com/07/nihon26/msg/454.html


---------------------------

以下参照
越谷警察署 署長 緑川清正 が女性を署長公舎に連れ込みチューして停職処分
http://ameblo.jp/koshigayamidorikawa/entry-11856058524.html

埼玉県警察女性警察官採用・登用拡大計画
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/soshiki/johokoukai/pdf/690.pdf#search='%E8%AD%A6%E5%AF%9F+%E5%A5%B3%E6%80%A7+%E7%99%BB%E7%94%A8'
埼玉県警 採用 倍率 採用試験 試験 男女共同参画 女性警察官  就活


埼玉県警 羽生警察署 警備課の巡査長 が証拠品の違法わいせつDVDを警察署内で複製、上司らに配布
課長らが「自分もほしい」などと言って依頼
 

Re: 「ガルパン」OVA・「これが本当のアンツィオ戦です!」御かんそ! 通じた~!

 投稿者:へのへの茂平次  投稿日:2014年 7月26日(土)12時23分5秒
返信・引用
  ゆ~さくさんへのお返事です。

ご無沙汰しております、へのへの茂平次でございます。
パソコンの不調で、心にもない無沙汰を重ねておりましたが、このたび、スマホに買い替えてみたところ、あっさり繋がりました!自分は今まさに大洗におります!積もるお話しもございますが、ひとまずはご挨拶まで!
 

「ガルパン」OVA・「これが本当のアンツィオ戦です!」御かんそ!

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月24日(木)08時49分24秒
返信・引用
  朝もはよ、8:40AMから発注しといた「アンツィオ戦」DVDが届いたー!!
コレでキャプ出来るー!!さあ、では保留しといた「アンツィオ戦」の
細かい御かんそ、書いてゆきまっせー!!

…とはいえ、今日は通院日なのだ(出かけようとする矢先に届いた)。楽しみはジックリと。
帰って来たら、いよいよ「アンツィオ戦」の細かな御かんそ、書き始めます~!!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆以下、ココに付記。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================
 

★夏期作品、臨時の簡易御かんそ。。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月19日(土)22時34分13秒
返信・引用 編集済
  ★「「ファイルに手を伸ばす気になれない」とは言っても全く観ていなかったワケでも
 ないので今のトコロ観た作品やデータを調べた作品などを覚え書き程度に書く」
 臨時の簡易御かんそ、続けます。
 御かんそは、特にソレと表記が無い限り1話だけを観てのモノです。


○「アカメが斬る!」
月刊ガンガンJOKER連載原作。小林智樹監督、シリーズ構成:上江洲誠氏。「はたらく魔王さま!」「そにアニ」の
WHITE FOX制作。タイトルから時代劇モノかと思ったら、異世界勇者モノでした。そうか…。昔は時代劇が占め
ていたチャンバラ劇の地位を、今はRPGモノが占めているのか…と思って観てみると、なんか「MAGI」「ムシブ
ギョー」辺りの夕方枠少年冒険モノに近い雰囲気?「神様はじめました」「ぎんぎつね」以来、昨今多くなって来
た「深夜枠で放送する少年少女向け」のセンですかね?…と思ったら、「必殺!」かい!(^血^;)けっこ血みどろ。
少年マンガみたいなボケ芝居もやりながら、少女でも平気で切り殺す…腐女子向けなのか?ちょっと、アタシの
趣味には合いません。脚本(原作)が都合良過ぎ。「ブラック・ブレット」みたいに必要があるなら幼女を何万人
殺そうがかまいませんが、コレには"殺人"を冒す「思想性」が無い。「魔法科の劣等生」と同じく最初に無慈悲
な殺しが描きたくて、そのために悪人が前もって罪を犯してるような構造。駄作だろうと思います。

全日帯枠っぽい少年向けだからって、何でもイイというワケではない。「劣等生」と同じく、原作者の未成熟さ
が感じられる気がします。

○「月刊少女野崎くん」
ガンガンONLINE連載作品、「輪るピングドラム」助監督の山崎みつえ監督、チーフ演出:竹下良平氏、シリーズ
構成:中村能子氏。…まぁ最初から予想されたコトですがタイヘンな高品位作画・演出!!
内容は、ビックリするほど模範的・トラッドな少女コメディでした。
夕方枠放映でも全く問題ない…ちゅーか
「神様はじめました」「ぎんぎつね」系の「何でコレが深夜枠(゚A゚;)?」とゆーアレより「彼氏彼女の事情」とかに
近い「どんな時間帯でもオッケー」系、ってカンジ。内容も明るくカワイい。過去にジブンが唯一少女マンガ系で
BD全購入した「桜蘭高校ホスト部」みたいに楽しい仕上がりになってってくれたらイイなぁ♪…と夢も膨らみ
ますけど、1話観たトコだと全世代向け…というよりは少女マンガ純正ファン推奨、てカンジ?前期でいうなら
「一週間フレンズ。」を楽しめたヒト向け?アレよりはずっと明るく軽いノリですけど。しかし、推奨作です。
アニメに限らず、映像化とゆーのはこーで無きゃいけません。オーソドックスにやるなら意識的に。破壊的
にやるなら、なお意識的に。「原作を加工も無くそのまま書き写す」ような萌えモノ、「クソ出版社に"原作
通りにやれ"」と強要されるので考えなくやる
(例:「魔法科高校の劣等生」)みたいなのが一番ダメです。
「進撃の巨人」や「東京喰種」を、「考え無しに原作を書き写すような仕事」でアニメ化出来ますか?出来ま
せん。「魔法科高校の劣等生」のようなクダラナいモノより、稲垣隆行監督がヤケクソで(笑)アニメ化した
「俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している」の方がイイ作品であろうコトは間違いないです。


●「ハナヤマタ」
芳文社・まんがタイムきららフォワード連載原作、言わずと知れた「ノーゲーム・ノーライフ」のいしづかあつこ
監督
作品、シリーズ構成・脚本:吉田玲子氏、キャラデザ・総作画監督:渡辺敦子氏…固めて来られました(^o^)。
その上…1話・2話コンテは神戸守監督!!!一体どれだけ人脈持ってるんだ、このいしづかッて
監督!…こりゃ、今期の大本命かも知れませんよ!!
逆に構成作家の立場から見てみれば…山田尚子
監督と組んで「けいおん!」が出来た。水島努監督と組んで「ガルパン」が出来た。では、いしづかあつこ監督と
組んだら何が出来るのか!?…コレに注目しなきゃアニメファンとは呼べません!!…1,2話連続して観ました。
キャラは、なんか目が◇で個性的(^ω^)。めっちゃカワイい!導入から、「強烈な上昇志向(羽化願望)を持ち
ながら居場所がなく異世界に行きたがる」という西住みほにも似た矛盾を孕んだ主人公像をテキパキと伝え
る吉田構成。演出は軽妙ながらも、漫符の扱いなどに独創性を感じるいしづかイズム。…さあて、どんな物語、
どんな"魅力"で観客を牽引するのか!!!

なんか…主人公に人生の分岐点(笑)を与えるアメリカ帰りのハナって少女、「おジャ魔女どれみ♪」(4年目)
のハナちゃんに性格も行動も生き写しなんですけど(^へ^;)。原作者の人がその昔、ファンだった…とか!?
まさかね。しかし舞台は鎌倉だったんだ。高知じゃないのね。まぁソコも原作者の都合…今は阿波踊りと並ん
で全国に拡がってるみたいだしイイのか。 ふぅん…カワイい作風だけど女の子のナルシズムもジェラシー
も隠さず描いてる。コレは…"萌え"じゃないかも知れませんね?その辺り、昨今の「作品としての良し悪し
など眼中に無い、ただイベントとして騒ぎたいだけの層」にどう受け取られるか?キョーミがあります。まぁ、
本作を覆う巨大なジョーダン構造…「なんで"よさこい"なんだよ!」「鳴子鳴らして"運命の大転換"みたいに
感動してんじゃねーよ!(^血^;)」という辺りに目ざとくツッコンで行けるかどーか、が楽しめるかどーかの
ポイントでしょーか。テーマは「連帯」かぁ…。最初から仲良しこよしだった「けいおん!」とも、戦車戦の中で
チームワークをはぐくんだ「ガルパン」とも違って、仲間を引き込む過程を大切にするんスね。あーそーか、
擬似レズジェラシーで繋いで3人目引き込むのか(笑)。とはいっても、中学時代とかにアリガチな「親友盗ら
れて仲たがい」ですねコレは(^血^)。「ちゃんと踊れるようになって、ややちゃんに認めてもらうんだから!」
のシーンなんてモロ中学生版「どれみ♪」だわこりゃ(^四^)!
そーかそーか。
コレが"魅力"ですか本作の!ハイ、全話録画視聴決定です。
今のトコ、今期はコレと「東京喰種」だけでイイですかなぁ…(まだ観てないの、山ほどありますけど)

○「リプライハマトラ」
どこぞのメディアミックス企画、マンガ連載は週刊ヤングジャンプ…TVアニメは2014年1月から1期放送して
たそうで…み、観てなかった…アニメ版は岸誠二監督・助監督:安藤正臣氏、シリーズ構成:脚本熊谷純という
顔ぶれ。済いません。観る気力がありません。

○「モモキュンソード」
パチ資本原作、WebノベルとWebラジオ先行、「ロウきゅーぶ!SS」の柳伸亮監督、シリーズ構成・脚本:玉井☆豪氏
…ああ、観なくて良いかも…と思ってたら、1話の録画に失敗しました。リカバリする気になれず。

○「ヤマノススメ セカンドシーズン」
5分枠を15分に拡大し、脚本にふでやすかずゆき氏を迎え、でも山本裕介監督はシリーズ構成・音響演出を兼任。
相変わらず"小さいキャビネット"で制作される可愛らしい萌え作品。明確な"萌え"ですが、とは言っても山本
監督の演出は丁寧でマジメ、上品なので1期は抵抗無く入れました。2期はどうでしょうか。う~ん、相変わらず
高校生設定なのに「ハナヤマタ」よりも年下の小学生にしか見えん…(^o^;)。しかし、ハイ、1期で感じた監督の
構成・演出力は今回も磐石でした。登山用具薀蓄や山登りの合間に萌え萌え描写ばっかりやっているように見
せかけて、実は観客は「こんな小さいのばっかしでキャンプとかヤベーよォ」ナドの心配、「でも頑張れ!もう少
しだ!」という応援したくなる気持ちなどをキッチリ惹起されちゃってます。この辺が「原作をコンテに書き
写すだけの仕事モドキ」と違うトコロ。
原作未読でも楽しめ、ちゃんと「受け取るべきもの」を受け取ってる…。
2話も、とても15分番組とは思えない充実感のあるハイキング描写でした。コレなら萌え作品でも大推奨です!
「ひだまりスケッチ」「のんのんびより」辺りのファンにお奨め。アタシも全話録画保存ですわ。

「新世界より」の監督でもあり、人呼んで"OPアーティスト"・石浜真史氏のOPアニメーション演出がスゲーいい
センス!こんなオープニング映像を大画面で観れるなら、なんか劇場版作ってもらいたくなっちゃうくらい。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14239062
↑石浜真史OPアニメーション集ッてのがニコにあったので観てたら、「かみちゅ!」が始まったトコでボロボロ
泣けちまった…(マジで)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/20 17:45、付記。
★少し落ち着いて、冷静に評する心の余裕が出て来たでしょーか。一時は愛する「ガルパン」祭りと夏期アニメ
 の新作ラッシュが重なって、「どないっせーちゅーんじゃ!止めや止めや、アニメ御かんそなんて書いとられ
 へんわ!」と自暴自棄になってた…果ては、「どーしてこんなに新作始めるんだよ!この内採算が取れるのは
 一割も無いだろうに!」と、半ば憎むような、恨めしい気持ちですらいたぐらいで…(マジ)。急に来た暑さの
 せいだったんでしょーか。ココのトコロの涼しさで、少し回復した?…でも、やはり本調子ではないので、
 調子に乗って「いつものペースで評せる」なんて思わない方がイイかも。やはり夏期は、ジブンは「限られた
 作品しか観ない」方針で行かせて戴きたいと思います。

○「まじもじるるも」
月刊少年シリウス連載原作。「弱虫ペダル」の原作者のヒトみたい。講談社だし少しはマトモな萌えモノ?
「リトルバスターズ!」助監督だった櫻井親良氏処女監督作品、シリーズ構成・脚本:國澤真理子氏。
導入は「六畳間の侵略者」とさして変わらぬ化石的なベタベタ魔女っ子闖入モノ。思わず視聴停止しそうにも
なりますが、演出はマトモにやられてるので…「この先に何か見せたいモノがあるのだろう」と観続け。うん…
中坊向け月刊誌連載軽えっちマンガ、というトコロでしょうか。コレが「oh!透明人間」(この路線の古文書)系
の単なる軽エロなら「漫画誌の軽度な色ネタならOKだけど、こんなモン何億という予算注ぎ込んでアニメ化
するな!」と激怒のトリガーが引かれるトコですが、アホなエロネタと「実は主人公には見所がある」という
描写を交互反復してる。うん、原作者の狙いは判りました。ちゃんと「大人が子供に語ってやるべきテーマ」は
ありそうです。しかもソレを子供を楽しませつつ、笑いの中で伝えてやれるのがこのテのマンガ原作のイイ
トコロ。しかし…古い(苦笑)!絵柄も筋立ても'80年代作品。30年がトコは古い。演出はイイのですが…原作が。
素直で、あまりに基本的で…まるで「魔法使いサリーちゃんと契約して同棲するような」お話。ちょっと評すの
が難しいのですが…コレ(原作)、「ちゃんとやっている」のです「少年の夢」を(笑)。どういうコトかって?例え
るなら、アタシは「輪廻のラグランジェ」1話を観た際に「ダメだ。この世界で"ロボに乗る"コトがどういうことか
描かれもしないで乗っちゃうし、周囲では護衛艦が何隻も玩具のように沈没する。まるで素人ゲーマーが用意
されたイベントを何もこなさずに魔王の城目指して直進し死ぬプレイを見ているような気分だ」…と評しま
した。最近は、そんな「やっておくべき"過程"がある」コトすら知らずに「説明の必要なんか無いやろ。お約束、
お約束」で済まし主人公のナレーションでキャラ紹介しただけでクスグリ(エロ)に入るプロ以前の駄作
が多過ぎる。…ソコいくと、本作はキチンと「魔女っ子と契約し同棲する」過程を細かく描いてますし、主人公
がマトモな男になってゆくテーマもシコマレてますので、取り敢えずアタシが「怒るべき」作品では無いですわ。
まぁ喜ぶのは原作ファンだけで、1年もすれば忘れ去られそうな作品ではありますけどな…ジブンは「(萌え層
への)アプローチとして面白い」とだけ評しておきます。あと、同人描きに一言。絶好のエロパロ素材。コレを
ネタにすれば鼻血噴出モノのイイエロが描けるかも。しかしソレを引き出せるかどうかは、キミの妄想力次第。
しかし…「カードキャプターさくら」では関西弁の使い魔(ケロ)の声を久川綾さんがやっておられましたけど、
本作の同様の関西弁使い魔は福圓美里さんがやられるんだなぁ。時代は巡ってゆくなぁ。

●「残響のテロル」
今期ノイタミナ枠、その1。原案・監督は言わずと知れた「カウボーイビバップ」「サムライチャンプルー」の渡辺
信一郎監督。ああ、やっぱ「スペース☆ダンディ」ってのはツナギ企画だったのか(笑)。助監督に真面目で筋の
通った作品ばっかやって来られた立川譲氏。さて、どうでしょうか…最初は「東のエデン」のようなモノかな?
と思って観ていたんですが……夢中で1,2話、連続で観ちまいました。激面白い。
こんな面白い脚本、良く書けるなぁ…と思って名前検索したら、既にネット上には「脚本の矢野
焦点って何者!?」という見出しがズラリ。しまった出遅れた(笑)。
「PSYCHO-PASS」なんかの時と同様に、
フジのドラマ制作者の方からの出向なんでしょうかね!?…なんか、セリフや展開などを観ていると岡田麿里
女史とかに似ていなくも無い?と感じられるのですが…渡辺信一郎監督作品には、「ビバップ」の頃から「細けェ
コトはいいんだよ。"面白い"方が大事だ。細かいトコを根掘り葉掘りつっこんでお利口ちゃんを気取りたいオマエ、
お前に面白いモンが作れるか?」…というスタンスがあるようにジブンには見受けられるのですが…今回もそんな
カンジ?で、細かく突っ込んでいったら本作、けっこ「完全犯罪推理モノ」というよりは「センセーショナルな
娯楽作」って感じです。ソレも「客層を見据えて」のコトでしょう。
1話でも無加圧環境で水蒸気爆発が
起こるとか、2話でも警察が犯人(スピンクス)の戯言に容易に攪乱されるとか、筋立てを整理すると至極単純である…
などの、そんな辺りを観ていると…「大人向けシリアス捜査モノ」として観るより「明日無き高校生
が日本を破壊しようとする犯罪青春映画」としての色彩の方が強いように見受けられます。が、
しかし面白い。この面白さからは…「DEATH NOTE」「魔法少女まどか☆マギカ」「進撃の
巨人」ナドが出た時と同様、「凡庸な日常に囚われる一般客層の良識を軽々と飛び越えてみせる」
"作家"ならではのセンセーショナリズムが感じられ…実に
面白い。
まぁ、まだ事件の発端部でテーマも現れて来ていないので、コレからどんな物語へと
落ち着いてゆくのかは未知数ですが…コレ、充分今から乗っておく価値はあると思います。演出
も作画も音楽も高度な"表現"だらけ。一見朗らかな少年"ナイン"の微笑みの作画、ゾクッとしますね。
不安を根源から揺り動かし心臓バクバクさせるような天才・菅野よう子の劇伴もナイス。画面に心
を縛り付けます。
…1話アヴァンで六ヶ所村から二人が盗み出したプルトニウム、この国全体上げて欠陥原発に
神経尖らせてる最中に良く出来たなァ!?…とも感じられますが、コレ再処理途中の液化プルトニウムでも、キャニ
スターに密封されたMOX粉末状態でも無いですね。「太陽を盗んだ男」に出て来たのと同じ、爆縮装置で覆えば
直ちに核爆弾の出来上がり!の純粋金属プルトニウム塊ですね(笑)劇中で"ナイン"も「沢田研二といって欲し
い」と言ってるし(笑)、二人はコレを核爆弾としてしか使うつもりは無いんでしょうけど…だからひょっとして
核燃料発電とは全く関係無い、むしろ核テロ防止に御協力下さい!と視聴者啓発になる」とか言って局上層部の
了解を取ったんでしょうか?なんつって(笑)…いや…だとしてもコレ…日本が六ヶ所村再処理施設で純粋
濃縮プルトニウム塊を作ってた!!!ッて描写じゃないッスか…(笑)(笑)。わははははははは(^四^、)。
そんな辺りもオモチロい(^血^)。今までの今期の御かんそ、全部
ご破算です。暫くの間、本作を注視します。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-------------------------------------------------------------------------------------------------
7/21 23:50、付記。
★唐突に御かんそ中途に入る「ガルパン」関連。
今週も新宿バルト通い、続けてます。家の最寄のバス停(徒歩2分半)から出るバスが、なんとバルト入り口に
横付けする…という絶好の立地なのでバルトになっちゃうんだけど、朝8:25の初回ならバルトは未だに
400名収容の最大スクリーン・シアター9で上映してくれてるから、というのも大きい!!
今週中ならこの8:25
(終了9:15)の大スクリーン上映、続けてくれるみたいなので「劇場上映は観応えあると聞いて
はいるけど機会が無かった」という御人は会社・大学の始業前にでも観れ!多分、今週
が最後のチャンスだよ!!
…ちなみに、ジブンこのバルトでは他に250名級のシアター8など
でも鑑賞試してみたんだけど…確かに中小規模のハコでも音の迫力は「音波の爆撃」ッてカンジで申し分無い。
しかし!やはり最大規模の画面際前列席で味わうセンシャラウンドはスケールが違う!「本当の戦場に安楽椅子
で座ってる」ようなキブン!!この体験をみすみす逃しちゃホント勿体無いですよ!!!

★で、それとは別に↓今週は、スタッフトーク付き記念上映会もやるんですなぁ、バルトは…おお、シアター9だ。
【「これが本当のアンツィオ戦です!」スタッフトークショー付き上映会】
【実施日】7月25日(金)
実施劇場:新宿バルト9(http://wald9.com/index.html)シアター9
実施時間:20:10の回(上映終了後トークショー)
料金:一般:\1,200(税込)均一
登壇者:鈴木貴昭(脚本家)、吉川和篤(考証・スーパーバイザー)、 岡部いさく(軍事評論家)、MC:杉山潔(バンダイビジュ
    アルプロデューサー)
※トークショー付き上映会の終了は21:30頃を予定しております。
※本上映会のチケットは、新宿バルト9公式HP【KINEZO EXPRESS(インターネット販売)】、
 及び劇場窓口にてお買い求めください。
【チケット販売スケジュール】
●KINEZO EXPRESSは、7月22日(火)AM0:00(=7月21日(月)24:00)より販売開始
●劇場窓口は、7月22日(火)の劇場オープン時より販売開始

☆明日(7/22)も、当日(7/25)も病院通院日で少々辛いけど、大洗祭り行けなかったしチャレンジしてみっか…

-------------------------------------------------------------------------------------------------

★続けて、夏期アニメ新番組御かんそのつづき。

○「東京ESP」
少年エース連載原作、「神のみぞ知るセカイ」以来!期待のメガホンを取る高柳滋仁監督作品、シリーズ構成
に倉田英之氏というコンビ。XEBEC制作。こりゃ楽しみ!…と思ったら、ありゃ…本作、原作者の過去作である
「喰霊」と同一世界上の物語であって、今回のアニメ化もソレとのコラボ企画の色合いが強いんですって?…
困った…。「喰霊」は観てない…。こりゃあ、御かんそ書いても「禁書目録」を観ずに「超電磁砲」を語る、みたいな
コトになっちゃうかも知れません…。以前、「禁書目録」未見のままで観た「超電磁砲」が面白かったんで褒めた
ら、どうも「禁書」ファンとの間には微妙な捉え方の違いがあったみたいで…本来ならアタシはそんな行き掛かり
など気にしないで「観たままに」評するのですが、元来(「DEATH NOTE」の頃から)メジャーな(注目度の高い)原作
付きを評するのは苦手だ、としている上に、現在の「深夜アニメ作品を観るのに積極的でない」精神状態では…
ううむ。高柳監督の次作が始まったら絶対応援したい、と思っていたのに…こりゃどうも巡り合わせが悪い…。
1話・シリーズイントロは、かつてスペクタクルの連続に大喜びした梅津泰臣監督の「ウィザード・バリスターズ
弁魔士セシル」冒頭にも似た、派手なテロリズムの連続でした。作画の気合も充分、「残響のテロル」が無ければ
「コレが今期№1の期待作かも!」と舞い上がっちゃうに充分な作り込み、残虐シーンも適度にショッキングで
さらにその上、経験を積まれた高柳監督なら「セシル」みたいに途中でナンダカ判らなくなっちゃうようなコト
も無いでしょう!と確約出来る言うこと無しの出来栄え。
多少気になる部分があるとすれば、「善の超能力者対悪の超能力者、共に蔑まれながらの対決」という、「バビル
2世」…いやいや石ノ森章太郎…いやいやヴォクトの「スラン」まで遡れるような基本中の基本ネタであるので
料理次第でどっちへ転ぶか判らない、そして最近の倉田英之氏の書かれる脚本の観念的ノリでしょうか…?
特に「正義」という概念に関する部分について(「サムライフラメンコ」は面白かったですけど)。
ちょっとまだ、物語がどう運ぶのかは未知数です(1話時点)。今期は、ジブンは「残響のテロル」の方をメインで
観て、本作は録画保存だけしておいて後で余裕が出来た時に観る、という方針で行かせて戴きとう御座います。

○「アルドノア・ゼロ」
"Olympus Knights"という聞いたコトも無い企画元の原作、Wikiの設定を読むと「月で地球と火星を繋ぐ古代
文明の遺産ハイパーゲートが発見された」だの「火星皇帝ギルゼリアが地球へ宣戦を布告」「ハイパーゲートが
暴走を起こし月が砕ける大惨事"ヘブンズ・フォール"が発生」だの…なんかその厨二ぶりにアタマ痛くなって
来るんですが。「放浪息子」とかのあおきえい監督作品、ストーリー原案に虚淵玄氏、シリーズ構成は高山カツ
ヒコ氏…。どうなんでしょ。なんか虚淵氏が原案に入られてても、先行き未知数な気がしますわ… 観ました。
ネタそのものは単純(笑)(失礼)なだけに、演出・作画の労力次第でどーにでもなっちゃう…というショウ
スタイルを全力で仕上げられてるので見応えあります。物語は小学生にも通じるレベル、ソレを懸命
の頑張りで観応えのあるモノに仕上げる類の仕事は「"凡百の泡沫作"を"黄金の王道"にも成し得る」とは、
毎度ココで書かせていただいているコトで。この時点では、「インデペンデンス・デイ」などのハリウッド大作
と同様に「世界の誰に観せても理解してもらえるような内容」です。「技術格差のある侵略者の一方的攻勢」ッて
のは絵になりますね。まぁ…後は…この大風呂敷を拡げたら、ソレをどこまで維持出来るか、という勝負になる
でしょうか。…う~ん(^血^;)、お話の方は観れば観るほどベタですかね。「銀河英雄伝説」みたいなクラシック
な敵さん、クーデターで暗殺されそうになって脱走した皇女(お付きのチビ子がカワイい(^o^))、敵将校は徹底
して卑劣で傲慢、潜入させておいたスパイの娘を始末しようと舌なめずり(笑)…コレ、虚渕氏はどの辺のシゴト
されてるんでしょ(苦笑)。しかし…↑上の「まじもじるるも」の項で書いたコトの繰り返しになりますが、コレ
「ロボ戦争モノならシリーズ冒頭で必ず「やっておかなけらばならない"過程"」を着実にこなしてはいます。
会戦の経緯と主人公の周囲の民間人(社会)の反応を描き、地球側の技術水準を見せたのち、ソレを遥かに凌駕
する火星側の技術力に驚愕する、などの「未知の戦力との遭遇戦での反応」をちゃんと描いてる。まぁ、こんな
平易な物語なら出来て当然だろう、とは思いますが…「誰にでも判るおヤクソクの内容を全力でショウアップ
した作品で盛り上がりたい」10代層などの反応は非常に良いと思われ。ふん…地球側攻撃の銃弾も榴弾も爆発
するでもなく、弾かれるでもない…と思って観てたら、ダガー攻撃したロボの腕が消去された。ナルホド、「蒼き
鋼のアルペジオ」のクラインフィールドと同じモンか。コレが本作の"アルドノア"?コレなら質量・エネルギー
保存則に抵触しない。まぁ…↑上で引用した古代超文明のハイパーゲート技術を防御手段に転用した、という
トコでしょうがね…で、3話。(2話は録り逃がしました。さして影響はありませんでした) こういった戦争モノ
を右翼思想の持ち主が制作した場合、観客を置き去りにして、ともすれば自分だけの「武士の本懐」的自慰空間
に入ったりもしちゃう(笑)モンですが、ソコいくと本作はごく正常な人間の情や極限状況下での選択などを
自然に描いてるので、腹も立てずに観るコトが出来ます。その辺、富野監督にも近い客アシライですかも。富野
監督だって、本当はナマの血みどろな「戦場の真実」を描きたかったでしょうに、ソコは敢えて堪えて「平和ニッ
ポンの一般客層」を相手にした。だから「ガンダム」はヒットした。取り違えちゃイケマセン。TVアニメは「客商売」
なのです。その辺が判ってない素人制作者が多いように思えます、戦争モノには。で…"アルドノア"があらゆる
エネルギーを吸収しちゃうんなら、火星ロボの姿は何で見えてんだよ!可視光だけ透過すんのかよ!…なんて
ツッコミはおいといて…(虚渕原案なら、ソコを上手く利用するかも知れませんし)、ああああ。ガキどもだけで
独立義勇軍組んで、その上クルーを失った強襲揚陸艦までせしめちゃうのかよ!完全に「ガンダム」の焼き直し
じゃんコレ(笑)!…あああ、火星側の兵器情報は皇女さんが提供してくれるのか。こっちゃ「イデオン」ですなァ
(^血^;)。とは言っても、コレまで数々の泡沫作が挑んでは敗れていった「高いハードル」ではあります、富野作品
の"焼き直し"は。ソレを「上手く」やっていただけるのなら文句出すイワレは無いと思います。コレまで「誰も
成し得なかった」コトだから。少なくとも現時点で、「AGE」とかよりは余程上手くいっているんじゃないで
しょうか。で…。あはははは、お姫様の変身シーンまであるのか(^o^;)。で、2話は煙幕を使って上手く脱出した
上、「水に落とす」コトによって見事無敵の相手を仕留めました。コレ、別にバリアの隙き間を見つけなくても
有効な作戦だったと思います。…ナゼなら、水に落ちれば相手は周囲の水を永遠に転送し続けるワケですから、
浮力も水の抵抗もゼロになる、従って"自重"がある限り限りなく落下してゆく。まぁ、ソレいったら例えば転ん
だだけで地球中心核まで沈んでいく(笑)コトになりますし、やっぱり主人公が逆襲しなきゃサマになりません
し、コレで充分アリでしょう。順当、順当。ちゃんと「納得出来る反撃手段」を考える作品なんて、滅多に無いし。
結論。面白いと思います。頑張って下さい。…でも、ジブンは本作、観ないと思います。
ナゼなら「ガンダム」も「イデオン」も本放映同時体験してるから(笑)。

今さらワシらの世代は、焼き直し作品を観る必要は無い
ので、ジブンは「ガルパン」みたいな新しい作品を追う
コトにしますわ。お好きな方は、どうぞ応援したって下さい。その内に風の噂で、本作は盛り上がったか、それとも
そうでもなかったのか、聞くコトに致しとう存じます。なんたって現在、深夜枠アニメを観る動機が薄いので…。
済いません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/23 19:00、付記。
○「ばらかもん」
ガンガンONLINE連載原作、「東京マグニチュード8.0」の橘正紀監督、待望のTVアニメ監督作品、シリーズ構成に
「おしりかじり虫」「ゆゆ式」のピエール杉浦氏。おお、コレは意外な取り合わせ&実力派のタッグですかも!
…観ました。舞台は五島列島かぁ…。まだ行ったこと無いや。ギャオスが出たトコね?(出ねェよ>(^o^;))。
以前に全国温泉巡りしてた時、九州には(温泉旅行だけで)3度行きました。大分~(長崎)熊本・鹿児島がメイン
ですが。強烈な硫黄泉・炭酸泉に浸かるおっちゃんもおばちゃんも、ジブンみたいなエタイの知れない都会モン
にも「ここのお湯はええぞー。かかの腰痛が3日で治りよった」とか陽気に声かけてくれ、ある巨大ホテルの巨大
温泉に平日に行っちまって、飯でも食うべと思ったらそのホテルの付帯施設は休日しかやってない、しかも山
の中腹で他に店も無い…という時に、受付のおばちゃんが昼飯のおにぎりを分けてくんしゃった。しかもレン
ジでチンまでして。おっちゃんおばちゃんらも農作業で腰痛などが辛いから温泉に来るんだろうに、そんな事
おくびにも出さず明るく、堂々としつつも人当たりの良い朗らかな人たちだった。ああ…また、あの浸かると
フラフラになる強烈な酸性硫黄泉の泥湯に浸かりたい。島原半島では、夕陽も信じられないほど美しかった。
九州の西には東シナ海しかなく、遮る埃や水蒸気を上げる陸地が無いので、クッキリと鮮やかな水平線に、裸の
太陽がギラギラ沈む。気象ファンに言わせると、日本で"グリーンフラッシュ"(沈む夕陽が一瞬緑色になる現象。
大気が安定して澄んでないと起こらない)が観測し易いのは、やはり九州西岸だと聞く。五島列島は、その先…。
東シナ海の真っ只中。南海性の奥深い湾が多く、本州では絶滅したヤギス(ホシギス。江戸時代までは釣れた)が
釣れると釣りファンの間では有名。行ってみたいなぁ…。

そんな島に少女が一人。「のんのんびより」のれんげと同じく、田舎住まいの6歳。でも性格は正反対っぽい(笑)。
海に突き落とされたら、逆に大人を海に引きずり込む。こりゃ男子にも負けんわ(笑)。まぁザリガニをイシダイ
の餌にするために鋏むしっただけでショック受けてたので、性根は優しいみたいですが。そんな少女と、自分の
進むべき道を模索しに来た青年との枕営業…もとい語らい。主題歌タイトルは「らしさ」。なんか、この歌聴い
てるだけでジンワリ涙が滲んで来るんですが。また、EDは…そんな少女・なるが他人ン家の塀に木の枝で気
の向くまま描く落書きの直線。こんなコト都会でやったら、「止めなさい、人様の家の塀に!」とかいって叱られ、
木の枝取り上げられるんでしょうなぁ。…なにもかも「大人の都合」で動く地域社会は、子供たちをダメにする。
「子供を描く」なら、もう既に都会はその舞台としての機能を失ったのかも知れません。ですので、本作と「のん
のんびより」など…そんな作品の出番なのかも知れないですね。静かに全話録画鑑賞決定

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================

アニメ関連ニュース!!また角川の醜聞です。
【日本のポルノもどきの深夜アニメ、台湾で夕食時に放送される―香港メディア】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140723-00000007-xinhua-cn
「香港メディア・東網は21日、「日本のポルノもどきの深夜アニメが台湾で夕食時に
放送される」と題した記事を掲載した。夏休みに入り学生たちのテレビを見る時間が
増える中、台北市の議員が市議会で「日本では深夜に放送されるわいせつな内容を含む
番組「バカとテストと召喚獣」「変態王子と笑わない猫」「フォトカノ」などが台湾では
ゴールデンタイムに堂々と放送されている」として直ちに放送を中止するよう求めた」


↑上記、全て角川系列作品です。制作・著作メディアファクトリー、エンターブレイン、角川ゲームス。
角川の商品は"日本の恥"です
まぁ、まだ「バカテス」とか「変猫」とかは監督以下スタッフが頑張られていて、本掲示板でも貶しは
しなかった作品ではありますが…こんなモノをキッカケに、やがて「俺妹」みたいな
毒物
の販路を開拓して行くつもりなんでしょう。角川を止めなければ、全アジア
から日本が軽蔑されます。あの会社には自浄機能も、良識も
ありませんから


=================================================================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7/24 7:45AM、付記。
★夏期アニメの御かんそ、あらかた入れ終えた(?)みたいですので、この投稿のケツには久しぶり!!
 原発関連で昨今スクラップしてたニュースでも貼っときます。コレにてこの投稿は終了~。

【「福島の鼻血は内部被爆だ」 神戸の医師、学会で発表】
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201407/0007142183.shtml

「福島原発事故後、福島県では子どもを中心に鼻血が出る症状が相次いだ。漫画「美味しんぼ」で登場人物が
鼻血を流す場面が「風評被害を招く」などと批判されたが、実際に放射性物質が結合した金属粒子が鼻の粘膜
に付着し、内部被ばくを起こした可能性があることを東神戸診療所(神戸市中央区)の所長が12日に名古屋市
で開かれた日本社会医学会で発表した。
 所長によると福島からの避難者の2人に1人ほどが家族などの鼻血を体験している。突然出血し、普段
あまり鼻血を出さなかった子どもが多いのが特徴。避難後はほとんどの症状が治まっている。
 500mSV以上の放射線を全身に浴びれば急性障害で鼻血が出る場合がある。東日本大震災の被災地では原発
から飛散した放射性セシウムなどが金属粒子と結び付き拡散したことが気象庁気象研究所の観測などで確認
された。東日本一円で医療機関のエックス線フィルムが粒子で感光する現象もみられ、当初から健康への影響
を疑う声が聞かれていた。金属粒子は直径数ミクロンで、人体のごく小さな範囲に1日100mSVを超える放射線
を出し組織を損傷する」

【がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000012-asahi-soci

7月14日(月)7時22分配信
「東京電力福島第一原発で昨夏に実施した大規模ながれき撤去作業で放射性物質が飛散して、20キロ以上
離れた福島県南相馬市の水田を汚染した可能性を農林水産省が指摘し、東電に防止策を要請していたことが
分かった。福島県は「他の要因は考えられず、がれき撤去の可能性が限りなく高い」としている。東電は要請を
受けて撤去作業を凍結してきたが、広範囲に飛散した可能性を公表しないまま近く再開しようとしている」
「原発から20キロ以上離れた南相馬市の避難区域外の水田14カ所で昨秋に収穫されたコメから基準値
(1キロ当たり100Bq/kg)超のセシウムが検出された。農水省が調べたところ放射性物質は8月中旬に出始めた
穂などに局所的に付着。事故当時に飛散した放射性物質を土壌から吸い上げたのなら均一的に検出されるため、
穂が収穫された9月末までの間に新たに飛んできたものと分析した。
 この間の8月19日、東電が第一原発3号機の大型がれきをクレーン車で撤去する際、がれきの下敷きになって
いた放射性の粉塵が飛散し、作業員が被爆した
 東電は3号機のがれき撤去を終えたが、高線量のがれきが残る1号機は手つかずで、建屋を覆ったカバーを
近く解体する方針。天候や風向き次第でどこまで飛散するかは不明だ」
↑関連↓
【<福島第1>放出量は最大4兆ベクレル がれき撤去で東電】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000128-mai-sctch

7月14日(月)22時38分配信
「東京電力福島第1原発で昨年8月のがれき撤去時に放射性物質が飛散し20キロ以上離れた福島県南相馬市
の水田を汚染した可能性がある問題で、東電は14日、同原発からの放射性セシウムの総放出量を最大4兆Bqと
試算していたことを明らかにした。しかし「かなり大づかみな計算」として公表せず、市にも伝えていなかった」

【皮膚のあちこちから血が噴出す現象がたびたび起こります】
福島でボランティア活動3年目の報告
(写真あり)
2014-06-26 21:42:52 | 福島原発事故後の健康被害
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/643d0b4c392d886fdb0ce42c356e282b

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【安倍自民の擬似戒厳令布告(癌登録法は懲役2年の罰則付き)】
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/1af6ba14e12b4efcd161c173e26b2807
厚生労働省がん登録の法制化、秘密漏洩は2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=148306&name=2r985200000352di.pdf

全国の病院にがん患者の情報提供を義務付けるがん登録推進法が12月6日午後の衆院本会議で自民、公明
両党などの賛成多数で可決、成立した(参議院は既に通過している)
この癌登録法ですが、何時も読む新聞には1行ものっていません。
可決して仕舞ったこの法案では『厚生労働省によれば公務員などが患者の個人情報を漏洩した場合は、以下
のような罰則に処する』として『全国がん登録の業務に従事する国・独立行政法人国立がん研究センター・
都道府県の職員等らから当該業務の委託を受けた者等が、当該業務に関して知り得た秘密を漏らしたときは、
2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処することとする』となっています
同じ12月6日に可決した『特定秘密保護法』『国家安全保障会議』(日本版NSC)の二者は『二つで一つの
セット』であると言われているが、間違いなく特定秘密と日本版NSCに『癌登録法』を加えた三つがセット
ですね
がん登録法の『懲役2年』とは、今までの公務員法の守秘義務違反の2倍。これを一般の公務員も民間人も
みさかい無く、担当する医師や関係者全員に例外なく一律に要求するとは絶句。
個人情報保護との理由付けなのに、法案には『個人情報に限る』との条件は何処にもない。
『知り得た情報』とあるだけ。
この癌登録法なら、福島県とか他県の小児甲状腺がんの発症数の合計人数の発表も『知り得た情報』
に当たるので、発症情報全般を丸ごと隠蔽して懲役2年で取り締まることが可能。この法案では自分
の頭で考えて『喋る医者』を丸ごとすべてがアウトにできる。
しかも一番の問題点は日本国のマスメディアが全て沈黙して、一切報じないことでしょう。

アタシの意見。
いや、こんなコトやっても無駄ですよ。自民と官僚の考える隠蔽計画は、まさにオママゴトです。
来年度終わり頃から30年後にかけて宮城~首都圏で起こる大量死は、どんなにフタをしよう
としたって確実に漏れ出る。TVニュースを頑なに信じている層(笑)だって家族が死に、向かい
のおばさんが死に、隣の中学生も…となれば気付かないはずが無い。人の口にフタは出来ない。
経済競争力を選び棄民政策を取った。この近視眼的愚行により
日本は2020年オリンピックまでに経済破綻するでしょう。
死者はまぁ百万人程度、全人口の1%にも満たないんですけどね。

今、これらの警告ニュースを読んでも「きっとアレだろ、ほら、よく聞く"放射脳"ってヤツ」とかどこぞで聞い
て来た言葉で己を誤魔化しながらジャンクフードをバクバク食っているヤツは「死ねばイイ」と思ってます、
アタシも。しかし現在乳児、幼児だった子供たちの中から骨髄性癌などが頻発する10~30年後に、
その子らから「どうして放射能が撒かれた時にもっと騒いでくれなかったの?知ってたのに
黙っていたの?それとも"TVニュースが正しい"と信じ込んでたの?」と涙目で訴えられるのだ
けは金輪際ゴメンですね、アタシは。というワケでコレ以降も、度々騒いでいきます。まぁ、
どうせあと1~2年で誰もが無視出来ないようになる。

 

☆アニメ御かんそ書き停滞中。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月17日(木)20時39分59秒
返信・引用 編集済
  ★済いません、アニメ御かんそ書き、コレまでに前例が無いほどの大停滞中です。
 「これが本当のアンツィオ戦です!」の御かんそは25日にキャプ可能なDVDが手元に届いたら、
 キャプ絵貼りまくり放題
(とはいえ侵害にならない範囲の縮小絵ですけどね(^血^;))
 書き出しますので…


---------------------------------------------------------------------------------------------
☆「ガルパン」関連。
そうそう、↓コレについて書かなくちゃ…
来たる19日(土)、OVA「アンツィオ戦です!」劇場公開・最後の舞台挨拶が
催されます!!場所は埼玉と、あの"伝説の"水戸駅前シネコン!!


●実施劇場:埼玉・MOVIXさいたま
(http://www.smt-cinema.com/site/saitama/)
 実施時間:9:50の回上映終了後/11:40の回上映開始前【Pコード:553-204】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、吉岡麻耶(アンチョビ役)
●実施劇場:茨城・シネプレックス水戸(http://www.cineplex.jp/mito/index.html)
 実施時間:15:00の回上映終了後/15:30の回上映終了後/16:50の回上映開始前【Pコード:553-203】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、吉岡麻耶(アンチョビ役)

↑コレ、今チケぴのサイト確かめたら、埼玉は他の3都市圏と同様に
売り切れです…が、3回行われる水戸・最終16:50の回だけ、まだ残席
が僅少ある
みたいです!!
転売屋買占めの放出分かな!?
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1428239&rlsCd=001&lotRlsCd=
チケぴの申込締切は金曜
(7/18)深夜23:59までとのコト!舞台挨拶買い逃したヒトは急いで!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で!!!↑この水戸での舞台挨拶と同期して、大洗でも盛大な「ガルパン」祭りが開催!!
★7月20日「夏のガルパンまつりin大洗」!!
http://girls-und-panzer.jp/carnival.html


【ガルパンOVA上映会+舞台挨拶】@大洗町文化センター
(既に満席)
10:00~10:40 本編上映
10:40~11:20 舞台挨拶 ※物販無し
(パンフレットも無し)

【第30回 曲がり松100円商店街】
http://ameblo.jp/magarimatu/

10:00~15:00 100円商店街、落書きバス、ガルパンコーナー(物販+PR)
11:00~13:00 アニソンカラオケ大会
13:30~14:10 ガルパン声優トークショー
於:茨城県信用組合(けんしん)駐車場
出演:渕上舞、中上育実、尾崎真実、吉岡麻耶
15:30?水戸ホーリーホック応援ツアーbyらくがきバス
【ラジコン戦車道選手権、模型戦車道選手権展示会、「ガルパン」ゲーム試遊コーナー】
10:30~16:00予定 @まいわい市場
【水戸ホーリーホック×ザスパクサツ群馬】(トークショー付き「ガルパン」提携試合)
http://girls-und-panzer.at.webry.info/201407/article_6.html

15:30 当日券販売開始
16:00 開門時間
17:00 トークショー
18:00 キックオフ
18:50 ハーフタイムトークショー
★当日先着1,500名に、"あの"絵柄のオリジナルクリアファイルをプレゼント、だって!!

 他にも、物販がイロイロみたいですよ!!

以上…。↑コレはスゴいコトですよ。一地方町村の商店街のお祭りが声優呼ん
じゃう
んだから(笑)!!!コレまで積み重ねて来た「ガルパン」と大洗のカンケイだからこそ実現出来
たコトでしょうね。大洗商店街の催す祭りの楽しさはアタシが保障致します!!100円商店街だけでも
楽しい!ゼッタイ一度訪れてみて損はありません!!
しかしトークショー会場は、いつものけんしん横駐車場
だそうだけど、あの狭いトコで大丈夫なのか…(^へ^;)!?既に多くの「ガルパン」ファンが、この19日(土)・
水戸舞台挨拶→20日(日)・大洗祭り、のコースで予定を組んで宿獲得に動き出してます。人気の
宿はもう満室になっちゃってるかも?…でも大丈夫!!満員だったら商店街指定の宿ではなく、
大洗観光協会の方に打診してみて下さい。アタシはソレで、あの10万人集客した去年のあんこう祭り
の前日の電話で宿取れました。

ああ…。行きてえなぁ…。なんか多くの飲食店が、「アンツィオ戦」に合わせて新メニュー開発してるらしいし…。
_____

★ところで、今回の「ガルパン」関連劇場物販商品で、ただ一つ遅れていた
 「応援イラスト本」の詳細が発表されました。

http://girls-und-panzer.at.webry.info/201407/article_8.html
■「これがガルパンの応援本
(ファンアート)です!」

価格:1,000円+税 サイズ:B5(オールカラー) ページ数:全36ページ
【イラストレーター】
うるりひ/おz/椋本夏夜/こるり/七六/ピロ水/ぶーち/ぺけ/魔太郎/南野彼方/むー/
むつみまさと/ヤスイリオスケ/悠木しん/bob/MEL/Rinta
【鈴木貴昭氏インタビュー】
Ⅳ号戦車購入応援企画!『「ガルパン」世界でIV戦車をマイカーとして購入する際の注意事項』他1本

販売は今週末からだそうで。
猛者は↑上の水戸舞台挨拶で手に入れてから大洗入りするんでしょうね(笑)。


---------------------------------------------------------------------------------------------
===============================================================================

☆週間アニメ御かんそについて

やはり、夏期深夜枠アニメを観る気が起きません。ホントに、「どうしちゃったんだろ?」と思うくらい
録画したファイル群に手が伸びません。…多分、この2年くらいは「ガルパン」だけを心の糧に
(あと角川
のアクドいヤリクチに一言言ってやりたくて)書き続けていたのだと思います。そして「「ガルパン」の続き
が観たい!」という欲求がある程度満たされた今…ひょっとしたらもう「深夜枠アニメ」というモノ自体に
個人として思い残すコトが無くなったのかも?知れません?
(また劇場版が近付いて来たら騒ぎ出すかも
知れませんけど(笑)) まぁ、なにか書くかも知れません。特に来週の火曜日以降。
今現在、毎週楽しみに観ている作品は「妖怪ウォッチ」と「烈車戦隊トッキュウジャー」です(笑)
コレは歳を食ったのか、子供帰りしたのか…両方かも知れんな~
(苦笑)(まぁ、ムリすんな>(^血^;))

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/18 16:25、付記。
「ファイルに手を伸ばす気になれない」とは言っても全く観ていなかったワケでもないので、今のトコロ
観た作品やデータを調べた作品などを覚え書き程度に、以下にマトメて置いとかせていただきます。

○「グラスリップ」
P.A.WORKSのオリジナル作品。監督は「true tears」の西村純二監督、副監督は「GO!GO!575」の安斎剛文監督、
シリーズ構成は「TARI TARI」で橋本昌和監督と共著だった佐藤梨香氏を起用、西村監督と共著、キャラデザは
「凪のあすから」サブキャラデザインのヒト…おお、マトモそう。でも済いません、今のジブンのヘタレ度合い
では観る元気が起きず…。

○「白銀の意思 アルジェヴォルン」
ワーナージャパン製作、佐藤竜雄監督シリーズ構成作品。「モーパイ」に次ぐSF、「ラグ輪」に次ぐロボモノ。
監督は…なんといっても「WORKING'!!」(2期です)の大槻敦史監督!XEBEC制作。おお、ホンキのモノが観れる
かも…と思ったんですが、3話までチラ観したトコだと…どうも「ラグ輪」と同じく制作体制(今回は資本も?)
に困窮されているような…アルジェヴォルンはカッコイイですし、判り易い厨二的設定も「企画を通すため
だったんだろう」と憶測出来ます。戦術用途のよくワカラナイ二足歩行兵器も、とても教練を受けたと思えぬ
主人公の独断先行も、「幸せになるセンスを磨こう!」ナドといった佐藤監督らしいセリフで救われまず。狭い
範囲でゴチャゴチャやってるような戦闘も、「戦場の一兵卒に見える範囲なんてこんなモンだ。むしろ"真実を
見届けるため兵士になる"なんて発想の方が押入れの中での妄想だ」…と思っているジブンなどには、不快には
ならないのですが…やはり、「過去のヒット作の真似しときゃウハウハなんだろ?」なんて猿知恵で企画を立て、
ダメだと「なんでヒットしないんだ!監督が無能なせいだ!」と開き直る無能な"老人ども"のせいで、モハヤ深夜
枠アニメのリソース全体が枯渇して末期状態に陥っているかのようにも見えます。毎度毎度毎度同じよーな
曲調・歌詞の主題歌聴くだけでもイライラして来る…。企画者に「思想」が無いんですよなぁ…佐藤竜雄監督は、
「モーパイ」の2期やる方が、ずっと良き道かと…

○「東京喰種トーキョーグール」
ああ、今の所コレくらいでしょうか、「思わず元気になれるほど」意欲的なコトやられてて観る気になる作品
は。1話の主人公、あのまま肉食系女子に殺されちゃっても良かったんじゃないだろうか(笑)、ヒチコックの
「PSYCHO」ばりに。アタシがホラー映画永遠の金字塔!と信じて疑わない「Night of The Living Dead」とかも思い
出されました(後に世界的大ヒットしたカラー版の「ゾンビ」の方ではなく、モノクロ版の第1作目の方です)。
あの映画は低予算なコトもあって発表当時全然ウケなかったそうですが、それは「極限状況の中でも理性を
失わず戦った不屈のマッチョが最後に美女をせしめて生き残る」という米映画絶対の不文律に敢えて真っ向
から挑戦したからこそ面白く、またウケなかった(笑)ワケで…頼り甲斐のあるヒーロー、このヒトに付いてゆ
けば大丈夫!と思われた黒人マッチョのするコトが不気味にズレてゆき、「助かるかと思ったらやっぱりダメ
だ」という絶望の方が色濃くなってゆく展開がそりゃもう不気味なコトこの上なく。本当に恐ろしい映画とは、
あーゆーのを言うんでしょう。日本アニメも、そろそろその辺りに挑戦しちゃっても良いのでは。な~んて思い
つつ、2話も観てみました。おお、スゲエ頑張られてはる。この時点で本作は(だけは)毎回録画視聴決定ざます。

先輩のグールが真っ二つにされるシーンとかはサスガに画面ネガポジ反転されてましたが、BD版ではゼヒ正規
の色調で収録しておくんなまし。まだ3話を観てないので、どうなるか楽しみ。本作なら観れます♪(^四^)。

○「ソードアート・オンラインⅡ」
観る気になれません。ハッキリ言って、同じ原作者作品でしたら「アクセル・ワールド」の方が遥かに正統派SF
やってました。まぁ、「AW」の方は請負先サンライズのお仕事ぶりが安定しませんでしたけど…(外注が多くて)。
なぜ、「AW」の方が"正統派SF"なんでしょう?アバター姿がメカニカルだから、なんてんじゃないです。
「電脳コイル」など、このテアイのサイバーモノの開祖にして傑作を観てもらえばお判りいただけるモノかと。

○「RAIL WARS!」
創芸社クリア文庫(聞いたコト無い)原作。末田宜史監督(初監督作品)、シリーズ構成:鈴木雅詞氏。制作スタジオ
はパッショーネ(コレも聞いたコトない…)。なんか、放映前からTwitter辺りでゴタゴタがあったとか聞き及び
ますが…。ふぅん、アイデアは悪くない…「ガルパン」の「戦車道」を、"国鉄"公安官に置き換えたような架空世界
モノ。楽しい空想世界の中での冒険。1話は悪くなく、腹の立つトコはどこにも無かったです。カット繋がりの
おかしい?ヶ所も見受けられましたが、ノリが入ったシーンの加速感がソレを補い、けっこ楽しく観れました。
でも独立スタジオで、どこまで品質を維持出来るのかは未知数で…。作品正否の判断は皆様にお任せ致します。

○「普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。」
一迅社四コマ原作。名和宗則監督、シリーズ構成:綾奈ゆにこ氏。あまりパッとした話を聞かない?feel作品。
ああ…結構ですノーサンキューです…と思ったら、コレが意外と丁寧。キャラはみんな同じハンコ絵(笑)でも、
アヴァンのTV画面切り替えで「みんな同じ顔じゃん(笑)!」と(原作からこうですから仕方無いです(^へ^;)と)
見せておくなど、意外と周到?「ゆるゆり」をマジメにしたような軽いノリ。「フツー過ぎて観れない」というヒト
も多いでしょうが、前々期では「そにアニ」とか観ていたジブンは微笑ましく観れます。タイトル通り「普通」
売りの主人公ですから、その「普通」ッぷりで正常に観客をツカメるというのは実は狙いがブレてない証拠。
おねだりしたり容易にハメラレたり、そんな愛嬌をもつ"フツーのコ"を愛でる可愛らしい作品。「ガルパン」の
うさぎチーム・澤梓車長が好きなヒトは彼女を2,3歳若くしたフツーっぷり(笑)なので観てみても良いかも。

○「人生相談テレビアニメーション 人生」
ガガガ文庫原作、川口敬一郎監督、島崎奈々子助監督、シリーズ構成:荒川稔久氏。「ろこどる」と同じfeel作品。
またイーカゲンな方の川口監督作品のノリで単なる下品なハーレム部活モノになるのでは?…と思いきや
けっこ「みなみけ」系っぽいアジの入った軽コントの連続で来られました。1話だけで幾度もフかされちまった。
この原作、けっこギャグセンスイイのかも?アタシは観ませんけど、「GJ部」「帰宅部」系の部活ギャグアニメが
好きな方は燃料補給に観るとよろしいですかも。

○「少年ハリウッド」
録画し損ないました。

○「さばげぶっ!」・1話
安定の太田監督×あおしま脚本作品。つまらなくはならないでしょう絶対。応援してます。

○「六畳間の侵略者!?」
'90年代の出来損ないOVA、その中でも飛び切りヘタレな出来のヤツかと思った。「天地無用!」のスケールを
1万分の一にして焼き直したパクリのような。こんな…中学生の包茎チンポをママがよちよちと優しく手に
取りオナニー教えてやるような商品、もうやめにしません?…こーゆー企画の"元祖"となった気配のある?
「天地無用!」には木製宇宙船など"木"を使った異星のテクノロジーとか、毎度お馴染みクラークの「進み過ぎ
た科学は魔法と見分けが付かない」の法則を地で行くような幻想的戦闘など、"夢"を鮮やかに演出する素晴ら
しいアイデアがいっぱい詰まってたんですがなぁ(OVA1期に限ります)。あの頃のAIC作品は…「大運動会」とか
も大ヨタジョーダンに見せかけて「惑星の重力崩壊限界を凌駕して首飾り状に繋げた星系全体を宇宙船にし
ちゃう」などの奔放なSFアイデアが見られたモンです。それがどうでしょ、最近は頭の足りない中坊が授業中に
ノートに書いたような内容が、すぐ商品企画に乗る。企画者が「アニメをナメてる」動かぬ証拠です。
こんな商品観てるアンタ、恥ずかしくありません?


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆以下、ココに付記。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2014年 7月12日(土)21時00分54秒
返信・引用
  たまこラブストーリーhttps://www.youtube.com/watch?v=-wtOmHQHhVk
見ていないのですか?
 

「ガルパン」OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」御かんそ。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月 9日(水)19時10分36秒
返信・引用 編集済
  昨日、今日と2日連続で劇場に行ってました。もうBDあるんだけど。
買った前売り2枚が見つからないので、財布から出費してだけど。それでも行く。関東圏に
台風が来る前に…ってのもあるけど、コレ絶対大画面・大音響で観な
きゃダメですわ!!
1度観て満足してるヒトは、この大イベントをなんだと思って
るんでしょ!!?後で後悔しても知らないよ!!…想像力を働かせてみて下さい、目の前に
本物実物大の戦車が迫り大音響の砲撃音が轟くのと、家庭
のモニタで楽しむの、同じコトだと思いますか!!?…いや、どっちも内容は同じだから楽しい
んですけどさ。実物大の戦車の大疾走砲撃戦と比べりゃ、御家庭TVは1/35、パソコンモニタは
1/72の模型戦車がポンポン撃ち合ってるようなモンですよ!!アタシ、今回初めて「劇場で観る」
という行為は特別のモノであると確信しました。コレまでは「小さい画面でも没入して観れ
ば同じだ」とか思ってたんですが、違う。視界一杯の大画面で繰り広げられる戦車の
チェイス、目の前に迫る転輪アップなど仰け反りそうになる迫力、ソコに加えられるセンシャラウンド
の地響き!キャラの芝居の伝わり方も家庭のモニタとはダンチで。今回のOVAは内容ギュウ詰め
なので、TVで観てたら最後のカエサル×カルパッチョの芝居なんて「ふぅん」で終わって
しまうでしょう。が、見上げるような劇場大画面でカエサルがマントを翻し、「じゃあ私は
カルパッチョで」と応えるからこそ、この二人の「幼年時代との訣別」が劇的に映え
る!!
キャラの表情の変化や細かい芝居までクッキリと伝わるからです。コレに比べりゃ家庭
視聴はサングラスかけて耳栓して観るようなモンです。ホントにそれほど違います。
家に帰ってからBDを観て、そうと気付きました。以前、富士急ハイランドが「ガンダム」のアトラクション
やりましたけど、まさにあのような「ガルパン」アトラクションが貴方の街の映画館で催されてるの
と同じです!後になって「ああ、あの時もっと心ゆくまで味わっとくんだった」と思っても
後悔先に立たずだよ~~!!!
ただし、やはりこーゆースペクタクルはそのシネコン最大のスクリーンで観るに限りますね!!出来れば
400人クラスの大スクリーンで観て下さい。客の入りが落ち着けばシネコンはドンドン小規模スクリーンに
切り替えていきますから、本作の"真価"を味わうのは、まさに今!
今しかないですよ!!!

…というワケで、新宿バルト9通いの毎日です。最大級スクリーン9での上映は朝の2回、昼は13:00
の回しかなく、夜は21:00になっちゃうんだよなぁ。まぁ、何度観てもタンノー出来ます(^ω^)。

…というワケで、そろそろ本作「アンツィオ戦」のネタバレ無制限御かんそも入れ始めますよ!!

う~んしかし、画像が貼りたい…(TДT)。BDは手に入ったものの、仁義としてプロテクト解除はやりたくないし…
実は25日発売の正規版はBDでなくDVDで発注してあるんですがね、キャプするためだけ
に(笑)。
本当はソレまで「アンツィオ戦」の詳しい御かんそ書くのは待とうか、とまで思ってたんですが…
だめだ、シンボーできない(笑)(^血^;)。というワケでこの第1弾御かんそは、画像ほとんどナシでいきます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/11 23:50、付記。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現行夏期アニメは録り溜めてるんですが、観る気が起きません。"予想屋"失格です。
いや、もしかしたら"廃業"かも…?
"理由"はあります。今月中旬を過ぎれば、ジブンの気持ちを書くかも知れません。
_____________________________________


★で、意外と滞ってる「これが本当のアンツィオ戦です!」御かんそですが…
 「やっぱ、本作を評するのにはキャプしたいぃぃィ!!」ってのもある
 んですが…BDを観ても、あの劇場での高揚感と同質のものが得られ
 ないんです。ソレで困って、今週は、隔日ペースで劇場に通い詰めてました。

フィルムしおりも色々貯まった(笑)…けど、コレはジブンにとっては"記念品"以上の意味は無いんで別の
コトとして…本作の劇場公開は、↑上に書いたようにアトラクションです。"実物大"の戦車、腹底
に響く重低音
…ソレはとても「OVAを劇場にかけるファンイベント」のレベルではありません。ホントです。
「たった40分かよー」とか言って劇場まで足を運ぶ煩わしさを隠す言い分にしてるヒトは実際に観て
驚け(笑)
。しかし…どうやら、そんな「アトラクションとしての豪快さ、楽しさ」だけでも無いんです
「アンツィオ戦」御かんそ書きの難しさは…。問題は、「劇場鑑賞とTV画面で観る場合の情報量の違い」だというコト
が判って来ました。TVは「観飛ばすもの」です。劇場は座席に縛り付けられ、視界いっぱいに広がる世界に
集中させられるため、脳が受け取る情報量は桁違いになる…。そして、カトキコンテは画面の隅っこで色んな
コトをしています(笑)。
例えば練習模擬戦の最中、はっきゅんに銃撃された桃ちゃんの38(t)は「追えー!」「いいの?
そっちで」「構わん!」なんてカンジで戦列から離脱しちゃう(笑)んですが、この時画面右上で、その後ろに付いてた
M3リーが「え?え!?」なんて風に動揺してます
(笑)(戦車の挙動だけでソレを表すグラフィニカもスゴいですが…(^へ^;))。
その直後、山地の隘路を駆け登るⅣ号・Ⅲ突に「これ以上追い付けないー」と迷走し、最後には見知った学園艦の上で
迷子にすらなっちゃう(笑)。この辺りの芝居からも、うさぎチームの「現在の状況」が汲み取れます。本作を良く見知
った観客は、ここのシーンのM3に集中して観るだけで「4話で隊長に試合中逃亡の非を詫び、"今度は逃げないから!"
と誓った」→「6話でシャーマン6両に包囲追撃されるという修羅場を体験、桂利奈ちゃん"あい~!"ターボ発動」→
「やっと隊長車と合流して"助かった!"と思ったら、今度は敵車輌間すり抜けという突撃戦法を要求される」→「それ
でも頑張った、フラッグ車を守る盾となって勝てた!」→「現在、安心して気が抜けてる状態(笑)」という、まだ幼い彼
女らの「ここまでの足跡」に思い及ばされ、さらにこの後の「今回の二回戦で、敵駆逐戦車という中堅の対応を任され
2輌とも仕留めた!」→「チョーシに乗った(笑)」→「おかげでプラウダ戦でヒドい目に遭う(笑)」…という「これから」
にも想像が拡がる…という造りになってます。M3リーの描写一つ取っても。その間、みほ隊長は遠距離射撃のままな
らぬⅢ突・左衛門佐に愛の一撃(笑)を食らわし(予断ですが、このシーンで急停車したⅢ突の車載砲が射撃直前に僅か
に微調整してるのもスゴいよなー)、その周囲で38(t)とはっきゅんがドタバタ鬼ごっこ…という多重描写になってる
ので、コレ劇場の大画面でつぶさに観なければとてもその描いてあるデティールの個々まで追えません。
「ガルパン」は「群像劇」です。
この辺が、小さな家庭用TV画面では伝わり難い。観察する貴方に、よっぽどの集中力
があれば別ですが…そんな「小さな画面の隅々にまで注意を払える能力」を持った観客は、20歳前後ではまずいません。
ウカウカと小さなTV画面で観てると、まるで「他人事」のように全てが流れて行ってしまう…配信(もしくは割れ)
の画面で観て「フフン、まぁファン向けの1エピソードの域を出てないね」ナドと訳知り顔で語る者は、間違いなくそのクチ
で「観るべきトコロを観ていない」テアイでしょう。そんな「観客以前」の層
は別にして、劇場の大画面は一般の観客にも
「押し寄せる情報量の津波」を覆い被せます。もし本作を"ちゃんと"観た"正しい観客"なら、その圧倒的情報量に、
一口に感想を述べようとしても「いや、まだコレでは作品の全てを言い表し切ってない!」という"手応え"を感じて
言いよどむような状態になるはずです。いいえ、なります(笑)。ココではM3リー・うさぎチームを例に取りましたが、
コレが「今回の主役」であるカバさんチーム・Ⅲ突やアヒルさんチーム・はっきゅんともなると…本物の劇場版クラス
のドラマが、短い尺と超スピード展開の中に詰め込まれてます。
貴方は、その「全て」を追う事が出来たでしょう
か?…この辺も「帝国陸軍八九式戦車はその小口径砲を機械式ではなく基部を肩に担いで照準を行う方式。更に弾速も
遅いので熟練した者には飛んでゆく砲弾の姿が追えるほどだった。従って鋭敏な射撃センスを持つ者は相当の命中率
を稼げた」…ナドというその車体にまつわる逸話などを知っている者と知らないでいる者との間には、かなり受ける
感動の度合いに差が出てきてしまうのは、毎度いつもの「ガルパン」ですね(笑)。まぁ、この辺のミリ知識に
関しては、ネットか…BD付録小冊子や"おっコメ"に頼るしかないですかねー。関連書籍でこの辺の情報を追えてる
物は全くといっていいほど無い。かくゆうアタシもミリ関係はてんで不得手だったので、本放送時は随分とネット
情報に助けられました。「3話でⅢ突の至近命中弾にⅣ号撃破判定が出なかったのは何故か」「4話ではっきゅんの
砲撃に派手に爆発したマチルダが傷一つ負わなかったのは何故か」など、あの当時ミリマニア氏の解説を聞くだけで
目から鱗がボロボロ落ちたモンです。思えば、本放送時のネットの盛り上がりを同時体験したモノの特権でした。ああ、
懐かしい…。ソレと同じ「「ガルパン」という作品の"深み"に触れる機会」が、今
まさに再び訪れています!!ゼヒつぶさに隅々まで観て、ネット情報に目を
光らせて、その「真価」を堪能して下さい!!

一方で、コレは全く次元の違った、"ショウビズ"としての「客アシライ」のハナシ…。「劇場で、居並ぶ観客に示して
みせる作品としてのニュアンス」も重要です。
元来、TV作品は基本的に「どこの誰とも判らぬ相手全般に広く"放送"
するモノ」。劇場公開した作品(本作は、あくまで「OVAの劇場上映イベント」ですが…)は「観客の目の前で繰り広げる
ショウ」であり、この二者はニュアンスが僅かに違うんです。そして「シャレ」「粋なジョーダン」としての体裁が濃い
本作、"ショウ"としての見せ方も堂に入ったモノです。
そこらの厨二作品のように「ある日突然ボクの部屋に
ドラえもん異界からのお姫様が半裸で!」とか「魔界帝国興亡史に於いて禁呪の発掘が列強覇権闘争の」とか、呼び
込みだけアザトかったりスゴかったりで中身スカスカの見世物小屋(笑)みたいなマネはしません。あくまで軽妙
洒脱な"ショウ"として進行します。ソレが「ガルパン」です。
今回も、開演と同時におバカがゾロゾロ登場(笑)。
落語の与太郎節さながらに悪口に対して「照れるなァ」と喜んでみせたり、説明されて「カチコミじゃあ!」と怒って
みせたり、イッパツでその集団をキャラ立てします!

人のイイ、憎めない、田舎の珍走団みたいなヌケた連中。(「あーびっくりした」「そうだった!」などのガヤのセリ
フが一々イイ味出してます(^o^))こんなおバカたちに戦車扱わせたらナニしでかすか判らんぞ、という期待
(^血^)と共に、そんな連中を統率しようとするヘッドの苦労も「心配するな。いやちょっとしろ!」だの「3度の
おやつを2度に詰め」だのナゴヤカなヌケッぷりを描いたあげく地団太踏ませるなど、バカを相手にした同レ
ベルのおバカの漫才になってて、イッパツでこの連中が好きになります(*^血^*)!後になって、さらに「大洗
の連中もココとさして変わりない…バレー部は同レベル(笑)だし、澤ちゃんは部下の取りまとめに苦労してる
(笑)し、アンチョビはみほの志す"楽しい戦車道"をごく自然に体現している」と示されたりもして、なおさら
観客は惚れ込むコトになるんですが…ともあれ、さあ、コレからこの連中がユカイに大いに暴れ回りますよ!
という期待感と共にオープニング突入。↑上の例えで出した「大仰な舞台設定や下世話なツカミが先に来る」
類いの出し物をアタシは「"紙"(コンテ用紙、動画用紙など)に向かってする仕事」と読んでおりますが、本作は
このアヴァンを観ても明らかな通り「画面の前の"客"に向かってする仕事」です。"ショウ"として観客
に何を見せ、何を語り、笑わせ、泣かせるのか。そのピントがハッキリ明確な"プロの"仕事。この辺が、本作
をして厨二深夜枠客層だけでなく、多くの一般層を巻き込む良作に仕立て上げた所以でしょう。

他にも、今回は満を持して本作参加のカトキ監督のコンテが実にイイ味出してまんなー(*^o^*)!「ガルパンの
秘密」によると「自分がとうに諦めていた"生々しい戦車アニメ"を手弁当で頑張って作っている人たちがいる。
申し訳なく"自分にも何か出来ないか"という気になった」という参加経緯。↑上記の本では謙遜されて「正規スタ
ッフは劇場版の方に掛かりきり。OVAには"外人部隊"が必要だということでの参加になった」などと言われてます
が、いえいえ、とんでもない!コレぞ「ガルパン」!という本編シリーズに組み入れても違和感無く、さらに
本作を盛り上げる待望の、「ココでコレが欲しい!」という夢に描いた逆転カウンターそのもののパンチに
なってました!!
パンフでも触れられてましたが、カエサルのただの装填練習をU字溝で砲尾装填口を、ビール
ケースで砲弾ラックを作るなど見応えある「面白い絵」にするアイデア、御自分が一番描きたいだろう戦車の
迫力も無制限だけど、ソレに女子高生がピーキャーわめきながら(笑)乗ってるガルパンらしい愉快さも
たっぷり、加えてみほという存在の底知れなさも描いてる!!
レイアウトも、脇や周囲に関係ない第三者
がチョロチョロ顔を出すのが楽しい!会長を中心にアンツィオ潜入ビデオをみんなが見てる際、画面左の優花里
の横顔↓の可愛さ!

Ⅲ突に特訓やってる時も関係なく走り回る八九式と38(t)の面白さ!試合開始前、ちょびとみほが握手する時
もカメラ前に関係ないカルパッチョがキョロキョロしてたり・・・・賑やかで楽しい!そして省略が上手い!
チェイスに入ったCVと八九式、反撃に移ったCVが脇の土手に消え、次のカットでは八九式の後ろの土手から
出てくる…間を飛ばすことによってスピード感を出してる!さらに走行中に身を翻す信地旋回逆走銃撃!
曲芸見てるみたい!
その間にも「いてててててて」なんてギャグ入れたり・・・

ガルパンは楽しいなぁ!!見ていて本当に楽しいなぁ!!!(*^四^*)
また、要所要所で大洗とアンツィオ主力同士の思いがけない高速すれ違い!とか、八九式とM3正面衝突寸前!
とか、印象深い絵を織り込みつつ、見せ場のはっきゅん無双、Ⅲ突vsセモヴェンテの一騎打ちへと持ってゆく…

このコンテ、見たいなぁ(チラッ)。カトキ監督だから絵も緻密で上手でしょうなぁ~~(チラッチラッ)

-----------------------------------------
まぁ、本当の細かい微に入り細を穿った御かんそは、ひょっとしたら25日の正規円盤発売日にDVDを手に入れ、
キャプが出来るようになってからになるかも知れません。「ガルパン」はコレで、再び劇場版までの長い長い
待機期間(ひょっとしてコレまで出一番長い?)に入るのですから焦らずに、今、このひと時を大切にジックリ
味わいましょう。くそ~。BDのキャプ、「ハードウェアアクセラレータを切ってBndicamで撮影」ってのも試してみたんだけど、
グラボの処理能力に依存してるウチのCPUパワーじゃどーにもならんわ……

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/12 16:30、付記。
「アンツィオ戦」、新宿では平日の昼の回は正直言って百人足らず、朝なんか30人位の入りの時もあったんですが
週末を迎え、再び各回満員に近い状態に戻りつつあります(^o^)。
ただ、朝と深夜の回しか興行の無いスクリーン9の入りが悪い!このシネコン
最大級のスクリーン9で観る「アンツィオ戦」の迫力はハンパねぇッス!!ゼヒ
早起きかレイトショー後は飲み明かすつもりで大画面でタンノーして下さい!
ジブンもまだまだ行くぜ~!!
ああ、しかし前売り券がドコ行ったのか出て来ない…


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/13 8:30AM、付記。

今朝見たら、バルト9は最大級スクリーン9での上映を今日は朝一番のみに
絞り、逆に深夜は148席のスクリーン3にしてきやがりました
(笑)。コロコロ変わ
るわ(^o^;)!ダイナミックに味わいたい方は事前に調べてから行きましょう。
http://wald9.com/schedule/index.php
スクリーン9
(429席)の次に大きいのはスクリーン6(405席)です。別にスクリーン8(251席)
辺りでも迫力が削がれるってコトはないでしょうけど、この機会ですから!
「アンツィオ戦」は大画面で観れる内に観ときなさいよ~!
初回限定版1巻あんこうプレス発売の際に「絶対今買っとか
ないと後悔するよ~!」とワメイてたアタシが言うんだから
間違い無いよ~!!


☆さて、タグ容量使いまくったし、この投稿もそろそろココまでですかね…

=================================================================================================
 

やって来た"「ガルパン」の春"!!!!!

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月 6日(日)11時26分3秒
返信・引用 編集済
  いや~疲れた、疲れた(^o^;)。昨日は朝始発山手線で新宿に出て寒風風雨の中を耐え、BD
ゲット後、ネカフェで休んで13:00の回で「アンツィオ」鑑賞、すぐに日本橋舞台挨拶回に向かい
その後一緒に行った友人と飲み話…とやってたので帰ったらすぐ倒れこんで寝ちまった~。
でも無事、お目当ての劇場限定BDは入手!他の人はどうだか知らんけど少なくともジブン
はこのソフト、25日の公式発売日まで20日間も待たされるなんて言われたら発狂する!!!


いや~、こういう時ネットのマニア情報は頼りになります。事前に「ガンダムUCなどの時はTOHO系よりバル
トがブツを独占した」なんて情報を読んでたんで…。じゃあ大変だろうけどバルトに並ぶか…と座席予約
サイトKINEZOを見ていたら、何故か8:15~の初回上映より、その後舞台挨拶イベントを挿んだ午後イチ13:00
の回から売れてゆく。何故だろ…?としばし考え、「あッそーか!みんな物販に並ぶと初回上映には間に
合わないと踏んで、初回は捨ててるのか!」
と気付いて13:00~の回を選んだ次第。ああ、ネット情報ッて役
に立つなぁこんな時(^o^;)!コレにて今回の"高度な情報戦"終了~。いや、バルトは恐ろしく大量に
仕入れてたみたいで、この後何時の回で観ても結局買えた買えたらしいんスけどね(苦笑)。その代わり京都
あたりは40本程度しか仕入れなかった、なんて情報も耳に入ったり…この格差どうにかならんのか?…と
思うんですが、コレ劇場買い取り制なんですかね?ソレならオタ商売慣れしてない地方都市劇場が入荷絞って
今や「アニメ映画観るならココ!」という地位を獲得しつつあるバルトが大量仕入れするのも判るんですが…
まぁ、そんなこんなあって戦々キョーキョーとしてましたんで(笑)、コッチも強行軍で雨の中攻めたワケ
なんでした。行列を作れば「ガルパン」の宣伝にもなるし。それにしてもあの風はキツかった~(^o^;)。
で、当日の新宿バルトの様子をレポート!!↓以下は舞台挨拶回が終わって13:00~の回の客が
入り始めた頃の様子。ゴチャゴチャですな~(^o^;)!!
でも、このバルト9は良く対応していた方なん
ですよ。夕方に行った日本橋TOHOなんか劇場の誘導・動線が確保されてなく、退場組と入場組、そして一般客
が鮨詰めになって身動き取れんかった。こんなトコからも劇場の設計思想の優劣が知れるというモノで。

写真を見ると、↑多くが9階ロビースナックコーナーで発売中の「ガルパンセット」(ポップコーンとコーラ、
応援鉢巻き付き)を買いに並んでたみたいだけど、その様子を見下ろす10階テラスカフェでもガルパンメニュー
売ってたんスよ~。"絶対カツマッシュ"てのを買ってみた(写真右下↑)。アイスクリームカップに見えるけど、
実はカツの上にカレーソースかけて、上にマッシュポテトを乗せたスナック。眼下の賑わいを見下ろしながら
食べる気分はサイコー(^o^)!「ガルパン」観るなら事前にカツ系食わなくちゃね!味は…まぁ、コンビニ
スナックってトコ(笑)?
以下は、それぞれ新宿バルト9、日本橋TOHOシネマズで貰えたフィルムしおり。よっしゃー、両方とも
アタリだ!!アンチョビの姿も、この「アンツィオ戦」を観た後だとナントモ愛らしくいとおしくなるし、もう一方は
×××参入を××されたそど子らの"運命の時"!!ドチラも飾るに相応しい!!
ジブン、コレまで「デジタル上映
なのに、わざわざフィルムプリントするのって、何の価値があるんだろ?」と思ってたんですが、今回ので判りま
したわ。「アタリ・ハズレの運試しくじ」みたいな雰囲気なんスねー。

で、二つの劇場を初日体験したコトでもあるので劇場比べ。バルト9最大のハコ、スクリーン9はデカい
んだけど映写される「ガルパン」自体がビスタサイズですので…席が端の方だと映写面の曲面で絵の縦横
比が少しオカシい。ココで観るなら中央部の席に限ります!転じて日本橋TOHO最大のスクリーン7は
…とにかく画面デケえ!!挨拶の渕上さんらが画面前に立つと、モロ3階建てビルの前に整列した記念
写真ッてカンジ。このスクリーンで3D版「ゴジラ」観てえなぁ。でも音響の方は、音質はピカ一なれどハコ
が大き過ぎるせいか、センシャラウンドの響きは幾分マイルド?なカンジでした。「上品な設定」の劇場なんでしょ
うかね。センシャラウンド効果を比べると文句無くバルト!!砲撃音、戦車疾走の轟音聞くならコッチでしょ!
ズズン!ズズズン!と腹の底に響くぞ!で、結論。日本橋の大画面
(TCX)スクリーンは2箱だけなので、いつ
小さいスクリーンの方に移されちゃうか判らない。まだ上映やってるようなら観といて損は無い!ソレ以後
は、基本「ガルパン」ファンが見に行くならバルトでセンシャラウンド堪能!…ってトコでしょうかね!
で、肝心の映画の内容の方ですが…まだ詳しくは語りませんが「とにかく
観とけ!「コレが「ガルパン」だ!」とナットクする、毎度通り期待を上回る仕上が
りだから!」と確約出来ます!特に大画面でやってるうちに!例え40分でも
この大画面・大音響で1200円は絶対に得!!損はしません!!

繰り返しになりますが、どうしても劇場まで行けない方
(特に東北以北、広島以西のヒト)は配信もおススメです
("面白さ"自体は変わりません)、行けるヒトならコレ最初に劇場で観ないとゼッタイ
勿体無い!
お話は"ネタ"成分が多めなので、ソコに大画面大音響という劇場成分が加わった
状態で観るのが100%この"「ガルパン」の春"を享受する秘訣です!配信で先に"ネタ"成分を味わっ
ちゃうと、後から劇場で観ても、せっかくの高揚感が損なわれかねない!"五体満足"のカタチで
観るチャンスを失うのはホント勿体無いですよ!!出来るならゼヒ劇場で観て下さい!!
オレもコレから2度目、3度目観に行くぜー!!!
正直、「BDが手に入ったら、
その後出不精のジブンが劇場に足を運ぶ気になるかな…?前売り券はまだ2枚あるけど」とか思っ
てたんですが、全然そんなコト無かったわ!!あの大画面とセンシャラウンドは
何モノにも代え難い!!今日の上映、まだ空きがあるかどうかKINEZOで調べ
てみよっと!!!


7/6 18:20、付記。
☆少しずつ、本編内容の御かんそも入れてゆきます。まだ劇場限定BDは開封してません。

鈴木貴昭氏の脚本、良かったじゃないッスか~~!!この「試される」重要な局面に於いて、
文句無しッスよ!構成は一本道だ、と感じたヒトはいるかも知れませんけど…そんな
意地悪な観方じゃなく「やり遂げたこと」を列挙すべき!!ミョーに凝ったコトやって失敗する
危険性を未然に潰した「戦局を見据える大観」があるお仕事ッスよ!!「ガルパン」ファンのツボ
も押さえまくった上、何よりも重要なのは…今回始めて鑑賞する一見さんに対し「コレが
「ガルパン」です!!」と紹介する、作品の魅力を揃えた「お試し幕の内弁当」みたいなワンパッケージ
になってた手堅さ!!個性的で愉快な仲間、ソレに輪を掛けてキャラが立った
(笑)愛すべき敵
役、独特の世界観
(笑)、アイデアたっぷりで圧倒される怒涛の戦車戦、しかしどっかヌケてる
微笑ましさ(^o^)、そして「戦争じゃないんだ、"スポーツ"なんだ」というポジティブ設定を「黙し
て語ってみせる」本作独特の語り口調
(コレ、「口で説明」しちゃったら台無しです、コレ)、その中
での胸に迫る友情、感動!!ンで最後にはギャグで落とす「シャレ優先」の作品スタイル!!!
どこをどう取っても「ガルパン」でしたよ!!
この「黙して語らず」「余計
な説明を省く」スタイルだからこそ、一見さんも「面白そうなのは分かった。しかし砲弾の中で平気
で顔を出してるこの競技、どんなシカケなんだ…?」とか疑問と興味を持ち本編12本を観てみる気
にもなってくれたコトでしょう!!そして…カトキハジメ監督、貴方に演出して
もらえて良かったー!
「SHORT PIACE」の「武器よさらば」でも圧倒された巧みな
戦闘描写力、少女たちの愛らしさおバカさ微笑ましさを的確に描写しつつも地続きで熱闘に
持ってゆく誘導力、緩急あり山ありオチあり
(笑)「13本目の「ガルパン」」という
シリーズの中継ぎの役目をこなしつつ笑いと興奮と感動とついでに萌えも40分間の
重箱の中にキッチリと
(物足りなさを感じさせるコト無く)詰め込んだサイコーの一品になってました!!
狙ってもそうそう、こんな仕事出来るモンじゃ無いッスよ!
良かった━(*^血^*)!「ガルパン」ファン随喜のナミダ!!

さらに、今回も「本作ならでは」のゼツミョーな味付けがそこここに成されてます!!新出演キャラと"アンツィオ"
という集団の面白おかしさ、スゲー気に入っちまった(*^血^*)!!
ノリは良いモノのちゃんと部下のコト、
明日のコトを考えてるアンチョビの愛らしさ!でも部下の奔放さに手を焼いてる苦労人(笑)ッぷり!!「アホ
な連中だけど、その自由闊達さが我が校だよなー」と、大洗と同じく母校を愛してる気持ちがビンビン伝わって
来ましたよ!ついでに計略を張り巡らせたつもりで穴だらけ、の愛すべき今イチぶりもガンガン伝わって来
ましたよ!!そしてアタシが一番気に入っちゃったのはペパロニ(^四^)!!アホやー!三下やー(笑)!おチョーシ
モノでも姐さん一本槍のその忠誠心と愛情!何とも可愛くて泣かせるぜ、コイツ!…そして「泣かせる」と
いったらナニを差し置いてもカルパッチョ!お上品な美少女キャラ、しかし決然とした腰の強さ…といったら
華さん柚子ちゃん辺りにカブッちゃいそうなモンなのに、そのどちらともキッチリとキャラを分けてみせる
設計の上手さ!そして誰と絡ませるかと思ったらカエサルかー!という、抜かり無き本編の補完ぶり!
…考えてみれば今回初めて「ガルパン」で「友と袂を分かつ」ニュアンスの芝居が成されたんすよね。ソレでも
本作は限りなく明るく、前向きに、そして清清しく「幼い頃の関係との決別」「これからは別のカタチの付き合い
になる」という彼女らの"立ち止まるコトの無い成長"を爽やかに描いて下さいました!!ああ…「ガル
パン」ってイイ…ホントにイイッ…!!゚(゚^o^゚)゚。まさか戦車で剣道やるとは思わなかったよ…!
さらに、「「ガルパン」ファンならこんなトコが観たいだろう」とツボを心得た作品への愛情ッ!まさか…
まさかのはっきゅんが…はっきゅんが撃墜王ッ…!!
「このままでは、この戦車が可哀想だ。コイツには
コイツの活躍の場を用意してやれるはずだ」と鋼鉄の塊りをも愛するスタッフ諸氏の「ホンキの思いと熱意」
が伝わって来る、そんなトコもまた本作らしさ!!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/8 23:00、付記。
★ココの所、「ガルパン」関係ばっかり観て、読んだりしてます。まぁ、逃避でしょうかね。
 夏期新番組観たくない…今ン所、新番組で観たのは「スペースダンディ」2期と「さばげぶっ!」くらいでしょうか…
 次の投稿から、本格的に「これが本当のアンツィオ戦です!」細かい御かんそを入れ始めます。
 その前に、↓「ガルパン」ニュース!!

「アンツィオ戦」、14館での上映で週末の観客動員数全国11位!!
http://cinema.pia.co.jp/ranking/visitor
コレは誇ってイイんじゃないでしょうか(^o^)!!
「11位かよ?」と思うアナタは他に
ランキングされてる作品の上映館数を見て下さい。352館、339館という全国公開作品
に、3都市圏のみ14館という小規模公開作品が観客動員数で同じランキングに
入ったのです!上映規模20倍の格差を押しのける大健闘
ですよ!!まずはメデタい!!(^四^)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★そして…来週からサンクスガルパンキャンペーン第3弾もやるんだそうで!!
 う、うわあ。ソレ聞いただけで、もう既に胸焼けが…(^血^;)


今回は関東限定らしいッス。ま、またカツ系ばかりじゃねーか!!うあああああの脂っこい
品々をいかに片付けるか試行錯誤する苦行の日々がまたやって来るのか~~(笑)!!

取り敢えずロースカツ丼はカツだけ焼き入れ直してお茶漬けかな…前の時は雑炊にしたけど…(笑)


 

ゆ~さく

 投稿者:観ました!!!!!!!!!!  投稿日:2014年 7月 5日(土)15時11分30秒
返信・引用
  …な~んていう↓現在の状況をリアルタイムでネカフェから書き込んで、今日という日を
掲示板上実況しようと思ってたんスけどね。半クローズドタイプ・管理人承認書き込み式
の本掲示板で、管理人自身がIDうろ覚えというね(笑)。
(けっこ複雑なIDなんスよ)
コレじゃ「今日ならまだ劇場限定BDあるかもよ~!」なんて情報が全く役に立たない
じゃん!(^血^;) …まぁ、コレはコレで今日の日の記念というコトで取っときましょ。
観ました「アンツィオ戦」!!!…ネタバレは、今日の時点ではまだしない
ので安心して下さい。BDは手に入ったんだから、何も慌てるこたぁない。BDあっ
ても、まだ買った前売り券分は観に行くけどな!!!で…その内容は…!!
面白かった━━ッ!!11,12話先行公開時と
同じく「安心して劇場に行って大丈夫です!!」と太鼓判押せる
内容でした!!!センシャラウンドの大迫力!!笑えてカワイいキャラ
芝居!そして戦闘の見応えもタップリ!そして「ガルパン」
にまたしても″忘れられない名場面″が増えました━!!!

コレが「ガルパン」だ─!!!「ガルパン」は今回も
決して裏我々を切りませんでしたよ!!
いや~!!!完成が延びれば
延びるほど良いモノ作られますわ、やっぱり(^四^)!!
今回の
(劇場公開の)40分OVA作品、という興業方式に対し、少し心配に思ってたのは
「コレ流行ってるらしいから観てみるか」と思って入った一見さんが「短過ぎて食い
足りねー!!オマケに意味判んねーよ!!金返せ!!」と思う事態だったのですが、ゼンゼン
そんなコトありませんでした!!コレ初めて観るお客も「そうか、こーゆー作品だから
流行ってるのか」とナットクしてくれるだろう仕上がりでした!!ソレ以上に、ファンには
ニヤリとするお楽しみがてんこ盛り!!あー!P虎のレストアに時間が掛かったのは
そーゆーワケだったのか!!!燃えあり!笑いあり!健康な萌えもあり!
コレが「ガルパン」だ━━!!!
もォ、劇場から出る道すがらもニッコニッコニッコニッコニッコニコ(*^血^*)!!!
おまけに最後の劇場版予告編も、ちゃんと絵が出来上がってました!!
ああッ!「ガルパン」はやはりまだ"やって
る最中"の作品だったんだー!!!
 

只今、新宿ネカフェより書き込み中!!

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月 5日(土)09時29分2秒
返信・引用
  劇場限定BD買ーーえーーたーーー
寒風の中並んで冷え切っちまったので現在近くのネカフェで暖まり中~。

そう、バルトはどうせ物販に並べば初回に間に合わないと踏んで次の回(舞台挨拶が挟まるので13:00)で席取ったワケ!
それは正解、初回券で並んだ連中は開映に間に合わなくて悔しながらに物販列から離れるサワギで、ソレは正解だったん
だけど…なんだ、そのヒトたちに向けた場内アナウンスによるとバルトでは初日満席分のブツは用意してあるんだって!
まぁ、これは「1劇場300とか400とか用意してなかったらどうしよう」と考えた末での安全策だったので悔いナシ!とにかく
買えた!今日アンツィオ戦の内容見てソフトはあと20日間もおあずけなんて言われたら気ィ狂っちゃう!そう!アタシがココの
トコロ「高度な情報戦」だの「×××が××」だのいってたのは「絶対に劇場限定BDを手に入れる」ためだったのでした!
それよりも、なによりも………
バルトに限った話だけど、今からでも今日中の席取ればBDも買えるぞ━━━!!
そして
(あくまで今のところの話だけど)枚数が用意されてるのは初日満員分の数程度だぞー!
 

☆いよいよ今週、「アンツィオ戦」公開です!!!深夜アニメは春→夏への移行期。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 7月 1日(火)14時01分0秒
返信・引用 編集済
  ---------------------------------------------------------------------------------------------
☆「ガルパン」関連。
さあ、7月になりました!!
「ガルパン」じゃあ~「ガルパン」じゃあ~新作「ガルパン」が観れる~
なんか公式の方も、イロイロ本腰を入れて来ましたよ。↓うわ~(^四^;)
【急遽決定!OVA「アンツィオ戦」公開劇場にてカットフィルム贈呈!】
http://girls-und-panzer.jp/theater.html


このためにプリントしたフィルムしおりを、↑右側の銀色の袋に入れてプレゼント、とのコト。
あの、「まど☆マギ」とかで連日毎回劇場へ通い詰める層が出た、という例のカットフィルムプレゼント
が来ちまいました。オイオイ、劇場版映画じゃないぜ!?40分のOVAの上映イベントだぜ~(笑)(^o^;)。
まぁ、この機会に「おッ、「ガルパン」やってるのか、観てみるか」というヒトが劇場へ足を運んでくれれば
万々歳だし、そんな人たちも、例え40分の作品でも満足させられる!と自信があってのコト、でしょう!
さらに新宿バルト9では、↓ロビーも「アンツィオ戦」仕様に飾り付け中とのコト!祭りじゃあ~!!!

http://p.twipple.jp/0tb0Q
劇場販売グッズも↓いっぱいだぁな。取り敢えずクリアファイルセットと応援イラスト本かな・・・・
【OVA「アンツィオ戦」劇場公開/場内販売グッズ】
http://girls-und-panzer.jp/pro_advanceticket.html


しかし、あくまで言っておきます、コレは「劇場版映画公開」ではなく「OVA先行上映会」ですからね!!!
基本的には「ガルパン」ファンの祭りです。料金も1200円と安価。だから観てから「なんでえ
短けぇじゃなぇか!」とか言うのはナシよ!「知らないで行ったのかよ!」とか言われちゃいますよ~


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

7/2 9:00AM、付記。
大切なものなので、ゲットした舞台挨拶回券を毎日枕元に置いて寝てます。ああ、劇場公開まであと3日。
イイ歳して声優さんの顔がそんなにみたいのかよ!…ですって?…いや、せっかく来てくれるのだからステージ
に立たれたら声援は送りたいけど、舞台挨拶は別に他人に譲っちゃってもイイです。この座席指定入りチケット
は、別の意味で「命綱」なのだ。……どういう意味かは、高度な情報戦時下なので黙秘。ご自分で調べてみて。

7/3 2:10AM、付記。
「アンツィオ戦」上映開始2日前
よッしゃア!!某劇場初回上映の券も取れたぜ!!
コレで舞台挨拶回券、初日初回券、
両方ともゲット完了。「声優さん舞台挨拶には、さして興味が無い」といいつつ席押さえたのは、「もし×××
×XX××が舞台挨拶回のみの××だったら××××なので××××××(ナニ言ってるのかワカラン(^へ^;))

★「今度のOVAは脚本:鈴木貴昭氏、コンテは「ガルパン」初参加のカトキハジメ監督なんでしょ?本放送の時
 と雰囲気変わっちゃわないかどうか心配…」と方へ!!大丈夫!!ちゃんとした「ガルパン」13本目の
エピソードですよ!!ソレを証明するため↓バンチャが冒頭5分無料配信を始めたみたいです!!
【OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」冒頭約5分 無料配信開始!】
http://girls-und-panzer.at.webry.info/201407/article_1.html
配信期間:2014年7月2日(水)22時~7月25日(金)

【配信サイト】
☆バンダイチャンネル
http://www.b-ch.com/contents/feat_garupan/
☆GyaO!
http://gyao.yahoo.co.jp/ct/anime/
☆RakutenSHOWTIME
http://video.rakuten.co.jp/content/57574/
☆J:COM オンデマンド

心配なヒトは観に行ってみれば、きっと疑いも晴れるコトでしょう!!!…え?アタシ?アタシは観ておりません。
誰が観るものか!!1カット目から劇場初見で観るんじゃア!!


7/3 19:10、付記。
うッしゃー!!舞台挨拶券と初日一般券、両方ともゲット完了だぜー!!
7/5(土)は朝から夕方まで丸1日「ガルパン」漬けだぜー!!劇場も2館に
またがるから音響・映像効果の劇場別評価も出来るぜー!!
こうなると
1回45分、という鑑賞時間の短さが圧迫受けなくてイイでんな(^o^)。1本2時間もする映画
じゃこうはいかない(笑)。

さあ、後は明後日を待つだけだぜー!!
中身を観たら、多分ネット喫茶からとかででも本掲示板に御かんそ書き込みますわ!!!


ああ…。しかしEPGを観ると、もう今夜から既に夏期新番組が5本も始まっちゃうのね…
(東京地区)
この怒涛の勢いが、恨めしくさえ思える…ハッキリ言って、今は新番組御かんそ書いてる場合じゃ
御座いません。「ガルパン」祭りの最中なんじゃ。しかし、いずれ必ず御かんそは
書きたいと思います。アタシ"予想屋"ですし(笑)…。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/4 20:20、付記。
さあ、いよいよ明日です
明日の良き日を前にして、今朝の日テレ「ZIP!」が「ガルパン」特集コーナーを組みました。
ほんのちょっとしたサワリだけでしたけど、コレで「おッなんだ!?最近はこーゆーの
が流行ってんのか!?」と惹きつけられた、その昔戦車プラモマニアだったお父さんなんかも
いるのでは。いや、きっといるでしょう。"あの頃"の血が騒いだヒトは、全国津々浦々に。

そーなんスよ!「ガルパン」は深夜アニメファン向けだけに縮こまってるよう
な作品じゃないんスよ!子供から年配まで、誰が観てもフツーに楽しめ
まっとうな娯楽作品なんスよ!!

思えば、少年ジャンプ「こち亀」で両さんが本作を紹介してくれた時も、ちょっとした騒ぎ
になりはしましたが…興味を持ったヒトが「じゃあちょっと観てみるか」と思ってもMX、
スカパー、BSの再放送程度しかなかった。しかし今回は違います!!!13話目
のエピソード「これが本当のアンツィオ戦です」(40分)が、明日より全国14館で公開されます!!!
北は水戸、西は神戸まで。→ http://girls-und-panzer.jp/theater.html それより以北、
以西にお住まいの方にも有料配信があります!!誰だって観れるんです、
この「アンツィオ戦」は
明日から!ゼヒ観て下さい!


さて、明日に備えて、今日は早めに寝るだ…! ね、眠れん(笑)。 (歳いくつだアンタ>(^o^;))

---------------------------------------------------------------------------------------------

7/2 21:45、付記。
思ったより、「ガルパン」でやるべきコトが無い……いや、ModelGraphixや絵コンテ集の御かんそも書けるし、
この機会にもっとドンドン「ガルパン」のイイ所をナミダながらに訴えたり(笑)してみてもイイんですが、
現在は高度な情報戦の真ッ最中(^血^;)なので気もそぞろ。「ガルパン」関連を書いてると、ソッチの方ばかり
気になっちゃって心乱れる。ココは一つ「ガルパン」から離れて、他の作品を観ておくのが心静かに時を過ごす
イイ方法かも知れないッス。他の作品だって、ココで扱って来たモノは自分自身が「あッ面白い!」と思って観て
来たモノばかりなのだから。

★春期アニメ作品、最終回御かんそ。
本掲示板で追って来た「ブラック・ブレット」「ソウルイーターノット!」の2作が、東京地区では同夜に最終回を迎えました。
共に愛着ありましたので、「アンツィオ戦」公開前に、シメの御かんそ入れちゃいます。


○「ブラックブレット」・13話
先週御かんそで「何もかもまとまりが付きました!本作、傑作でしょう!!」と書きました。…ンで、最終回は
どんなんでしょうか。さて、"ロイヤルカード"(J,Q,K,A、そして影胤がJOKER…てのがカッコ良かった!(^o^))
は揃ったものの…警護隊長の妨害で照明が点けられない。モノリスが倒壊した"綻び"の暗黒から迫る"地獄"。
う~ン、迫力ある。ホラー映画の「BEYOUND」思い出しますわ。まだ青い総隊長、「全員(玉砕覚悟の)突撃!」…を
命じかけた時、空から無数の灯火…。「照明弾か」と思いきや、そうか、自衛隊にはもう残存物資は残って無いか。
聖天使の呼びかけで空に舞い上がったフーセン提灯。パッと観に「また"皆の願いが一つに集まって"ENDかよ。
陳腐な」…とか思う者もいるでしょう。違います。確かにそんな作品はコレまで多く作られて来ましたが、この
場合は違う。"対比"が効いています。押し寄せる怒涛の"死"の勢いに抗う、か細く、儚げな「生なるもの」。その
"願い"が、幽かな灯火が寄り添う。此処は地獄。おぼろげな存在だった"死後"が押し寄せ、逆に生命の方が翳む
世界。そんな暗黒の中に灯り、地を照らす"願い"の群れ…「死を前にした世界」だからこそ、こんな絵が雄弁な
説得力をもって迫ります。そんな状況だからこそ、普通の少女と赤目ちゃんが微笑み合って…。泣かせるなぁ。

防衛戦開始。まるでアラモ砦だ。戦力が底を尽き、自衛隊も仕えるのは小火器と旧式火砲。そんな中、統率個体
を目指し突撃!枚数使う使う!スゲエ迫力!コレでこそ、ロリエロで迫ったティナ編とバランスが取れるッて
モンですよ!
蓮太郎・延珠の夫婦キックが統率個体に炸裂!右脚部スラスタで加速突入、貫通!決戦兵器埋設
完了…あぁしかし急造り決戦兵器、時限信管が作動しない(笑)!(まぁ簡単に終わらせられちゃ困る(^o^;))
…縋る延珠を気絶させ、単身怪物に突っ込む主人公…決戦兵器は"閉鎖空間"、即ち対象物の胎内深くで起爆
させなければ効果は無い…とは既に言われてるので胎内に潜り込むしか無い…ああー!しかし敵バラニウ
ム腐食液で砕かれる頼みの右脚!どうすんのコレ!?…と息を詰めていると…ああ…先輩が代わりに行く
んですか。そういえば今回もこのヒトは北斗神拳みたいな「胎内深くに衝撃を与える」技の使い手だ、と描か
れてますし、先週の作品テーマ明示シーン(「立てッ!!蓮太郎ッ!!」)が指し示したメッセージもいっそう
反復強調されますね。「観客に引き継ぐべき"仕事"を"託して"終わらせるわけですか…。
思えば、この先輩も既にボロボロだったんでしょう。一門から破門され、相棒の赤目ちゃんを失っても冷静に
見えたけれど、その心は既に"死んで"いたのでしょう。先輩が跡形も無く爆砕した後、イリジウム鉱ブロック
を空輸する自衛隊工科部隊の姿が暁に映えて、戦闘終了。
なんか影胤さんゼンゼン活躍しなかったな…と観てたんで、最後は彼にシメてもらうしかないでしょ…とか
思ってたら、ああ、そうか!32号モノリス手抜き工事の贖罪が残ってたか!ココからは社長の出番。アタシは先週
延珠が言ったように、意図的にガストレア侵入の抜け道を作っていたのは「厄介な赤目を怪物と共倒れさせる」
政策とか、「ガストレアにいなくなられちゃ困る」一部企業グループの暗躍とかあったんじゃね?…とか想像
してたんですが、今回彼女の標的になった実の兄は、まだまだ小物…単に建造費を中抜きしてただけでした。
しかし、その私欲のために、人類救済を信じて戦った多くの者の死。コレは断罪しなければなりません。ココで
本作作家氏は「あずきちゃん」の監督から、「MONSTER」「MASTERキートン」の監督へと変貌。牙を剥きます!!
「必殺仕置人」ばりの残虐な殺し!!爽快(^血^)!!東電役員や経産省官僚もこうして斬り殺せ
たらイイですねー!!
あー、ちょっとスッキリした(笑)。実の兄を惨たらしい方法で惨殺しておきながら、
愛する男の前に立つとコロッとネコを被る女のコワさ(笑)を描くのかな…と思いきや、違いました。おおー!

さらに深くテーマに斬り込みますか!この女もオカシい。思えば、実の兄も死ぬ寸前に「私は悪だ」と名乗りを
上げていたけれど、社長までもが「悪を超える絶対悪」だと宣言し…みんな去っていってしまう。未だ頑なに
「正義」「真実」を信じ続ける"浄土の蓮の花"蓮太郎独りだけを残し、今隣にいたはずの者が、こぞって闇の中へ
と去っていってしまう。ああ…こりゃイイや。それぞれの抱える"闇"のかたち。その先に行き着く処は結局は
影胤…というワケなんでしょう。必死に抗おうとする主人公の元に残されたのは、子供たち…彼を慕う赤目の
幼女ちゃんたちだけ。彼もまた、あの教え子らを爆砕された地下保育園老人のように、やがて絶望に沈む時が
来るのでしょうか…?あ、コレなら影胤を登場させる必要なんか無いや。彼がカメラ前に現れて何か言ったら、
ソレこそ単なる「倒すべき悪役」になってキレイに善と悪が二極化してしまう。そんな甘ったれた構造では
終わりにしません、本作は。
影胤はあくまで「象徴」としてソコにいるだけでいい。彼の影に躍らされるように、
頼りにしていた人間たちが、みんな狂っていってしまう。ソレでいい。ソレでこそ「勧善懲悪」などといったお子
ちゃま番組でなく、「現代」を描く事にも繋がります。コレでこそ「MONSTER」「MASTERキートン」
の監督様です!
…ラストシーン、ガストレア新法成立。夢を語りつつも粉々にされた、あの赤目ちゃんら
の墓参りをすまし…で、今回の愛する相棒の行動にプンむくれるちびっ子奥さん(笑)の微笑ましい姿でホッと
させておいて…最後に、さらにもう一押しします!サスガ!観客が気を抜いたトコロを不意打ちするのが
上手いッ!!コレこそが"演出"ッてヤツですよ!!
…現代でも、もう「日常の有り触れた一コマ」のようになってし
まったかのような鉄道投身人身事故をキッカケに…幼女の無垢な、そして真っ直ぐな瞳を描きます。辛かった
のかな。痛かったかな。怖かっただろうに。私が、何かしてあげられることはなかったのかな。…そんな、一生懸
命に他人を、世界を、そこにいる己の使い道を考える少女。思わず抱きつき、彼女に縋る主人公。俺も怖い。殺し
が日常茶飯事になってしまうのが怖い。信じていた仲間が去っていくのが恐い。まるで自分の足元がボロ
ボロ崩れていくようだ。闇に飲まれるのが恐い。独り切りは嫌だ!あちらに行きたくない!俺は違う!誰か
違うと言ってくれ!…そんな彼を、まるで赤子をあやすかのように慈愛の瞳で抱く延珠。…まるで
慈母のような、その瞳。「大丈夫だよ」。何の疑いもなく、ごく自然にそう言える彼女
と言う存在の笑顔で、本作は終わっていきます。果てる事のないかのように見える荊の道も、
彼女と共になら歩いて行けるかも知れない。ガストレアウィルスに犯されるのがいつかは知れない…
しかし共に、限りある生命。明日生命が断たれるとしても、唯一信じられる者が、ここにいる。

(ココでOP主題歌・「black bullet」を聞いてみて下さい)
信じていた通り、見事にキレイな終わり方でした!!
感謝感激!!アタシの目に狂いはなかッた!!
(見事な我田引水やな>(^へ^;))
今期、こういった傑作・佳作が粒が揃っていてウレシい!例え大ヒットはしなくても、こういった「キチン
と作られた青年~成人の鑑賞に堪える作品」が世に出たなら、ちゃんと拍手を返さなきゃダメでしょ!!
本作の奮闘のおかげで、ジブンも自信を取り戻しました!!有難う御座いました!!…そして、コレまで本作を
応援していた皆様、おめでとう御座います。貴方はアニメへの"鑑賞眼"をお持ちの観客だと思います。

同時に、「あんまり最終回ぽくないな。尻切れじゃん」とかいってるヤツは、本作で描かれた"テーマ"をゼンゼン
拾えてなかった、そこまで精神が成熟してない、とバラす格好になってしまっているのも痛快ですね(^血^)。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/3 8:45AM、付記。
○「ソウルイーターノット!」・12話
困った…。全力で終わっていった「ブラック・ブレット」「ノーゲーム・ノーライフ」などを差し置いて、本作は
「(「蟲師」を別にすれば)今期、最も(個人的に)気に入っていたかも知れない」と書いた作品…しかも最終回は
「ノラガミ」のタムラコータロー監督が入られ、橋本昌和監督とコンテ共著。「コレで盛り上がらぬはずが無い!」
と思わず手に汗も握る、期待の最終回…。期待通りそのテーマは満了、本作らしく実に正直に、「明日を目指す」
というテーマも、3人娘の友情も少しも崩すことなく、まるで太陽に干したての木綿のシーツのように天真爛漫
に終わってゆきました。でも…済いません、本作を評するのは、少し時間がかかるかも知れません…。もう一度
1話から全編を観通してからでないと…。EDスタッフロールを観ただけで、物凄い第二原画の人数などに、その
苦闘の痕跡がありありと表れています。とにもかくにも、お疲れ様でした。楽しみました。有難う御座いました。
本作、殆どシリーズ通して橋本昌和監督のお一人脚本だったんスね…。尊敬しております。次回作も期待です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7/4 17:45、付記。
マトメです。ともあれ、今期は傑作・佳作出たモノの…ゴール鼻先争い
は「ブラック・ブレット」の勝利でした。本作のような傑作が出たので、
アタシとしては常に思ってるコトをココで叫びたい。叫ばせて下さい。
"萌え"と"感動"、"娯楽"と
"文学性"は両立出来る

その代表格が「ガルパン」でもあります。「ブラック・ブレット」も仲間入り。

黒澤明監督の時代から娯楽映画がやって来たコトなんですが、コレ…。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================
7/4 21:00、付記。
☆RES。
○うん☆こなたさん
ハイ、このニュースはアタシも配信当日にツカンでおりましたよ。
【「子供に見せられない!」ベトナムの保護者『俺の妹』に"激オコ"】
まぁ…出すでしょうね海外にも、今のブラック体質企業・KADOKAWAなら。

記事の内容は日本側に配慮してか、「ベトナムのモラルや文化に反する、兄妹の近親相姦的な恋愛の内容が
含まれている。直ちに放送を中止すべきだ」とか柔らかい表現になっていますが、コレだけ読むと日本側の
読者には「あ、ちょっとスキャンダラスな内容なのか。よくあるコトよくあるコト。向こうはまだ文化的に
保守的だから、そういった問題作にアレルギー反応を起こしているだけなんだろう」…と受け取られてしま
うかも知れませんが…違います。そんな文学的なモノより遥かに腐敗していま
す「俺妹」は
例えば、↓以下の記事内容ですがね。
「視聴者の批判を受け同チャンネル担当者は「編集部は慎重に作業しているが見逃しがあったかもしれない
(と語る)」なんて言われてますね。ソコが「俺妹」のツケメなんですね。ちょっとくらい
パンツ丸出しやロリエロゲの画面を削除したからって、醜いオタに媚を売り、「アナタはオタクのままでイイの。
己に正直に生きるアナタはステキ!!」と顎の下を撫で、妹にツンデレにメンヘラというハーレムを与えて「どの子
にしようかな。グヒヒ」と在りもしない夢に酔わせてその懐をまさぐる。その"正体"の上に被せ
るのは、「まっとうな社会人がオタクに引き寄せられてゆく」という、痴呆層が「ホレ見ろ、俺たちは
間違っちゃいない!」とヨロコぶ偽装、偽装、偽装。そんな商売ばかりやっ
てきた会社ですKADOKAWAというのは
。エロゲ屋と手を組みアダルトゲーム原作
を漫画、アニメにして中坊を釣るクソ出版社。子供のチンポ咥えて1回100円の乞食商売をする企業。
"文化"の敵、アニメの敵

まぁ、ベトナムの一般市民に見抜かれたように、ジックリ読んでみりゃ一目瞭然なんですがね、そのデッチ上げ
のトリック構造は。しかし日本人は収益のスージばかりみて、その"内容"の方は追おうとしない。だから怒って
いるワケで。こんなコト、どーしてオレなんかがキタナい言葉で叫ばなきゃならないんだ。社会の目はどうした。

★その他にスクラップしていたKADOKAWA系お笑いニュースでは、↓こんなのもありますよ。
KADOKAWAのComicWalker編集部は、年4回の季節賞と年1回のグランプリ選出を予定していた
「艦これコミック大賞」について、第1回の季節賞
(6月20日締切)をもって休止すると発表した。
「艦これコミック大賞」は、現在大ブームの艦隊育成シミュレーションゲーム「艦これ」と、
KADOKAWAのマンガタイトル200作品が無料で読める「ComicWalker」のコラボ企画。
第1回募集は3月22日からスタート。6月20日の締切までに投稿された作品は12作品だった。
http://www.narinari.com/Nd/20140626576.html
■応募上の注意
・受賞作品の著作権
(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含み、出版化・ゲーム化・映像化・
その他副次的に商品化する権利等も含みます)は、すべて当社が譲り受けるものとし、受賞者は受賞
作品に関する著作者人格権を行使しない旨お約束いただきます。


「艦これ」はやったことも見たことも無いので評せません(アニメになったら評します)。「ガルパン」とのファン
かぶりも意外と多い様子なので、「コレは作品(商品)をクサそうとして言ってるんじゃありませんよ、あくまで
角川の経営体質についての批判ですよ」…と前置きした上で。
この態度ですよ、KADOKAWAの企業体質は。まさにアニメ界の"癌"。年端も行かない中高生をタブ
ラカし、作品を好きなキモチで
(と言っても、その多くはオタくすぐり・萌え売りで惚れさせるテで、"作品が
イイ"ワケじゃないッスがね…)「ボクの好きな「艦コレ」が盛り上がるなら!」と応募した善意の作品を無償
で奪い取り自社の版権にしようと目論む。しかもソレを察知した
(のか?)「艦コレ」ファンから総スカンを食っ
てみっともない企画取り下げ。ナニやってんだ!!?恥ずかしくないの
か!?!
そして、ネット中から指差してゲラゲラ笑われ出すと、またぞろ工作員(笑)を雇って「今夏C86での艦これ
サークルは約1400らしいので同人界隈では人気低下どころか増加傾向!」だの「炎上したら炎上したで知名度は
上がるからへーきへーき!!覇権確実!!」だの嘘で塗り固めようとする。こんな企業が
音頭取ってりゃせッかくの「艦これ」だってアニメ放映を待たずにオワコンになっちゃうでしょう。

ちなみに、現在の同人界の動きはどうなのかと言うと、↓2ちゃん同人板のスレとか読めば良く判りますわ。
【艦隊これくしょん/艦これオンリー★90】
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/comiket/1403450745/
同人誌描きは、嘘をつかない。ウソつくのは、最初に企業から依頼を受け"火付け"の役目で描く連中だけ。後は
左右を見回し「流行ってるらしいから」と描き出す、いわゆる"キョロ"ちゃんだけ。多くの同人誌描きは仕事や
学業の合間を削って徹夜して徹夜して、「好き」という気持ちだけで描くのだから、ソレで「売れない」となれば
速攻で引き上げますわ。
…まぁ、KADOKAWAの凋落も目に見えて来ましたね。
 

Re: ☆週間アニメ御かんそ。6/4~。

 投稿者:うん☆こなた  投稿日:2014年 6月28日(土)16時55分14秒
返信・引用
  ゆ~さくさんへのお返事です。

> コレらみんなラノベ系から出た定番表現です。コレはハズカシい

もっと大変なことが起きてます。 ↓

「子供に見せられない」ベトナムの保護者『俺の妹』に激オコ - HOTNAM!
http://www.hotnam.com/news/140626034804.html


海賊版か何かと思っていたらどうもあれを公式で外国に出したらしいです。
普通じゃないです
 

「ガルパン」商品御かんそ。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 6月24日(火)08時59分9秒
返信・引用 編集済
 
本日朝早く、8:45なんて早朝(笑)に「ガルパン」ドラマCD「もうすぐアンツィオ戦です!」が
届いちまいました(^へ^;)。朝8:45だぞ。人間が朝8:45からドラマCDなぞ聞けるかッ!?!
しかも、もうたぶん明日にはPS-vita版ゲームも届いちまう。仕方が無い、この投稿は、それら
到来した「「ガルパン」の"春"」関連商品の感想で埋めるコトとします。…くくく、他のアニメさん
の御かんそが書けない…!仕方が無い、仕方が無い。「「ガルパン」の"春"」だから。


------------------------------------------------------------------------------
6/26 4:40AM、付記。
★現在、小出し、小出しにドラマCDお楽しみ中。サイッッッコーの酒のお供。ああ…至福の時じゃぁぁ…(笑)
●「ガールズ&パンツァー」ドラマCD「もうすぐアンツィオ戦です!」

○【Episode1】もうすぐアンツィオ戦です!(Truck01~04)
ああッ、お懐かしやお懐かしやお懐かしや…(TДT)!イキナリ生徒会が「あの頃のまま」の会話やってる情景
から始まり…コレだけでもぉナミダ飯3杯ですよ!この「本編の雰囲気そのままの空気感の芝居」が戻って来た
のはいつぐらいぶりですか?ドラマCD1の「プラウダvsサンダースです!」「クイズです!」以来?それともハートフル・
タンク・ディスクのピクチャードラマ以来?ともあれ「全員フルセット」の「ガルパン」が、今まさに帰って来ました!
大洗チーム全員+アンツィオで総勢34名の大所帯ドラマ!喜多村英梨さんをツチヤ役、金元寿子さんをホシノ役
だけで呼んでダーちゃんもカチューシャも出ないなんてトンデモネー贅沢だ(^四^)!
で、内容は…ああ、また生徒会の思い付きなのね(笑)。キャラも綿密に描かれます!考え過ぎで何にも出来ない
桃ちゃんと要領イイ柚子ちゃん。こうして描写が重ねられる内に、コレまで憶測するしかなかったキャラの人
となりも確実に明確になってゆく…桃ちゃん、生真面目過ぎ(^へ^;)。「学校を存続させねば」という気負いばか
りでガチガチ、それでソレがプッツリ途絶えた最終回では号泣しちゃった、ってワケなのね、やっぱり。さらに…
キャスト一同の演技も実に活き活き(*^四^*)!やっぱ作品はヒットしとくに越したコトはないですな!全員
とても張り切ってらっしゃるのが伝わります!特に桂利奈ちゃん役多田このみさんハジケてる!各パートの
オチで入る福圓さんのダラケ切ったオヤジ節も実に会長らしい。そして話題は、1回戦サンダース戦を振り返り
…あはは、この時点では、まだバレー部は「バレー部復活のために戦車乗ってる」オーラ出しまくり(笑)。脚本も、
宴会に特有(笑)の話題が横っつべりしてゆくサマがユカイ(笑)!アンツィオ対策からあてずっぽうのイタリア
文化にドリフトの1年生、そして"if"の歴史ロマンへ行く歴史女のO.B.飛距離がイカス!沙織もこりゃゼッタイ
酒入ってますよね(笑)。多分そんな沙織を酒の余興にか、無責任に炊き付ける優花里もイイ!沙織って、けっこ
優花里にナメられてるよね~(^血^)。そんな人間関係(笑)を覗かせつつ、けっこ話題が途切れないよう(沙織を
ダシにして)気を使ってる(?)優花里の社交性も出てました。ココ、華も含めてけっこ沙織の暴走を余興に楽し
んでますよね(笑)。最後に主張する己の精神論に、次第に陶酔し感極まる桃ちゃんも笑えた。1年生にまで「桃
ちゃん」言われてるし(笑)。このトラックは桃ちゃん主役でしたね。おお~!最後にはOVA「アンツィオ戦」への布石、
会長が対策会議を開き、優花里が二度目の偵察に出る段取りまで打ってある!こりゃ7/5(土)まで、このドラマ
何度も聴いて備えられますわ!しかし、最後は「戦車道アンセムです!」を流せば何だってまとまりますな~(笑)。
ところでこのメニュー、元ネタは大洗ホテルのお品書きなの?

○【Episode2】アルバイトです!(Truck05~13)
CD1「クイズです!」での最後の会長のジャンケン50連勝、アレ"強運"だったの?あたしゃ彼女の人間観察術・
心理把握(もしくは誘導)だとばかり思ってたんですが(「ノゲ」みたいな)。まぁ、ソコは本気なのか、運任せの
遊び人なのかグレーゾーンにしといてこそ"会長・杏"というキャラ!彼女なら運だけで宝くじ引き当てちゃ
いそうでもありますしなー。淳五郎(優花里父)が泣くなコレは(笑)。で、大洗全戦車隊が大洗商店街(実在)に
散ってバイトするそうです…おお~!当たり前ッちゃ当たり前だけど彼女らがバイトする店、実際の街中かく
れんぼでそれぞれの等身大POPが置かれてる店通りになってるのね!こりゃ「ガルパン」らしい凝り性だ~!
商店街の皆さんも、「我が店の前に飾られた"ウチの娘"が喋ったらこんなカンジか(^ω^)」とウレシいでしょ
うし、巡礼する方は、ヘッドホンで各々の店のパート再生しながら実際の店の前に立ったらコレきっと、奇妙
な二次-三次混在感にクラクラしますよ間違い無く!
コリャイイ趣向(^血^)!以下、ザッと御かんそ。
柚子ちゃん、三段論法で「じゃあ園さんは目覚まし時計と同じッてコトね」と軽くツッコメそうなトコを柚子
空間に巻き込む有能ぶり。そど子も7話時点の小憎らしさに戻り、本編では殆どセリフ無かったぱぞ美もフォ
ロー!なんか様々な配慮を感じられますわ、今回の脚本。歴女は店内で来客を迎撃する陣形を整えてるのが
良かった!1年生に火ィ使わせちゃダメだー!商店街の皆様も、各店の前に飾られてるPOPが実際に生きて動き
出したらソートーにヤッカイだ、と実感してくれたコトでありましょう(笑)。あ、丸五水産さんだけは別みた
い!…杏ファンとしてはこんなウレシいトラックはないわ(^四^)!!ああッ惚れ直すぜ、杏!寅さんばりの
口上、この脚本家氏こーゆーの得意だったのか!!立て板に水口八丁手八丁、テキヤやらせてもポン引きやらせても
有能だ!この子だったら例え缶ゴミ拾いとかやらせても、その昔流行ったホームレス隊に電車の網棚の雑誌拾わせ
駅前で叩き売るような掃討商法展開して一財成しちゃうでしょうなー。でも、「へへ、アタシいッちばーん♪」
と結果を出したら飽きてソレで終わり。今はまだ、様々な可能性を試す"遊び"の時間。将来どんなドラゴンに
成長するのか見当もつかんわ!!ANZUasNO.1!!!!
(酔ってますので勘弁してやって下さい(^へ^;))
6/27 9:00AM、付記。
ああ、聞いているだけで桃ちゃん柚子ちゃんの足取りが明確にアタマに浮かんでしまうジブンがコワい(笑)。
まぁ、4話聖グロ戦決着の若見屋交差点から曲がり松商店街を縦断し磯前神社方面に向かうのは聖地巡礼の
基本コースではありますな。そんな風に聖地巡礼者が大洗を歩きつつドラマを楽しめるように設計してある!
うぬぬ、今回の脚本、侮り難し!終着点の大洗ホテルは麻子だけでなく、あんこうチーム全員ですか。ああッ!
優花里がお迎えする大洗ホテルガルパンさん向けプラン・「優花里と共に星空を見上げよう!波音を枕に眠ろう!
庭で野営1泊2食コース」、実現したらゼッタイ行くッ!大洗ホテル御自慢の大ご馳走にありつけなくてもイイ!
食事はMREだって我慢する!展望風呂だけ入らせて!え?みほがフロントで出迎えてくれて、沙織が仲居
やってくれるの!?うわぁァ~ウソウソ、部屋の方にも泊まる!ああッしかし、優花里と野営も捨てがたい…!
こうなったら連泊だ!じゃらんから既に6泊分予約完了だぜ!あ、連泊中の布団上げは冷泉さん指名でヨロ
シク!…え?本人たちは高校生だから、バイト時間以外は埠頭停泊中の学園艦に帰っちゃうの?ああ…そう
ですか…部屋のベランダでビール片手に、彼女らが健やかであるように学園艦を見守るとしますか…甲板は
400m上空にあるから、学園町の明かりも見えないけどな…(笑)なんて言ってる内に終わっちゃった。なんか
オチはあんまり付かなかったけど、その辺はコチラでいくらでも妄想補填可能なイキオイのある内容でした!
特典OVA2・「サバイバル・ウォー!」からの引ッ張りネタではありますが、せっかく設営したテントをすごすご
撤収に掛かる優花里のベソ泣きがイイ(*^血^*)。本編では周囲に気を使ったり、戦車道に真剣だったりで、こ
のテの「チョーシに乗ってハメをはずし怒られる」シチュエーションは薄かっただけに、「みんなにすっかり
受け入れられた」と安心した大会優勝後の今こそ!今こそが、野外活動やら旅行やら楽しい遊びの場でアタマ
のネジがハズレた彼女の異常行動(笑)をネタにする好機でしょう!「みなさんとすっかり仲良しになれた!
今だったら、自分の趣味も分かってくれるはず!こんなネタ、分かってもらえます?コッチはどうですか?」
とハメ外し「喜んでもらえるはず」と張り切ったネタが引かれたり怒られたりしてショボン、べそべそ片付ける
姿がもっと見たい(^血^)!ホントなら「歴女ともっと接近すれば居心地イイだろうに」と観客も思うトコです
が、やっぱり彼女が帰属意識を持つのはみほ以下あんこうチーム。ゼッタイ疎遠になりたくない!…という
慕いと、ありのままの自分も好きになって欲しい、という願いとの板ばさみ、一種恋愛にも似た(笑)ヒジョー
にオイシい段階に来てるのですから、ココで彼女のそんな行きつ戻りつを描かなきゃ勿体無いッ!…思えば
本編、第63回戦車道大会編は「一人ぼっちだった彼女が友達を得るまでの過程」でした。ココから先は「趣味と
一般性の両立を身に付けてゆく」段階。「自分の出したネタが皆さんのツボヒット、仲良く戦車談義で盛り上が
る天国状態」を夢見るものの拒絶され夢破れ、しかし「大切な仲間だよ」との優しさも得て、やっぱり自分が好き
なのはこの人たちなんだ!と決して離れない…そんな、ちょっと切なくも幸福いっぱいでもある彼女の成長
過程をもっと見ていたい、親心としてッ!いや親じゃないけど!「ガルパン」は、そんなキャラの魅力もいっぱ
いです!…この辺の人間関係の組み上げの上手さは、やっぱ吉田女史のお力なんでしょうなー?沙織と麻子
とか、みほと会長とか、みんな「成長」を軸にして上手い人間関係が綾なされておりました。みほ、麻子、優花里…
みんなこの物語を経て居場所をつかみましたもんな。その辺も決して疎かにしないから「ガルパン」は成功
を収めたワケで。そして…そんな彼女らの成長を常に見守って来た、杏以下生徒会の面々が語り役であり"主観"
の提供者、というトコロも今回のドラマが立体的にコトを運べた要因でしょう。やっぱ「別の立場のもの」から
の観察やツッコミが入らないとドラマは上手く回りませんわ。会長の「鶴の一声」のようなシメの一声も絶好の
オチになりますわな。しかし…そうか、どうも「オチが弱い」と感じたのは、最後にこの生徒会側からのリアク
ションが薄かったからなんですな。…まだこの脚本家氏、「ガルパン」に深く入り込めてないトコありますかも?
ソレが今後の課題?どうせCDドラマ、尺の余裕はあるでしょうから、もう1トラック…最後のオチに「今回の事態
は全部会長の遊びだった!予算不足はそもそも彼女の使い込みだった!しかし、こんなバイト騒ぎを引き起
こしたのも(動機の多くは「叩き売り口上をやってみたかった」という個人的欲望ではあるものの(笑))戦車道
履修者全員を社会勉強させ、同時にその"社会的精神年齢"を見て回るための彼女の策略だった!ココで彼女は
メンバーの人間としての成熟度を正確につかんでいたからこそ、アンツィオ戦勝利でチョーシに乗った彼女ら
を、そのイキオイのままプラウダ戦では無責任に焚き付け、逆に絶対の危機に追い込みケツまくらせる、という
"ショック療法"を施し"本物の本気"に至らせることが出来たのだ!」…なんて裏の真実を少しだけ、少しだけ
ニオワセるような最後の漫才が欲しかったかも知れない!…というのは、ゼータクな高望みなんでしょうか?
(あのさァ、いつも思うんだけどアンタのその会長贔屓、惚れた弱みの欲目なんじゃないの?>(^へ^;))
(いや違う、断じて違うッ!「ガルパン」は「人を育てる物語」なんです!)(あ、あ、そう…(^o^;))
いや実際、そう思えるだけの手応えは、この(単なるドタバタに思える(笑))ドラマの中にも、確かにシコマレ
てたと思いますよ。大洗ホテルでのあんこうチーム編一つとっても「最も人間性、成熟度が高いのは沙織(イロ
狂いは別にして(^o^;))」「みほは育ちが原因で常にビクビクしていて、あたかもベトナム帰還兵のように(笑)
社会に溶け込めていないだけだ」という「絶対ハズシちゃならないセン」は確実にキープされてましたモンね。
こーゆーちょっとしたトコでウカツなコトをやれば、例え「なんとなく」で観ている層からも「キャラが違う!」
とブーイングが起きます。「なんとなく」「漠然と」であっても、キャラ性や物語はちゃんと伝わってるんです。
まぁ、人間として「最も大人」だったのは、なんつっても自動車部でしたけどね(^o^;)。会長ですら(類いまれな
策謀家の面はあるものの)まだまだ"遊んでる"トコがある。仕事をやらせてみりゃ、一発で「子供か大人か」が
判ります。そーゆー意味でも今回のコレは「キャラ描写」として狙い◎、ゼヒ「やっておくべき」ドラマでした!
ソレにしても、役者さんがたも張り切られてました。特に出番の少ない方たちはこの人気作のCDドラマ出演、
一言、二言で印象に残してもらうぞ!とハジケて。「30名の群像劇」である「ガルパン」の良いトコが出ましたね。

○【Episode3】不肖・武部沙織のイタリア料理講座(Truck14)
最後の、いわばオマケトラック。「沙織の良さ」をガンガン描きます!最後のサプライズに「フラッと来た」という
理由だけでアンツィオ隊まで登場!なんか絵本の古典「三匹のくま」みたいなっちゃってますけど(^o^;)。
「少女たちが忍び込んだおうちには、五つのパスタ皿が並んでいました。一つ目の皿からは鉄と油のにおいが
しました。二つ目の皿はお花のにおい、三つ目の皿からは色ボケのにおいが…」
OVAを前にして、アンツィオ3人組のキャラも描かれました!図太いちゅーかウカツちゅーかイキオイだけの
アンチョビ、三下っぽいペパロニ(笑)、華さん系お嬢さんのカルパッチョ。コイツらも3人だけで漫才CDドラマ
やれそうな良さげなキャラでんな~。
ちなみに、ジブンもココ最近「イタリア料理は強烈に美味いのに簡単で安い!」と気付いたのでソレ系ばっかり
作ってるトコだったんで、このトラックは大変興味深く聞けましたわ~。なんたってニンニクみじん切りと鶏肉を
オリーブオイルで炒め、100円のイタリアントマト缶ブチ込んで煮込むだけで簡単にイタリア料理になっちゃう!
ソコにセロリでも入れればサイコー!ローリエとかパプリカとか使わなくても充分!さらに同じく100円の
アンチョビ缶加えたり、バリエーションも豊富!一気に食生活は豊かになって、しかも安い!ついこないだも、
「鍋を充分に熱して油を馴染ませると具材がくっつきにくい」と自力で学んだトコでした。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★昨日、PS-vitaゲーム「ライバルはお宝BOX」「ガルパン絵コンテ集Vol.1」「ModelGraphixアンツィオ
 戦特集号」が一斉に届いちまいました。あはははは、CDドラマ御かんそを悠長に書いてる
 暇も無い(苦笑)。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/28 1:45AM、付記。
★ああ、家へと帰って来る道すがらも「家に帰れば「ガルパン」の未視聴映像・出版物が
 ある(^四^)」と足取りも軽くなるような、このヨロコビよ。ナニから開こうかな…やっぱ
 「宝物ボックス」特典DVDからでしょ!PS-vitaゲームの方は、まだvita買ってない(^o^;)。
 つか、この後「アンツィオ戦」を観ちゃったら、また劇場版まで長い長い待機期間に入るワケ
 で…その間オフィシャルからの燃料補給は…8月のCD2と、後は月刊戦車道くらいしかない。
 長い"冬"を乗り切り、劇場版封切の"春"を迎えるまでの蓄えは残しておいた方がイイ。

ゲームの前評判が(ファンアイテムではないフツーのゲームとしては)今イチだから、ッてんじゃないッスよ(笑)。このゲーム
は隠し場面を掘り出すキャラゲー。「WoT」と比べる方がどうかしてる。コンテ集も同様。本編再生しながらの
長い「研究」になる。なんたってVol.1だけで680ページ、広辞苑なみの厚さがあるのだ(苦笑)。焦る事は無い。
それにしてもサンスポの増刊「ガルパン新聞」、どこにも売ってねぇや…駅前のコンビニ全部回ったんだど
…まぁ、あれは通販もあるしOVA公開劇場でも売るそうだから、焦るコトは無いわな…とニヤニヤブツブツ
呟きながら帰宅。(職質されないようにな>(^へ^;)) さあ、開けるぜ!!「ライバルは宝物」BOX━!!!

★PS-vitaGAME「戦車道、極めます!」初回限定版「ライバルは宝物BOX」

イヤハヤナニが驚いたかって、「宝物BOX」と銘打つだけあってスッゲーオマケの多さ!
縦長水着ポスター×6、ゲームソフトパッケージ差し替えジャケット×13、特典DVD×2のジャケット、箱絵まで
全部描き下ろしイラスト!とんでもねーわ(^o^;)!
(おまけに2枚のDVDはピクチャーレーベル)
杉山画伯、ホントにホントにお疲れ様でした。コレだけ「ガルパン」のキャラ描いてると、ゲシュタルト崩壊起こしそう。
「キャラゲーなんでしょ?ゲーム性がソレほどのモンでもないのなら中古で買うわ」とか入ってる人は、オマケ
の欠品が無いかどうかを念入りにチェックしてから買うんだぞー!どれか一つでも逃すと後悔するぞー!
で、今夜のお楽しみは特典DVD「キャラクタードラマ・朝まで生戦車!」。さあ観るぜ聞くぜー!いやッほぉぉォウDVDだから
キャプも出来るぜー!
●特典DVD/Vol.1「朝まで生戦車!」

あ~残念、ギャルゲ画面みたいなCG絵だったかぁ!最初は「ピクチャードラマ」という触れ込みだったので、ハートフル・タンク
・ディスクの「料理です!」「肝試しです!」みたいな杉山画伯描き下ろしの紙芝居が楽しめるかな?ホクホク♪(^o^)
…と期待してたんですが、残念!ソレは満たされませんでしたか。いやなに、問題は内容、内容。
シナリオは理想的でした!文句ナシ!「不肖・秋山優花里の戦車講座」と同様に戦車の強さ比べ(攻・走・守だけ
でなくコスト、操作性、信頼性まで全部含めて)をマニアックに、しかし初心者にも判り易く紐解いてゆく「戦車
入門」としても価値ある討論(笑)!BD付録の「優花里戦車講座」の方は二次大戦の歴史とその中での各戦車の
誕生秘話、位置付けなどが主でしたので、どちらかというと"教養番組"系の内容でしたが(ソレでも目から鱗
のポロポロ落ちること落ちること!)、今回のコレはキャラの討論方式で「どの戦車が一番強い?」なんて単刀
直入な議題を進めるので判り易ッ(笑)!「「ガルパン」は面白いけど、IS-2やティーガーがなんであんなに恐れ
られてるのかどのくらい強いのか、サッパリ知らないコッチにはとっつき辛い面があるんだよなぁ…資料読む
のも面倒臭いし」だなんて言ってる非ミリオタ層にはまさにうってつけの内容!戦車初心者こそコレ
観なきゃダメでしょ!!
…さらに、キャラも活き活き喋ってます!セリフの"らしさ"は、むしろ今回のCD2
よりちょっぴり上に感じたりもするくらい?きかんぼ幼女全開のカチューシャに、相手の意見が正しいと認
めればフェアに引き下がるケイ、イイ所で悠々現れ全て持ってゆくダージリン、と納得の役回り!バンナム側
の用意したBGMが、なんかテキトーな?アリモンのような曲調なので、「ガルパン」らしさをコワシてるトコは
ありますが…脚本はパーフェクト。ヘンなBGMと動かないCG絵なんかを覆って余りある、コレもまた「欠かせ
ない「ガルパン」の一本」となった出来栄えでした!
「どの戦車が最強?」編は…ええと、なんか一口に言えばイソップ童話のような(笑)討論でした。「ネズミの
嫁入り」みたいに太陽を覆い隠す雲の方が強い、その雲を吹き飛ばす風の方が強い、と話が進んでいって、
なんか最後はダージリンのトンチ話で昔話の教訓のような結論に到達する(笑)という…どんな結論に辿り
着いたかは、買ってご覧下さい(笑)。それにしても理想的な脚本、コレは鈴木氏かな?…と思って聞いて
いたんですが…特に学園艦自慢でダーちゃんが博物館の話を持ち出して海賊国家呼ばわり(笑)される
トコあたり…ありゃ、岡田邦彦さんでしたか。こりゃ、CD2御かんそで「まだこのお方、「ガルパン」に深く
入り込めてない?」なんて書いたの、失礼でしたかも…スッゲー面白かったッス!その後の学園艦比べ
といいつつそれぞれのお国自慢になってッちゃうトコなんかも最高(^血^)。カチュ-シャの使い方がイイ!
一方的な押し付けしてもカワイさが増すだけだし、その態度に対して反論を返すカタチで話も転がるし、
実際のソ連(現ロシア)の外交姿勢のパロにもなってるし…あぁ、でも…あ~退場しちゃった(^へ^;)。
そのままCM-IN。ま、まさか特典DVDでCMが入るとは思わなかった(笑)(笑)…きっとCM明けにはカチューシャ
の席にテディベア置いてあるぞ、と観てたらボコが置いてあった(笑)ボコが。CM明けたの気付かずに、なんか
雑談してるし。まァ女の子らしいといえばらしい話題…と思ってたら、なんじゃ軌道修正せずにそのまま
行くンかい!番組がgdgdだぁ(笑)。あ、あああ、あああああ、しかしお便りFAXが紹介し出されてから
も面白いッ!特に匿名希望さんからのお悩みに対する全員からの励ましには久しぶりに声出して大笑いし
ちまった!お、オモシレー!しおらしいカチューシャもスッゲーお宝!「ガルパン」ファンでコレ観てないヒト
は大損してますよ!
こーゆー番外編が観たかッたんすよ、こーゆーのが。「ガルパン」の特典にハズレなしッ!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/30 23:50、付記。
済いません、ガルパン関連も、ちょっと間を空けちまいました(^o^;)。先週末の初日舞台挨拶券争奪戦で少々
グッタリ(苦笑)。まぁ、首尾良く買えはしたんですが…(オクで落としたりなんかしてないよ!)。しかし、いざ
こうして「ガルパンの"春"」が来てみると、ドコから手を付けて良いモノやら…(^~^;)。ゼータクな悩みです
が、ゲームは↑上で書いた通り夏以降のお楽しみにしたい。コンテ集はジックリ研究したい。ModelGraphixは…
開いた途端に「わーッ!こりゃ見ちゃダメだ!」と閉じました。ネタバレ多過ぎ(笑)!あたしゃネタバレは気に
しないほうなんですが、ここまで指折り数えて待った作品、ソレも40分しかないとなりゃ…やっぱマッサラ
な状態で劇場に行きたいですわ。それじゃこの投稿、残りはナニを書く?…と考えて、そうそうコレがあった!
と思い立ちました。近くの「ガルパン」フェアやったサンクスに入ってた。
【駅売店・コンビニ・アニメショップで販売中!ガールズ&パンツァー新聞】
ホントに都市部駅売店・コンビニに置いてます(笑)。
サンスポ特別版。コレ1回
コッキリじゃなくて、2号は8月下旬発行って書いてある!!全ページカラー、24P400円。↓写真の通り、
中央ページは見開きポスターになってたりしてナカナカ豪華!

読みました。コレ絶対サンスポ編集部にファンのヒトいるわ!面白い(^四^)!
どこのオタ雑誌編集部員にも真似出来ないだろう「新聞記者ならではの切り口」で「ガルパン」に
アプローチされてます!!2面目玉記事は「4話大洗市街戦による大洗町損害総額」!!プロ建築業者の
見積もりによる「損害額3億円!復旧工事5ヶ月作業人員延べ3千人」に大笑いしちまった(^四^;)!
いや~やっぱ現実はアニメみたいにカンタンにはいかんわ!そう、このノリなんですよ!!「シャレとジョーダン」!
コレがあるから「ガルパン」は「粋」なんですよ「通好み」なんですよ!関わった大の大人みんなが
楽しくなっちゃうんですよ!!!きっと担当記者さんも、コレ作ってて楽しかったでしょう
なぁ(^ω^)!読んでるコッチもワクワクします!!なんたって"ホンモノのスポーツ新聞"
「形勢逆転に見えたが、砲手・河嶋桃の放った砲撃は敵戦車にかすりもせず」とかの試合経過
が載ってるんだもん!!
コレ、アニメ界全体としてもちょっとした椿事ですよ!「ガルパン」ファンで
ないヒトでも、話のタネに一度目を通してみて下さい。
他にも、アクタス丸山社長インタビューも突っ込んだ
内容で、ムロン大洗巡礼ガイドなども載ってます。あー面白かった(^四^)!フツー、こういった企画モンってのは
中を開けばやる気のねェ映画内容の紹介とハイライトシーン図版、キャスト・スタッフインタビュー程度で、後は関連商品の宣伝、宣伝…
で終わっちゃうじゃないですか。こんな「オモシロがって」作って下さってるとは思わなかった!「ガルパン」は、
関わる者みんなを「面白がらせる」パワーに満ちてるんですよ。


☆もし「ウチの近くじゃ見かけねーよ!」ってヒトがいても、悲観しないで。「アンツィオ戦」公開劇場でも売る
 そうですし、サンスポは通販もするそうです。(サンスポe-shop http://www.sanspo-eshop.com/)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================
6/26 16:35、付記。
★済いません、再び気が変わりました。
絵コンテ集とゲームの到着が思いの他遅れてるので、今日
(6/26)は時間の余裕が出来ました。この機会に
急遽春期作品の御かんそ、進めちまおうと思います。でないと、ホントに御かんそ入れとくチャンスを失う。

「ガルパン」OVA上映だけでなく、同時に夏番組も始まるのだから………

○「ブラック・ブレット」・12話
コチラは全13話の様子なので、まだ1週あります。簡単に済ませます。影胤と共闘。影胤側の動機はどうすんの
かな、と思えば「闘志が求めるままに戦う」と。なんか腐のオネーサマ方が傾倒してた「蓮太郎クン大ちゅき説」に
拍車が掛かっちゃいそーな(^o^;)。全力の作画!二人の機械化人間のアクションもガストレアの動きも文句
ナシ!ああ本作、ティナ編後半からココまで妙に動かなかったのは、制作息切れかと思ったら…コレやるため
戦力温存を図ってたんですか!最近シリーズ終盤には息も絶え絶えになる作品が多かったので、こーゆー
「全体戦略がある仕事」は実にウレシい。経験を積んだ監督様ならでは。巨大個体は綿密にCGモデル組み、質感
が必要な怪物の演技は作画で、そして背景に蠢く軍団はシルエットCGで…と3段階の怪物描写。「ガルパン」を
持ち出すまでも無く、こーゆーのやると全体の色味合わせとかが大変なんですよね。しかし違和感は全く無く、
怪物が夜明けの空に首を伸ばし咆哮するカットなんか美しくさえある。萌え少女の媚態でもオタ客層の顎の
下をくすぐるようなオナニー商品でもなく堂々と「映像の迫力」で購買意欲をそそってみせる。コレもまた
「正しき作品」でした。「アレだけ嗜虐的に幼女殺しておいてかよ!」と思われる向きもあるかも知れませんが、
ハイ。先週御かんそで書いた通りその辺りが「回収」されるかどうかを興味に観ているのですが、この分だと
大丈夫。ガストレアの群れがあげる、地獄の亡者のような阿鼻叫喚の鳴き声。この滝壺のシーン、音だけ聞いて
みて下さい、けっこスゴいです。あたしゃ広い劇場にポツンと独りだけでこの音響聞かされるのはゴメンだね。
ガストレアってのは、そんな亡者の群れが地獄から溢れ出て来たようなもの。「元は人間だった」ワケですから、
彼らもまた赤目ちゃんたちと同じく"怨念""苦痛""恐怖"を抱いたまま凍り付いている存在。そんな"怨念"と
戦う物語でしょう、コレは。赤目ちゃんたちは、まだ救える道のある"怨念"。「地獄」を意識しなければ、そんな
彼女たちから目を逸らせてはならない、という当たり前のコトにも気付けない。ホラ、ちゃんとスジは通って
ます。…で。おお!総力戦!制空権奪回により空自の援護が入り、統率個体に空爆が命中するカットはド迫力!

絶望的な怪物の賦活能力をジックリ描いてから…"地獄"から戻ってみれば、抱きついて来る延珠。涙を浮かべ
出迎える社長。"地獄"と対比され強調される生きているもの、守るべきもの。この時点で、さらに本作が「パー
トナーを幼女にした」意味合いも深まります。"死"とのコントラストが、より鮮明になる。ああ、テント村で
民警を一組殺ったのも影胤だったのね。ハゲおっさんも死んだ。残存兵力のリーダーとなる蓮太郎。そして…
蓮太郎隊からも、一人の死者が…いや、まだ死んでません。"死に誘う怨念"と果敢に戦い、その牙に掛かった、
小さな生命…それを始末しろ、と迫る物語。うわー、キッツいわ。4話からの反復強調も効いてますが、「こうま
でして生きなきゃならないものか?」という重圧を、主人公と観客にグイグイ掛けます。しかし、生きなければ
ならない。今この場で、自分の指示を待っている延珠や社長、そして仲間たちは幻ではない。みんな生きている。
確かに生きている。だからこの場は、小さな生命を屠らなければならない。…ああ、この場はサスガに直接手を
掛けることなく逝かせますか。冷たくなった仔猫ちゃんの前で…大切な相棒…いや己の一部を失った先輩が
「怪物を殺すと約束してくれ!」と命じ、手を差し伸べます。「立て!錬太郎ッ!!!」…ハイ、物語
の最終テーマいただきましたー!!!何もかもまとまりが付きました!本作、
傑作でしょうコレ!!
ライトノベルは一概にバカにしたモンでもない、ちゃんと文学的価値はある、
とこの物語は主張し、証明してみせます。まぁ、「劣等生」のような浅はかなモンとは比べ物になりま
せんね。「俺妹」?ぺっ。笑わせちゃイケナい。

隊長を務めることになった蓮太郎に、逃げ腰の民警団体からブーイングの嵐。即座に、先頭の男を刃に掛ける
彼。逃がさん。此処はお前が「"死"と抗う」場所だ。本気で抗え。全てが失われる前に。…しかしそんな彼も、その
パートナーの赤目ちゃんからの躊躇ない銃撃には流石に一瞬躊躇い…射殺されるところでした。それを救っ
たのは影胤の斥力防壁。この男にとっては、迫り来る混乱と破滅は願っても無いこと。それでこそ影胤影さん。
一方、若い蓮太郎は人望も薄く、余裕も無く…組織もまとまりが付きません。彼にバラニウム刀で斬りかかる、
ハゲおっさんのパートナーちゃん。そんな彼女と再度パートナーを組む先輩さん。軍事財閥のお嬢さんも合流、
一発だけの新兵器投入。しかし…最後には、蓮太郎に指を奪われて恨みに走る、あの警護隊長の妨害も配置さ
れ…スタンバイ完了。全てのキャラと状況が一点に集中しつつあります。これでこそ"ドラマ"ですわなー。
で、最終決戦直前…。ジブンが↑上でも「回収されるかどうかを興味の中心に据えて観ている」と明かした、
本作最後の"課題"にも、確実な「回答」が来ました。明日を夢見つつも殺されていった、多くの赤目ちゃん
たちへ送る言葉。…彼女らに送る言葉は、"無"でした。その代わり…「民警機構は、彼女ら赤目ちゃんたち
とガストレアを共倒れさせるためのテイのイイ産廃処理だ」という「この世の
(一方側の)真実」が延珠自身
の口から語られ。蓮太郎は…多くの死んだ赤目ちゃんたちに送る言葉の代わりに、その"真実"に抗うもう
一つの"真実"になってみせる、と誓ってみせます。"苦痛"を一身に背負い生き続けることが、彼の"回答"。
そして、同じ"運命"を、しっかりとその小さな双肩に担って微笑んでみせる延珠。…決戦の時が来ました。
「簡単に書く」と言いながら、↑こんな書いちまいました。「感銘」を受けた証拠です。

いやー、流石は「あずきちゃん」と「MONSTER」「MASTERキートン」をお一人で描ける監督様。今まで観続けていて、
ホントに良かったです。大正解でした。逆に本作については、2話の幼女ちゃん射殺シーンを観るまでは、その
"価値"に気付けなかったのを恥じます(「良い仕上がり」と書いた程度)。"予想屋"としては、ちと失点です。
1話で気付けなきゃ…

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★…とか書いてる、まさにその場で…ぎゃ~!!「ガルパン」ゲーム、絵コンテ集、ModelGraphix
 アンツィオ戦特集号がマトメて届いちまった~!!\(^Д^;)/ほ、他の作品の御かんそがヤバい…

 「ノーゲーム・ノーライフ」最終回御かんそも、書かなきゃならないんですがなぁ。ま、まぁ、いつかは必ず…

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/29 23:00、付記。
☆「ノゲノラ」最終回御かんそ、やっぱ書きます!!観てみたらスゲー面白かったから!!
●「ノーゲーム・ノーライフ」・12話
最終回。先週ラストの盛り上がりそのままに、OP抜きで初ッ端から枚数掛けてガンッッッガン攻めます!

イイですね~↑上の「ブラブレ」御かんそでも書きましたが、最も盛り上がるべき終章にこんな作画の余力を
残しとく「全体戦略がある仕事」!こーでなくちゃいけやせんぜ!リミッター外したケモ幼女ちゃん、両手から放つ
ナゾ光線で空中機動!「魔法は使えない」と言っといてこんなんアリかー(^四^;)!トリッキーな見せ方が続き
ます!以前にもやった「ハッタリ特攻」をし掛けるも、その上を読んだケモ幼女ちゃんの「物理法則を上回る」
スピードショットが跳弾をも介し空、白双方に迫る!あわれ「敗北は無い」はずの空白兄妹、撃墜ーッ!人類種の
運命もココまでかー!…と盛り上げておいて、最後の一齣はステフかー!先週「10話で彼女に命じた「保留
にしていた5話での賭けの代償」てのは何だったの?」と書きましたが、ソレが彼女を"地雷"に使うコトだった
とは!戦場を自動巡回する歩哨兵器(NPC)に気絶した彼女を背負わせりゃ、いかにケモ族でも接近を察知する
のは難しい(ついでに前回、白が地面に書いていたあの無限数式はNPCのアルゴリズムを計算していたのだ!
とも明かされました)!さらにジジイが幼女ちゃんに相手の位置を耳打ちしてた、という"チート"のカラクリ
も「ジジイに指摘されなければ幼女ちゃんは警戒しない」という逆転トラップに使います。気付かれず接近する
ステフに上空からジブが"起動"スイッチを押す…!コレ、大昔の俯瞰視点シューティングゲームとかやり込ん
だヒトは夢見た作戦なんじゃないッスかね?「敵キャラの背におぶさってボスキャラに接近する」なんてーの。
まさにゲーム世代作家から出て来たアイデア!また、純粋で素直だけど役に立たない(笑)わんこ姫を、見事
"モノ"扱い(笑)するコトで勝利を得ましたー!!
そして、それら楽しい逆転のアイデアを見せておいて…
「弱者には弱者のやり方がある。獅子に素手で挑むのは獅子に任せるよ」という空のキメ台詞!コレぞ1話から
引っ張られて来た「知的種族ならその知恵を証明してみせよ」という今のこの世界を作った世界神・テトに
対する明確な回答ーッ!
実に説得力ありました。ジジイが歯軋りします。俺たちには貴様を噛み裂く牙も腕力も、
物理限界を超える反射速度もあるんだぞ!そんな我らがなぜ負ける!…と言ってみても、今のこの世界を支配
する"遊戯原則"で計れば明らかにケモ族の負け。「武力」「殺しの原則」に「知恵」が勝ってみせる瞬間!そして…
そんなジジイ率いるケモ族は、決して空白コンビには勝てません。何故なら…空がそのカラクリを語ります。
「誰も死なないし、誰も傷つかない。この世界は"ゲーム"なんだ。根本的に間違えてんだよ、みんな」
…8話でジブン、「ステフも天使ちゃんもワカラナイみたいですが…「テトが可哀想」と嘆いた白のセリフ通り、
この世界の"遊戯原則"に世界攻略のヒントがありそうですかね?」…と書きました。そう、今こそその
回収が成されました!コレが本作のテーマです!!
この世界はコレまで、何百何千万
という夥しい数の血で血を洗う種族間殺戮を繰り返して来ました。その結果、新たな世界神に「殺しはNG。勝負は
あくまでゲームでつけよ」という"遊戯原則"を強制された後でも、"ゲーム"だとは思わずに「形態を変えた戦争
手段」としか考えなかった。ソコこそが空白コンビが異を唱えるべき欠陥でもあり、付け入りドコロでもあった!
この精神、奇しくも「ガルパン」と同じです!!アチラの作品でも、母・しほは戦車道を「戦争の予備演習」と
しか考えていなかった。主人公・みほはそうではない、"スポーツとしての楽しい戦車道"を模索し、勝って
みせた。
「遊びごと」が「辛く悲しく不合理な現実」に勝ってみせる瞬間!知能種は、殺し合いを介さなくても互い
を高めあってゆける。"ゲーム""スポーツ"を通じて。ソレを証明するかのごとき、空・白とケモちゃんの手の取り
合い。あぁ、ホント「ガルパン」に似てる(^ω^)。
…本作、コレまでの描写に囚われ過ぎの向きには「結局エルフ族にケモ族の舞台裏をバラすぞ、とフィーを配置
したのはケモ族に掛ける精神的圧迫だけかよ!」とか、「人類種全員を観衆にしたのは"勝利をみせる"以上の意味
は無く、ソッチ方面のシカケでケモどものチートを暴く筋立てじゃないのかよ!」とかお腹立ちの方々もおりま
しょう(笑)。しかし、ソレは単なるアナタの先入観…かも知れません。「その方向で事態を解決するから見てて
くれ!」と空が約束したワケではありませんでした(笑)。まぁ、ミスリードッてヤツ?その「本筋」は、↑上に書いた
通り、「別のトコロ」にあったワケで…。本作、原作未読なのでハッキリとそう断言するコトはジブンには出来ませ
んが…「意図的に読者を"こういう結果で勝つのだろう"という予測に導き、ソレを敢えて裏切ってみせる」手法
で書かれているように見えます。考えてみればコレまでのゲーム、みんなそうでした。「鮮やかに」とは言いませ
ん(笑)が、常に「えーッ!」という意外な(^o^;)方向に転がして来た("意外過ぎる"という感触はありますが(笑))
「白にあんな精神的負担を掛けてまでエルフを手に入れた経緯はどうなってんだよ!結局"結束を強める"とか
言ってただけで、この勝負とはさしてカンケー無かったじゃん!」という疑問もおありでしょう。アタシもそう思っ
ていますが…彼のコトですから、2手・3手先の勝負のコトを念頭に置いていたのかも知れません。原作未読では、
判断出来るのはココまでです。そして、アニメ版本編について言えるコトは…全編面白かったです!
ギャグとイキオイで、原作のアイデアを盛り上げて下さいました!!


Bパート、ケモ族の"全権代理者"・"巫女"さんが現れ、新たな局面へと物語は進みます。もう既に(このアニメ版での)
最終決戦は充分に盛り上がって終わり、テーマも遺憾なく明示されたのですから、ココから先は「エピローグ」
みたいなモンでしょう。で、"巫女"さんは、前もってゲームの勝敗が決し、盟約強制力が施行される前に大陸の
全技術者を引き上げさせていた…技術の継承がなければ、全権委譲したって現在の人類種にはどうするコトも
出来ない…と対処を打ってました。ココまでは抜け目ない処置。しかし空白コンビ側も前もって切り札を切って
おいた…ケモ族の生殺与奪権、"チートのカラクリ"情報を予めエルフ族、そしてその上位序列種の天使ちゃん族
にまでリーク…!たちまちケモ族の首を狙い降下してくる天使ちゃん族。こりゃァ今後のケモ族の命運も空の
手の平の上だ(^四^;)。二手、三手先の読み合い。未来予測で後手に回った方の負け。この辺り(以前に書きました
が)現実の国際外交のようでもあります。…追い詰められ、手負いの獣のように「どうせ殺されるなら盟約を犯し
人類種も道連れじゃ!」とスゴむ"巫女"さんに、空が提案した決着法は…コイントス。人類の歴史上、最も単純な
"ゲーム"でした。「おのれらを殲滅してワシらも死ぬ」と脅されても、あくまで"ゲーム"にこだわる彼の態度に
毒気を抜かれたのか…非常に謙虚に、控え目ともいえる掛け金を提示する"巫女"。どうせエルフや天使にまで
舞台裏がバレたのなら、この国はいずれオワリだ。その前に全国民の生命と、生きるための糧(大陸資源)だけは
保証しといてやりたい。実に天晴れな"女王"。しかし…マジ過ぎですな、彼女も(^血^;)。で、結果は…。空がコイ
ンの着地点を予測して予めズラした石畳の継ぎ目に挟んだ、というのはいかにも出来過ぎ(笑)。ジブンは、コレは
「狙いはしたものの偶然」だろうと解釈します。というのは、この場の彼の本当の"勝負"は、その後の「人類種と
ケモ族の合併」、という諸葛孔明みたいな(笑)提言の方だろう、と思えるから。負けても、依然ケモ族は絶体絶命、
どうするコトも出来ない(彼の庇護を受けるしかない)ですし。本作、このように…なんと2話のジャンケン勝負
から「"ゲーム自体"は問題の中心ではない。その前後の契約トリックや交渉の方が本題」とブレずに
描いて来ました。その"原則"が、今回も貫かれます。
…ココまで来て、まだ本作のそんな"文調"を理解
出来ずに「ゲームの内容ガーゲームの内容ガー」と言ってるようなニブいヒトもいねーだろーと思うんですがなぁ…
まぁ観客は色々様々ですんで、そーゆーヒトは勝手にしやがれ、です…とか言ってたら…うわーッ、ジブンもダマ
サレた(笑)!空がフィーの「記憶消去」という謎の盟約履行を仕込んでいたのは、この時のためだったのか!!
初めから「ケモ族に勝ったその先」を考え、嘘の情報を持ち帰らせるつもりだったのか!!!コレは読めな
かった!!
(読めるか(^へ^;))コレはオセロ勝負でのフィーの獲得、ゼヒとも必要でしたわ!!ああ、ココでやっと
何故あんなに白に重圧を掛けてまでフィーをパーティに加えたのか腑に落ちましたよ。予め(前王から得た)情報
をリークしエルフ国をケモ国に攻め入らせ、ケモ族絶体絶命にしておく。しかし、それと同時にケモ族の護りは
堅持し、エルフには手を出せないままに…いや、それどころか逆に罠にハメるトコまで考えてる(笑)!こりゃもう
"ゲーム"どころのサワギじゃありません(笑)。大国同士の鬩ぎ合いすら手駒に使ってる(^o^;)!…ンで、こんな
コトの運びを受けて、ケモ国"女王"も屈服…ならぬ"懐柔"し…晴れて「エルキア連邦」創立。彼の「本当の目的」は、
コレでした。無血征服…しかも「信頼」と「友情」を勝ち取るコトによって全種族の「結束」を呼んでゆく。しかも、
「この世界の唯一神をブチのめす」とまで言ってのける引き篭もりゲーマー兄妹の、その底知れぬ爽やかな
笑顔。この実に印象的な絵で、本作はいったん終了となります。…何度も何度も言って来ました
ように本作、2期が観たいです。
集まった面子も実に印象深く、しかもそれぞれ有能で使い道が
ある。こんな魅力的な連中の、まさにコレから本番となる活躍、アナタは観たいとは思いませんか。…ラスト、絶対神
テトが仕掛けたこの世界の"存在理由"が明らかにされると同時にタイトルIN、主題歌が流れ始めたトコロで…
結論が出ました。8話の時点で「きっとコレ"傑作"ですわ!!」…と書きました、その結果確認です。
ハイ、ムロン期待通りの傑作でした!!

…ああ、主題歌が終わった後にもまだ続きがあった(笑)。もうお腹いっぱいですよ(^o^;)。ケモ族"巫女"が仕える
"神"は、以前テトと話し合ってたこの世界の「古き神」でした。次から次、「コレでもか!」というイキオイやな~(笑)。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆以下、付記アリ?

=================================================================================================
 

☆週間アニメ御かんそ。6/22~。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 6月23日(月)18時27分7秒
返信・引用 編集済
  ---------------------------------------------------------------------------------------------
☆「ガルパン」関連。

さあ、いよいよ「「ガルパン」の"春"」週間の訪れです!!
ココまで長かった…゚(゚^o^゚)。放映終了時、そして11,12話終章完成から早1年3ヶ月…!
ついに「ガルパン」の"つづき"が拝めます。まァコレ自体は40分位のOVA
で、本番の劇場版は今作ってる最中なんですがね(^o^;)。ソレでもウレシい!オマケにゲームやCD
も出る!この"お祭り"週間を祝わわんで何とする!…というワケで、この機会に
放映版「ガルパン」全話完成から昨年・2013年の動きを振り返って
みたいと思います。コレ、昨今の再放送でハマッた層には御存知で無い
向きも多いでしょう。あんなコトもあった、こんなコトもあった…


---------------------------------------
★1月。「ガルパン」BD初回限定版、品切れ。
「ガルパン」初回限定版は初回のみで、2次生産分からは通常版になる予定でしたが、特装版
第1巻が発売と共にクリスマス商戦の最中にAKBもミスチルも抑えオリコンランキング1位、その後も「出せば
売れる」状態が続き最終的に3万6千枚突破。バンビジュはこの事態に急遽「初回限定
版大幅増産」決定、このアンコールプレス(ファンの呼ぶ"あんこうプレス")がバンビジュショップ限定発売。
アタシは本掲示板でガナッてました。
「下手したらコレ2万超え、いや3万枚まで行くかもよ!コレで11,12
話がスゲー仕上がりだったらマジで手に入らなくなりますよ!後悔しませんよう!後悔しませんよう!」

…と叫んでたのに、当時は誰も信じてくれなかった(^へ^;)。このあんこうプレス分も伸びを見せ(店頭
出荷されないのでオリコンに集計されません)、杉山PDの言では結局、全巻総計30万枚
(1巻辺り5万枚)突破、の結果。

★2月。「ガルパン」ファン辛抱の時。
オフィシャルからの燃料補給は戦車プラモとカラコレ程度しかなかった頃(笑)。ファン達はこの
「空白の3ヶ月」を、それぞれ創意工夫で乗り切ってました。「ガルパン戦車読本」などの同人誌、
ニコなどでもファン動画が頻出。当時張った「この動画面白いぞ!」リンクの内から↓少し拾ってみます。
当時のファンダム盛り上がりぶりの片鱗が窺えますよ。
【某黒騎士中隊の中隊長による大洗市街戦講評:ガールズ&パンツァー】http://www.nicovideo.jp/watch/sm19423538
【ガールズ&パンツァーの戦車道にプロの実況と解説をつけてみた】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19727974
【「ガルパンかるた」にセリフをつけてみた】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19752045
【すたこら戦車道】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19653693
【大長編!ガルパン×総統閣下シリーズ】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20573640/videoExplorer

「ガールズ&パンツァー」・『このファンページがスゴい!!!』シリーズ
【Digirama:IV号戦車J型/タミヤ1/48ミリタリーミニチュアシリーズ No.18】
http://www.ne.jp/asahi/nob/co/tamaki/topd08.htm

★3月。ついに待望の11,12話公開を迎えました。

「12話をTV放映より2日だけ早く観れる!」シネプレックス水戸全8スクリーン/計1566席完全ジャック上映
会開催。予約回線パンク。当選者・落選者で悲喜こもごものドラマが(笑)。オールナイト後、直ちに
大洗海楽フェスタ開催。後にファンに恐れられる「水戸→大洗・死の行軍」の一夜(笑)。本放送完結
後の盛り上がりにバンダイビジュアル、限定版あんこうプレス販売決定。ファン大興奮!!!の1ヶ月間。

★4月。大洗商店街、"ガルパンランド"へ。
鹿島臨海鉄道大洗駅が「祝・大洗女子学園全国優勝」の構内横断幕を掲げ、大洗商店街
"大洗女子学園全国大会優勝記念セール"開催と同時に、かの有名な「ガルパン町中かく
れんぼ」始まる。50体以上もの等身大キャラPOPが商店街各店の店頭を飾り、「ガルパン」メニュー
開発開始、以後、急速に"ガルパンランド"化。この模様はフジ「めざましTV」内で報じられる。

バンダイビジュアル、限定版BD第2巻もあんこうプレス受付開始。ハートフル・タンク・カーニバル
開催、続編(OVA・劇場版)制作発表にファン狂喜乱舞!!

★5月。
マスコミが注目し出す。
「よくわかる!陸上自衛隊 ~陸の王者!日本を守る戦車の歴史~」が秋山優花里の副音声
により音楽・映画・アニメなど他ジャンルを抑えオリコン売り上げ総合首位を獲得。カルチャー・教養DVD
部門の総合首位自体、史上初の快挙。マスコミが注目し始め、フジ夕方全国ニュース「スーパーニュース」
内で『「ガルパン」による大洗復興』報道。サンクス「ガールズ&パンツァー」キャンペーン第1回開催。
華さん盛りハンバーグ弁当・串カツなど。BD売り上げは1週目オリコン初動だけで計3万5千枚台へ。

○ガールズ&パンツァー 【全6巻】
 巻数   初動      2週計     累計     発売日
      BD(DVD)     BD(DVD)    BD(DVD)
 01巻 13,550(**,***) 16,155(**,***) 29,300(**,***) 12.12.21
 02巻 24,733(*1,119) 27,006(**,***) 30,363(**,***) 13.02.22 ※合計 31,482枚
 03巻 23,528(*1,169) 25,828(**,***) 34,176(**,***) 13.03.22 ※合計 35,345枚
 04巻 28,410(*1,541) 32,071(**,***) 34,725(**,***) 13.04.24 ※合計 36,266枚
 05巻 33,450(*1,841) **,***(**,***) **,***(**,***) 13.05.28 ※合計 35,291枚
(1,2巻が少ないのは品切れだから。コレに加えバンビジュ通販のあんこうプレス分で計5万枚となるワケです)

★6月。賞受賞。
TBS報道番組「Nスタ」で計20分20秒、大洗と「ガルパン」特集。「良くわかる!陸上自衛隊」は累計
2万5千達成。大洗"ガルパンランド"が観光庁奨励賞受賞。大洗チームはなんと!この授賞式に、
国土交通省に堂々茨城交通ガルパンバス2号車で乗り付けるという偉業を成し遂げ、この模様
はTBS「Nスタ」で報道!!そんな中、「旅行会社が"さんふらわあ"を学園艦に見立てたイベントを
画策・交渉中」というウワサが流れ…

★7月。お祭りの季節。
「さんふらわあ学園艦化」のウワサは本当だった!!「主役二人と学園艦気分で行こう!北の
大地で一緒に戦車に乗ろう!さんふらわあ夏の「ガルパン」ツアー」開催!アタシも参加出来ました!
http://6115.teacup.com/u_saku/bbs/2527
http://6115.teacup.com/u_saku/bbs/2528
http://6115.teacup.com/u_saku/bbs/2530
この↑学園艦さんふらわあ帰着に合わせ、母校大洗で海開きカーニバル開催!10式戦車展示!
訓練支援艦てんりゅう寄港展示!一日艦長:中村桜!渕上舞・中上育実・中村桜トークショー!…と、
暑い暑い夏でした!
また米国最大のアニメコンベンション"ANIME EXPO"ではファン手造りⅣ号展示!!実際に動くぞ!走るぞ!

動画→ http://vine.co/v/hW7PWDa9QwU https://vine.co/v/hW7xxxFdVKZ
バンプレスト「ガールズ&パンツァー」一番くじ第1弾、発売非売品のC賞・ドラマCD入手にファンの悲鳴の嵐。

★8月。
大洗盆踊りの夕べにて、あんこう音頭大会実現!えーッ!本当にやるのーッ(笑)!でも大盛況!
同じく大洗ホテルではリアル・エンカイ・ウォー開催!バンビジュショップで「ガルパン」スタッフ同人誌期間限定受注
販売。「とりあえずゴールしました皆さんお疲れ様でした本」「ミリタリーワークス集」「総作監
のお仕事集」の3冊。これと前後し「アハトゥンク」「コンプリートブック」「アルティメットガイド」など「ガルパン」豪華本
の出版が重なりましたが、アタシにとっては未だにこの3冊が宝物です。

★9月。茨城と「ガルパン」。
茨城知事選:「ガルパン」・みほの声で投票呼びかけ!投票所で有権者に「ガルパン」ティッシュ6万枚配布!
http://youtu.be/45-m2bXU-XI (←いばキラTVより)
Twitter「ガルパン」公式アカウントで杉山Pが「既に6人程のガルパン・ファンの方がガルパン好きが高じ
大洗町に転居」と明かす(笑)。 https://twitter.com/garupan/status/376343918134050819
東京ゲームショウ2013にて「World of Tanks×ガールズ&パンツァー」カーニバル開催。4日間丸々「ガルパン」
声優、計7名出ずっぱり。「ハートフル・タンク・カーニバルディスク」発売。特典ピクチャードラマで「ガルパン」成分補給。

★10月。戦車マニア作家援護砲撃!
TOKYO-MX「ガールズ&パンツァー」再放送開始。ついで、年末にはBS11、スカパーで全国放送開始。
同時に少年ジャンプ「こち亀」が堂々6Pに渡って「ガールズ&パンツァー」紹介ネタを展開!!(笑)(笑)

2013アニメーション神戸賞・作品賞(グランプリ)は「進撃の巨人」。
同時に水島努監督が「ガールズ&パンツァー」他で個人賞(監督賞)を受賞!

★11月。絶頂の祭り。
11/17大洗町あんこう祭、参加者10万人。大盛況!!!!

解像度悪いですが写真↓画面左奥、出店テントが続く彼方までヒトがギッチリです。

商店街痛車コンテストなど異常な盛り上がり!この模様は日テレ夕方ニュースワイド・「every」で報道。
アタシも行きました。コーフンして↓レポート書いてますんで、読んでやって下さい。
http://6115.teacup.com/u_saku/bbs/2612
この祭りに合わせ、商店街の金網屋さんが"ANIME EXPO"に負けじと(?)、3/4Ⅳ号製作!!
軽トラの上に鋼鉄製のボディを被せ、なんと↓自走します、コイツ!!!

ココまでやるか大洗地元商店街!!(^四^;)

★12月~
サークルKサンクスにて「ガルパン」キャンペーン第2弾開催!!今度は全国!!カツ丼・ハムカツドーナツ・
カツバーガー・ボルシチなど脂っこいメニューばかりで胸焼けしつつも「ガルパン」ファン、オマケシール集めに
奔走!!少し空けて、今度はバンプレスト「ガルパン」1番くじ第2段発売!!ムロンC賞はドラマCD…!
同時にクレーンゲ-ムプライズも新ラインナップ登場!散財!散財!…でも今「ガルパンの"春"」を迎えて
の大型商品ラッシュよりは、思えばまだまだマシだった…(^o^;)
---------------------------------------------
色んなコトがありました…実に、色んなコトがありました。アタシにとって実に感慨深い、「ガルパン」
漬けの1年でした。そして今季節は巡り、新たな「ガルパン」が始動しようとしています。
「ガルパン」ファンの方々は、ゼヒ御一緒に楽しみましょう。再びココより始まる、新たな1年に向けて。


---------------------------------------------------------------------------------------------

☆週間アニメ御かんそ。6/22~

6/24 19:00、付記。
☆「ラブライブ!」
このタイトルに関しては、モハヤ「作品の内容」はカンケーありません(笑)ので、別のおハナシを。
いやァ、ビックリしました(^o^;)。「進撃の巨人」も「まど☆マギ」も「化」も平伏す深夜アニメ初動最高枚数達成、
おめでとう御座います(笑)。8万2千はスゴい(^血^;)!こりゃかないまへんわ(笑)。完敗です。「ラブライブ!」様、
今までイヤミな(笑)言い方してて済みませんでした!…なんて付和雷同はしません(笑)。冷静に分析です。
先週も「「アニメを評さない層」「普段物語性のあるアニメなんかより、アイドルや声優の追っ掛けに忙しい層」など
を客層にする上では、失敗の可能性を極力排した非常に効果的ヤリクチでしょう」…と申し上げた通り、
この"タイトル"
("作品"とも"商品"とも呼びません)に関しては、「良い作品」とか「面白い物語」とかを遠く
越えた、別の次元の顧客ニーズとソコへの的確な訴求力で売れたモノと思われます。あるデータを某所で
見たので、ジブンも↓見て来ました。8万2千売れた本商品の、とあるオークションでの現在
(6/24)の実勢価格。

あ~、古い例えで言えば「ビックリマンチョコ」だ~(^血^;)。みんな中のシールが欲しくて、主商品である
チョコの方を捨てちゃう(笑)。
イベント申し込み券有る無しでガックリ下がり、さらに何だか知らないけど
"ラブカ""スクフェス"とやらの欠品で、ドンドン価格下がってくみたいです(^へ^;)。
こんなコトは、40年もこの国が生み出して来たTV産業をウォッチし続けて来たモノにとっては、別に意外とは
思えません。昔の作品でも「作品の質は平凡なのに、玩具だけ爆発的に売れた!」…なんて椿事は良くありました。
その場合は「作品はカンケー無く、その"玩具"が客層児童のニーズに超ツボヒットした」と見るべきでしょう。
まぁ、そんなこんな言ってても、取り敢えず「アイドル産業」ならば売れちゃったモンの勝ち。アニオタが「良い
作品だー」だの「面白い作品が観たい」だの言ってるのなんかと遠く離れた、縁もゆかりも無い地で局所的集中
豪雨的な「アイドル産業」で収益を上げられちゃ、こちとら口をあんぐり明けて見ているだけですわ(^四^;)。
アニメ産業にもAKBの秋元商法のように「瞬発性イベント」が入って来た、ってコトでしょうね。ソレだけは間違
いないと思います。そして、そんなAKBの際立った売り方は「同じ商品を一人のファンに10枚、20枚と買わせる」
作戦。さらに、同様の"アイドル産業"…と来れば、バンビジュはAKB商法を研究し尽くし、上手くアニメに持ち込
んだなぁ、と感心するべきトコでしょう。
みんな、「ハマリにハマッてオオサワギ出来るモノ」を求めていた。世間の評価など関係無い。「良い」も「悪い」も
無い、作品の質も価値も関係無く、「その時だけ爆発的に盛り上がる"祭り"」に酔い狂いたい。そんなニーズは、
確かに渦巻いていた。そしてそんなエネルギーは、誰にも止められません。ココでジブンとしては、「あぁ、そんな
層が雪崩れ込むのが少なくともKADOKAWA商法などで良かった、ちゃんと世に認められる"アイドル産業"で良か
った!(^o^;)」…と胸を撫で下ろしてる、なんてトコでしょうか(笑)。毎週書いて来た通り「ラブライブ!」のスタッフ
諸氏は頑張られて来ました…いやァ、あの構成はそーとーにアレ(^へ^;)でしたけど…まぁ、演出以下の工程で
は、少なくとも毎回観客の「胸を打って」は来ました。ソコの仕事振りに関して文句を付けたコトは一度もありま
せんし、その部分は「ちゃんと芝居になってる」「京極監督らしい、真摯なお仕事ぶり。情動喚起技術もカンペキ」
「3DCGと手描き部分が手品のように交錯するライブシーンは圧巻」と、毎週拾ってきました。
業界にとって「ヒット作」は必要です。それが「悪くない」作品であるなら。
そして「"悪い"作品ではない」とは、毎週書いて来たコトです。"アイドル産業"ですもんね。


しッかし、こんなモノに出られちゃ普段ココで「イイ作品だよ!」なんて推してて6千売れた、8千売れた、なんて
やってる「物語性や作家性のある作品」の論評が児戯にも等しい行為になっちゃうのもまた、確かで…(苦笑)。
あ~あ。ちょっと、他の作品に対し御かんそ書けるかどうか怪しくなって来ました。観て、感銘を受けるかどう
かによります。とにかく、あたしゃ今は「(遅く来た)"春"の「ガルパン」祭り」一本槍ですわ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/25 21:10、付記。
「ガルパン」PS-vitaゲームと絵コンテ集の到着が意外と時間かかってるようなので、この隙に他のアニメさん
の御かんそ進めます。まず、↓この作品。コレにはゼッタイ決着を付けておかなければなりません…。
●「一週間フレンズ。」・12話
済いません、アタシ前回の御かんそで間違えました。そもそも予約登録の時に、登録ナンバリング間違えてた。
今回の12話ででオワリみたいです、本作。さて、ではどんな結末を迎えたのでしょうか…。
アヴァン。自分がどうして放置され、独りきりになってしまったのか理解出来ない藤宮、将吾に相談します…。
観客はまず、この時点で「苦労しているのは藤宮自身だ」というコトを再確認しておかなければなりません。
考えてみて下さい、ある店でバイトするとする。しかし1週間で、その間に身に付けた事を全て忘れてしまう。
仕事の内容、テクニックなど、土曜日に書き溜めた「補助記憶」を月曜に読み直し、再び仕事に向かわねばなら
ない。それが日を追うごとにどんどん溜まってゆく。でも、やらなくちゃ…しんどい。その苦行をやってのけて、
やっと人並み。最初の内は「義務感」だったでしょう。しかしその内に、仕事の楽しさも覚え、やり甲斐も出て来
た。金曜に「なんとかこの"備わったもの"を書き留めなくちゃ!」と焦れば焦るほど、月曜に読み返す「宿題」は
溜まる。失いたくない。嫌だ。しかし翌日には、やはり失ってしまう。「どうして私のこの頭は、こうなんだろ…」。
この子も、そうやって何度泣いたことでしょうか。しかし一方、長谷もそれは同じです。彼は、もう数え切れぬ
ほど彼女の記憶の中の「自分」を"殺されて"います。そのたびに「はじめまして」からやり直して来た。しかし
今回は、もうさすがに…「精も根も尽き果て」て当然でしょう。犬が、「ご主人様、大好き!」と駆け寄るごとにムチ
で打たれる姿を想像してみて下さい。でもその痛みに耐えれば、ご主人様も「好きだよ」と返してくれる。判って
来た…と思った矢先に、全力で蹴られた(笑)。脅えてしまって当然。さて、そんな二人に希望は見えて来るので
しょうか…。藤宮に近付けなくなった己の罪悪感を誤魔化すため、一条との距離を詰める長谷。代償行為でも
あり、"同類"を得ようとする欲求でもあり…。一方、沙希もまた将吾を避け続け…コチラは"カワイい"範疇の
問題なので、比較的簡単に決着はつきます。将吾が(たぶん意図的に)放ったキツい言葉にケツを蹴り上げられ、
泣いて本音をブチまける沙希。「旦那さんになってくれたらイイなー♪」なんてフザケ半分に甘えていた、彼女
の子供期の終わり。どうするのか。先へ進むのか、離れるのか。求めるなら、ATフィールドに弾かれるのを恐れては
ならない…あはは、メルヘンチックに描かれた「エヴァ」ですね(^四^;)。この子も、まさに"仔犬"だ。徹底的に
カワイく描かれます。まさか最後のシメのセリフが「loger!」になるとは思わなかった(笑)。

一方、長谷はすっかり萎縮してしまい、「問題なんて最初から無かった。俺が藤宮さんに近付こうとさえしなけ
れば」…と逃げ回るのみ。ああ…ジブンの見たトコでは、今まさに目の前で展開されてるシチュエーションこそ
『「一週間フレンズ。」の本編』ですわ…。コレまでの11本はココまで観客を連れて来るまでの、長い長い
"導入部"だった…として差し支えないと思います。で…。共に寒さに震える長谷と藤宮、出会わなければ。チョ
ッカイかけなければ、共にこんなに寂しい思いをする事も無かった、と描いておいて…たっぷり尺を残して、
Bパート。寒い暮れの日。何かを求めて二人の「補助記憶」が置き去られた、あの河原へと来る長谷。おおおお、短い
秒数で叙情性を出すために映画的な象徴モチーフを使われますか!コレが「映画監督のおシゴト」ですよ!
「のんのんびより」1話を観て「あ、コレは単なる萌えモノとは少しだけ違う!」と判断したのも、こんなトコです。
あの1話アヴァンは「映画」になってました。本作も、背景が語ります。暗く淀んだ川の流れの上、吹きすさぶ木
枯らしの中に離れて立つ、2本の吊橋の柱塔。永遠に寄り添わない、2本の柱。映像作品でお馴染み"橋"のモチー
フですね。この橋を渡るのか、引き返すのか。行った先に何があるのか、ここからは冬靄で見えない…。そこへ
現れる藤宮。以前、本作御かんそで「女は"運命のように巡り合う"の好きね~(^血^)」と書いた、あのシチュエー
ションです。そんな"少女マンガらしさ"も、本作では…藤宮に堂々「もしかしたら長谷君に逢えるかな、なんて
思ったんだ!」ナドと夢のようなセリフを言わせちゃうコトにより、敢えて"強調"してみせ説得力を醸します。
「そんなものにも縋りたいほど、女は"必死"なんだ」という「行外の意」(?)のようなモノを感じました、ジブンは。
そして…「休みは旅行」のウソが白昼に曝され(笑)、共に「ウソついてやがった、コイツ!」と悟りつつも(長谷の
溜息交じりのセリフニュアンスに現れてます)、それでも接近する男女。厳しい北風が、細々とした建前を払い
退けて二人の背中を押します。二人が「一緒に歩こう」と決める直前、あの、「ノートが置き去られた河原」へと
目を向ける彼らの視線が、TVの前の観客を見返すショットで撮られている事に注目。句読点のように尺を置い
て…。ココからは、まさに「映画的芝居」。藤宮の「長谷君が友達になろうと言ってくれなかったら…きっと今も、
私は独りだったと思うの」というセリフの間の、泣くのを堪えるような芝居。駅前に来て、「彼女がどこに向か
おうとしているのか」察し、思わず「帰ろうか」とひるむ長谷。しかし今回は、コレまでのしがらみを振り払うか
のように…彼女から正式に「クレープ食べて行きませんか」の申し込み。アヴァン、将吾に諭された「お前も苦労
しているが、苦労してやっと"一人前"なんだから、その先へ行かなきゃだめだ」という応援への回答であると
同時に、階段の踊り場での、沙希の泣きながらの告白と"対"になっている事もモチロンですが…この誘い、長谷
が1週間ごとに繰り返して来たあの言葉への"返答"ですね。「初めまして。友達になってくれませんか」「クレー
プ食べに行きませんか」。ごくフツーの思春期男女の「始まり」に交わされる言葉です。共に障害を持つ(笑)二人
には、そんなごくフツーの「出発点」に立つまで、ココまでかかった。この「並んで座ってクレープ食べる」までの
道程が、いかに長かったコトか(笑)。「長谷君には心配させちゃったから、少しでも安心してもらいたかったの」
という藤宮の言葉は、彼女が「歩き出した」コトの証明。コレまで、彼女の返答は「有難う」「有難う」という、受身
の感謝だけでした。それが初めて、「長谷君を安心させたい」という温もりが、彼女の方から発せられた。思わず
涙を堪える長谷。この二人、コレまでの膨大な紆余曲折を通じて、他の者には無い「得たもの」があります。それ
は…言葉を掛け合い、ご破算し、仲良くなってまた振り出しに戻り…して来た間柄だからこそ、こんなフツーの
「初めてのデート」なんて日常の一コマを強烈に、ビビッドに享受出来るコト。ある程度「夫婦のような」気心の
知れた仲になってから、この「初めての儀式」に挑めるなんて、まさに「少女マンガの描く"理想"」ですね(^血^)。
この初デートに至るまでに、コレまで互いに遠くから様々なコトを受け渡しして来た。その多くは藤宮の脳の
霧の中に消えてしまったけれど、互いの「肌身の触れ合い」の感触だけは残っている…「このヒトは"他人"じゃ
ない」と。別れ際、二人の間に空いた"距離"の中に、明確に長谷が踏み込みます。そして…クライマックスは神社
です…ここで感極まって泣き出す藤宮。↑冒頭で書いた通り、苦労してきた彼女。土曜日を迎えるたびに「もう
いや!こんなこと、いつまで続くの?私の一体どこがいけないの?」と咽び泣いたのも、一度や二度ではないで
しょう。ついに長谷の前で号泣。「もうどうしたらいいのか分かんない!」。…私は忘れてしまう。楽しかったこと
も、いとしい人のことも。でもだからといって独り切りはもっと嫌だ。私はあなたの傍にいたい!明確な告白。
「どうしたらいいか分からない」イコール「私は全てを明かした。貴方が好き。後は、肩を抱くなり切り捨てるなり
貴方のジャッジメントプリーズ」。そんな決断を委ねられ、長谷も一念発起。「もっともっともっと友達になり
たいんだぁ────────!!」の絶叫で大笑いしちまった(^血^;)。毎週書いて来ましたが、あぁなんとカワ
イラシい作品(笑)。でも忘れないで下さい、コレは「寓話」です。元来夢多き"少女マンガ"である上、この最終話
はそんな少女マンガの「素材」を使って様々な"寓意"を盛り込んでいます。特に橋の上、互いに己を守る"嘘"を
抱えながらも、寒さに接近せざるを得ない男女の姿がイイですね。この最後の絶叫でも、「藤宮さんの傷付く姿
を見たくなくて」とのセリフとかは、半分嘘です。自分が傷付きたくなかった。しかしソレは同時に「離れかけた
のは嫌いになったからじゃなかったんだ!」と打ち明ける謝罪にもなっていて。答えは「長谷君の笑顔は、やっぱ
り安心するね」。以前に言っていたセリフの回答ですね。
ラスト、長谷の「だから俺たちは繰り返す…何度でも、何度でも」というセリフは、この2人の事だけじゃなくて
…世に溢れる、ケンカして別れてを繰り返す全ての夫婦・カップルの暗喩のようにも受け取れます。「男女関係」
というものをミニチュア、"箱庭"のように象徴化した作品、とも受け取れますかも。ED「奏」をフルコーラス、たっぷり
聞かせた後は…エピローグ、長谷が日記を付け始めました。藤宮が重ねている"苦労"そして"宝物"を、自分も
共有しようと。
「一週間フレンズ。」、ラスト、この12話だけ本編とは別の、一本の「短編映画」として締め括られました。まだ原作が連載中である事からの配慮だと思います。とはいえ、多少なりとも決着付けられたのは将吾&沙希ペアだけ
で、九条は出しただけ…11話分は原作通りに進め、最後の1本だけ番外編的なアニメオリジナルでシメる、とい
う"シリーズの不連続感"は出てしまいました…が、コレは"最善手"でしょう。原作を大事に思うなら思うほど。
そして、この22分の「短編映画」にはアニメ版制作作家側の「行間の意」や「含蓄」が多分に含まれてました。11話
までは丹念に原作を再現し、この12話だけは一本の独立した「映画」としてアニメ制作側の思いのたけをこめる
…もしこの「短編映画」がヘボヘボな仕上がりだったら決してやっちゃならないコトですが、見事に味わい深い
一本になってたので、胸を張ってアリだと思います。まぁ、まだ連載中の作品を無理やりシメたり尻切れトンボ
にしたりせずに「番外編」で処理しておけば、まかり間違って2期が決まっちゃったりしても、その「番外編」は
「OVA扱い」としてそのまま続けられますかな?…そのように、ドラマチックではなく、静かに閉じられました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================
 

☆週間アニメ御かんそ。6/19~。

 投稿者:ゆ~さく  投稿日:2014年 6月20日(金)16時03分59秒
返信・引用 編集済
  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆「ガルパン」関連、特別。重要情報!
やっと、やあぁ~ッとOVA「アンツィオ戦です!」上映開始記念舞台挨拶の公式日程が発表
されました!!抽選はやはり、チケぴの模様。ああ、思い出される、あの水戸オールナイト
全国最速12話公開イベントチケット争奪戦時の興奮…!!しかしまァ、今回のコレは単に声優さん
の舞台挨拶ッてだけだから、「選ばれたヒトしか劇場に行けない」あの時よりは、ずっとプレミア
感ユルいんですがね。むしろ東京では↓最速で舞台挨拶のあるバルト9を、敢えて避けて
池袋か日本橋の朝一も狙い目かもね…ッて、オレ土曜日は通院日じゃん!!よーし治療日変更
申請出すぞー!!
(何のために舞台挨拶無しの初回上映を狙ってるのかは、高度な情報戦なのでヒミツ(笑))

【OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」舞台挨拶日程・詳細決定!】
http://girls-und-panzer.at.webry.info/201406/article_8.html


【実施日】 7月5日(土) ===================
実施劇場:新宿バルト9
(http://wald9.com/index.html)
実施時間:9:30の回上映終了後/11:20の回上映開始前 【Pコード:553-198】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、茅野愛衣(武部沙織役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、
       井口裕香(冷泉麻子役)
--------------------------
実施劇場:シネマサンシャイン池袋(http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/ikebukuro/)
実施時間:12:00の回上映終了後/13:50の回上映開始前 【Pコード:553-199】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、茅野愛衣(武部沙織役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、
       井口裕香(冷泉麻子役)
--------------------------
実施劇場:TOHOシネマズ日本橋(http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/073/TNPI2000J01.do)
実施時間:14:40の回上映終了後/16:45の回上映開始前 【Pコード:553-200】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、井口裕香(冷泉麻子役)
--------------------------
【実施日】 7月6日(日) ===================
実施劇場:梅田ブルク7
(http://burg7.com/index.html)
実施時間:9:00の回上映終了後/10:45の回上映開始前 【Pコード:553-202】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、吉岡麻耶(アンチョビ役)
--------------------------
実施劇場:伏見ミリオン座(http://www.eigaya.com/theater/million/)
【実施時間】 13:10の回上映終了後/14:55の回上映開始前 【Pコード:553-201】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、吉岡麻耶(アンチョビ役)
--------------------------
【実施日】 7月19日(土) ===================
実施劇場:MOVIXさいたま
(http://www.smt-cinema.com/site/saitama/)
実施時間:9:50の回上映終了後/11:40の回上映開始前 【Pコード:553-204】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、吉岡麻耶(アンチョビ役)
--------------------------
実施劇場:シネプレックス水戸(http://www.cineplex.jp/mito/index.html)
実施時間:15:00の回上映終了後/15:30の回上映終了後/16:50の回上映開始前 【Pコード:553-203】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)、吉岡麻耶(アンチョビ役)
--------------------------
【実施日】 7月20日(日) ===============
実施会場:大洗町文化センター
(http://www.town.oarai.lg.jp/viewer/office-division-20_3.html)
実施時間:10:00の回上映終了後 【Pコード:553-205】
登壇者(予定):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)
===========================
【舞台挨拶チケット料金】 1800円(税込)
【チケット販売】 「チケットぴあ」にて販売
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様2枚までとさせていただきます。
【販売スケジュール】
◆先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
6月21日(土)AM11:00~6月27日(金)AM11:00まで
・インターネット購入:http://pia.jp/t/glpan/ ※PC・モバイル共通
※抽選結果は、6月27日(金)夕方となります。

※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要となります。

◆一般発売
6月28日(土)AM10:00~
・インターネット購入:http://pia.jp/t/glpan/ ※PC・モバイル共通
・店頭直接購入:「チケットぴあ」店舗/サークルKサンクス/セブン-イレブン
・電話予約:0570-02-9999
-------------------------------------
☆7月20日(日)追加情報☆
上記の通り、20日は作品の舞台・茨城県大洗町にて舞台挨拶付きのイベント上映を実施し、
その後下記のイベント実施を予定。

<「大洗曲がり松 100円商店街」トークショーを実施>

同日に実施いたします、曲がり松商店街で行われる「100円商店街」にて、キャストトークショーを実施予定!
その他大洗町では、商店街以外にも様々なイベントを実施予定です。
<「水戸ホーリーホック×ザスパクサツ群馬」戦にて、トークショーなどを実施>
今期本作品がスポンサードしている、サッカーJ2リーグ「水戸ホーリーホック」のホームゲーム「ザスパクサツ
群馬」戦において、トークショーなど様々なイベントを実施予定です。
場所:ケーズデンキスタジアム水戸 http://www.mito-hollyhock.net/guide_stadium_ks.html
登壇者(予定/共通):渕上舞(西住みほ役)、尾崎真実(五十鈴華役)、中上育実(秋山優花里役)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
抽選申し込み開始は、もう明日の土曜日!!!!この辺りは、毎度のことギリギリやな~(笑)。
まぁ、1日期限で、10日後に迫った北海道旅行を決断し申し込め!…なんてムチャ(^血^;)よりはマシですがね。
お、↑よく見るとシネプレックス水戸では15:00の回と15:30回、2回重複して舞台挨拶がある。2スクリーン以上
の体制みたいですね。あの、シネコンを全館ジャックした12話全国最速上映オールナイトを再び、ですか!ああ、
春の海楽フェスタや秋のあんこう祭にキャスト陣呼ばれるのは恒例だったけど、商店街の100円縁日が
声優さん呼ぶ
ッてのは初の試みですね!!色々とニギヤカになって参りました。楽しみですね~(*^ω^*)。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
---------------------------------------------------------------------------------------------
☆「ガルパン」関連、一般。
☆さらに。あともう数日でCDドラマの方も発売ですが…コチラも詳細がそろそろ入って来ました。
【ドラマCD ガールズ&パンツァー ドラマCD2 もうすぐアンツィオ戦です!】
http://www.animate-onlineshop.jp/pd/1263243/

イベント上映に合わせて、TVシリーズとOVAの間をつなぐストーリーが待望のドラマCD化!
サンダース高校戦とアンツィオ高校戦の間で大洗女子高校に何が起こったのか!?
このドラマCDを聞けばOVAがさらに100倍楽しめる!

≪収録内容≫
【Episode1】 もうすぐアンツィオ戦です!
01. 2回戦に向けて
02. 大洗女子学園栄養科の実力
03. アンツィオってどんな学校?
04. デザートタイムはポジティブに
【Episode2】 アルバイトです!
05. 決勝前の誤算
06. 三村時計店
07. ジョイショップタグチ
08. 江口又新堂
09. 黒澤藤右衛門商店
10. 丸五水産
11. ウスヤ精肉店
12. 大洗ホテル
13. 自動車部の校外活動
【Episode3】 不肖・武部沙織のイタリア料理講座
14. 不肖・武部沙織のイタリア料理講座
ぎゃー(笑) ま、また随分とマニアックなちゅーかローカルなネタで来たモンだ、【Episode2】!
「ガルパン」ならではですね(笑)。「らき☆すた」が鷲宮で、「たまゆら」が竹原でコレやろーとしたって出来ない。
「たまゆら」はマジ作品なので作品世界がコワレちゃうし、「らき☆すた」はココまで地元商店のキャラが立って
ない(笑)。「ジョーダンだよ、ジョーダン。ジョーダンでココまでやっちゃうけど!」と金網屋さんが鋼鉄製自走戦車まで
作っちゃう(笑)「ガルパン」のノリが、二次元と三次元の融合を困難で無くしてるんでしょう。「ガルパン」&大洗
の聖地化成功って、こういう「シャレ」の部分が大きい、とは当初から言われてたコト。大洗の方も「えーッ!シャレ
でココまでやっちゃうのー!?」
…というノリが身上でしたからなぁ。「ガルパン」観て楽しくなったファンと
住民のウカレサワギ。そんな側面がありました。最近になって「ガルパン」観た、って層はワケワカメかも知れま
せんがね(^o^;)。一度でも大洗に行ってみれば判ります。それにしても、なんで↑上のラインナップには金村工業さん
が無いんだ。自動車部が助っ人に行ったら、時速80kmで躍進射撃も可能なスタビライザー付きⅣ号とか作れそう
じゃないか!(笑) まぁ、ソレを言ったら大洗のシンボル・肴屋本店さんも無いけど…丸五水産さんと被っちゃうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/21 19:40、付記。
「アンツィオ戦」↓先行予約受付開始です。
http://pia.jp/t/glpan/


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★と、同時に「月刊戦車道」第3号も届いちまったあぁぁぁぁ。(゚^o^゚)゚。
仕方が無い、待ちに待った「ガルパン」の"春"の到来です。
本掲示板はコレより「ガルパン」全力応援体制に移らせていただきます!

春季アニメの締め括り御かんそは、少々遅れる場合が御座います。予めご了承下さい。
さぁ読むぞー!!
…あ、同梱で大洗大使のカードが入ってた。"ギャグ力"大洗マーク5つでMAX!なんだって
(笑)。じゃあ、水島監督のカードが作られたら、ギャグ力は一体いくつになるんでしょ(^o^;)?

●"乙女達の戦車道ライフをサポートする専門誌"「月刊戦車道」増刊第3号

●グラフィック・イン・アクション
毎度の巻頭グラビア。今回は5話、偽装陽動にはっきゅんで引きずる丸太を束ねてるバレー部の姿、と来ました。
アヒルさんチームの活躍は9話からなのに、ココで使っちゃうの?…という気もしないでもないですが、コレは
「本編には出なかった試合中の一コマ」を収録するのが狙いですから、コレでよろしいのでしょう。「ココから
アヒルさんチームの活躍が始まる!」のキャプションが効いてる。次号はやっぱりプラウダ戦なんでしょうね。
やっぱ「雪の進軍」偵察行かな?それとも廃屋教会の中で毛布に包まってる図かな?

●ライバル校研究/アンツィオ高校/BC自由学園/ヨーグルト学園
今回はOVA「アンツィオ戦」直前(^o^)というコトもあり、堂々の巻頭特集でアンツィオにセマります!1行目から早速、
コレまでは「北関東のどこか」としか語られてなかった学校所属地は栃木県、学園艦母校は清水港を借りてる、
などズバズバ特定が来ます(^ω^)!静岡・愛知からの入学者も多いんだって。うん、あのガラの悪さ(笑)は北関
東とゆーより、どッちかッてっと中部寄りかな、と思ってた(笑)。…おお!カルパッチョとペパロニは栃木出身だ
けど、アンチョビ自身は愛知県からの越境入学なんだって!やっぱり!あの子は実家に帰れば「だぎゃあ」とか
「うみゃーでかんわ」とか言ってる姿が似合うと思ってた(^四^)!無論、学校ではイタ飯食ってても、家に帰れば
味噌に手羽先にあんこパスタな!あはは、あのスペイン広場みたいな華美な建築様式も学園艦をイタリアテーマ
パークにしてるからなんだって。やっぱハリボテか(笑)。小遣い稼ぎの露天も立ち並ぶそうで、ああ、行ってみて
えなぁアンツィオ艦イタリア村。しかし、やっぱヒデぇなぁCV33て…戦闘操縦席の箱に、剥き出しのエンジンルームの
箱くっ付けただけじゃん(笑)。ダ・ヴィンチやミケランジェロの国なら、もー少し何とかならなかったんかい!
続いてはBC自由とヨーグルト学園。ンにしても"ヨーグルト学園"ッてヒデえ名前だなぁ(^へ^;)。制作当初は単に
対戦表の穴埋め程度のアソビだったんでしょうけど、ソレがこんな記事にもなるなんて、当時は思いもよらな
かったんでしょうね(笑)。で、BC自由は前号のダーちゃん小説でも書かれた通り。主導権争いに派閥闘争ばっか
やってるそうで。自由の女神が泣くぞ(笑)。で、ヨーグルトの方は…へえ、意外。ムロン畜産校だけど、工業力も
悪くない…でも結局農耕動力器具と戦闘車輌と見境つかない、とゆー辺りはお国柄なんでしょうね。

●不肖・秋山優花里の戦車講座・第2回
引き続いては、世界の「豆戦車」特集というコトで、アンツィオ主力のCV3/33などの詳細!!!二次大戦当時のイタ
リアは、何であんなショボい豆戦車とかで戦ってたの?…というミリ知識の常識を、事前にファンにも浸透させ
ておきたいんでしょう。あー!この項の筆者は糟谷富美夫氏で間違いないと思うんですが、サスガ理路整然とし
たスルスル頭ン中に入ってくる名解説!そーか、一次大戦後の財政難と追い討ちの世界恐慌で、重厚長大兵器を
背負える経済力がなかったのか!そーいや日本も重量級の90式から高電子化・軽量化の10式に切り替えた矢先に
大幅予算削減で、その10式もタイヤ型の装甲車輌に切り替えられつつありますね。不景気やな~。で、そんな"準
戦時下"だった大戦前夜にはベストセラーとなったものの、「大砲と装甲の大インフレ」(本文表現ママ)となった大
戦では活躍の場を奪われていった…と。一時大戦と二次大戦の間に咲いた仇花的ヒット商品ですか。確かに単純
な歩兵戦での小競り合いには、こーゆー対歩兵装甲車輌は非常に有効でしょうもんなぁ。占領地の哨戒なんかに
は持って来いでしょう。でもソレも、対戦車ライフルやRPGが開発されちゃあ無用の長物…でも無いようです。
へー!最近では小型軽量なTOWミサイルランチャーなどを搭載したウィーゼルとかが返り咲いてんだって!でも
やっぱり、正面からの大戦争が始まっちまっちゃ、ソレもどうなるか判ったモンじゃありませんなぁ。無人偵察
ドローンとかの方が戦果挙げてるご時世でもありますし。やっぱ、カネと国力のある方の勝ちでしょ。ソレだけは
いつになっても変わらない。「小国が大国に勝てる」なんて無根拠に思っちゃうヤツがアホ。

6/22 8:00AM、付記。
●連載小説「聖グロリアーナ女学院×黒森峰女学園への道」・第3回
さて、押しも押されぬこの本の目玉。今回の描き下ろし挿絵は大判3枚!大洗×サンダース戦観戦のダーちゃん
ペコちゃん、被弾し白旗の挙がったニルギリ車のマチルダと、最後はダーちゃんのアップ。ニルギリ、カワイい
なぁ(^o^)。"学級委員"タイプね。この時点ではまだ、ぽけーとしたペコちゃんの表情もイイ!ソレに対しダー
ちゃんは大洗の実力を確かめようと興味深げ。コレが後には固唾を飲んで応援するペコと、そんな彼女を微笑
ましく見やるダー…なんて図に変わってゆくんですよね、彼女らも(*^ω^*)。みんな変わった、この物語を通じて。

で…物語内容の方は、そんな大洗×サンダース戦観戦中の二人にグリーンからの密報が…。2回戦対戦相手・ヨー
グルト学園の情報。おおッ!著者の鈴木貴昭氏、同じく担当される↑巻頭の「ライバル校研究」の方と記事内容を
連動させてる!コレだからこの人の書くモノは「ほんのちょっと触れた横道」に見える記述も見逃せないわ!
近年、Ⅲ突やⅣ号など、大洗にも似た戦力を蓄えつつあるヨーグルト…ふむふむ、ソレは「連盟が戦車道の推進
に本腰を入れて来た」(ファンならトーゼン御存知の通り、この時点の日本の国策)コトによる各校間の取り引き
活性化が原因、なんだそうで。おお!この対戦校戦力増強に対し、聖グロ側にも「まだ実戦投入出来ない新戦力
が存在する」と臭わされた!最終ラウンド・黒森峰戦への布石ですかね?ついでに「大洗にも似た」戦力を補充
しつつあるヨーグルトとの対戦では、ダーちゃんが感じるだろう「乗員の資質の違い」などに話が持っていかれ
るんですかね?イイ表現もありますねえ。「"無いものねだり"をするために戦車道をしているわけではない」。
この精神、昨今の自暴自棄な体制で制作に臨むアニメスタジオとって耳が痛い一言でもあるかも知れません…。
「ガルパン」は勝つべくして勝った。なに?スケジュール破綻と放映延長?アレも作戦のうちだい(笑)!…てなハナシ
はともかく、あ、興味深い記述も。「M4の不整地走破速度は30km、Ⅳ号は20km」…なんて二次大戦当時の実車そのまま
のスペックが出て来ました。ナルホド、「設定考証」としては、あの本編で戦車が演じるキチガイじみたスピードは、
あくまで"演出"、「印象を描き表わした"誇張表現"」の域に留めたいみたい?そりゃそうでしょう。ミリオタ氏
は「実際に現存した戦車の性能」を基盤に「面白さ」を構築するのですから、ソコ突き崩されちゃ困っちゃう(笑)。
しかし、水島監督の方はあくまで「面白さ」を追及し、そのために自動車部という、どんな改造をヤラカすか知れな
い(笑)グレーゾーンの存在(^血^;)もカマセていたワケですから、実際はどう考えられていたのかは判りませんね。
…ううん、こんなトコまで想像すると、「ガルパン」ってホント面白い!まるでスポーツ観戦の際にベンチ裏の動き
を想像する、みたいな「作り事でない」域のオモシロさがありますわ。ソレで…ああ、あの6話での「子供のサッカー
みたいな」(文中表現)鬼ごっこをやってる際、サンダースの追撃車輌が4輌しか来ないのを見届けたダージリンは
「コレまで"下品"だとばかり思っていたサンダースを見直した」、という意の下りが来ます。そうか、コレまで
はアリサなどのような陰湿な策謀(笑)を巡らす部下の背後に隠れて、彼女にはケイの存在が見えていなかった
のか!!
…"大国"(大規模校)ならではの誤解され易いトコなんでしょうか。「勝手なコトをし出す者」が多く、一校と
しての理念が表し難い?…そんなダーちゃんの疑念を晴らすべく、さらなる本編表現の解説が続きます。6話、捨て身
の戦法で稜線射撃を狙ったⅣ号。ココでサンダース側から見れば「狙撃手のⅣ号を始末するのか、あくまでフラッグ
車を叩くのか、主力をどちらに回すか決断を迫られた構図になった」との説明。しかしケイは即座にナオミのファイ
アフライを"大洗の要"であるⅣ号追撃に回した。…ナルホド、この処置は、ダージリンにも得心する機会となったの
ではないでしょうか。…同じ「面白く、エキサイティングな戦車道」を志す同士として。この分ではいずれ、ダージリン
がケイに紅茶を送る日も近いのかも知れませんね。…ああッ、「ガルパン」ッて面白い!!…で。余計な
字数を稼がず、グイグイ進む本作、間髪入れずヨーグルト学園との第2戦に突入しちゃいます。おおッ!↑上で触れた
以上の戦力増強!Ⅲ突やⅣ号だけでなくラング!パンター!へッツァー!ソレも全車75mm以上の大口径砲を備えた、この
時点では大洗などより遥かに強力な布陣だ!こりゃ「大洗に似た」というより「ミニ黒森峰」と言ってもイイほど!!
文中でも「聖グロを遥かに凌ぐ」と明言されてます。見直したぞヨーグルト(笑)!さあこの大戦力を前に、いかにその
実力を発揮するか、ダーちゃん!…ナルホド。コレまで38(t)、オチキス、CV33などの軽~豆戦車しか保有してなかった
ヨーグルト、新兵器の性能に頼り、黒森峰の戦法を真似してか?ロングレンジからの一斉砲撃で挑むみたい。ソコに
聖グロ隊、突撃。相手の死角に逃げ込んで…おお~、チャーチルの登攀力を活かす戦法ですか。真ッ直線に突入すると
見せかけて散開、高地包囲するみたいです。鈴木氏の筆が乗り、映像描写的筆致。ナルホド、ミリに興味の無いアタシでも
「照準に捉えたと思ったら横にズレてゆき、砲塔旋回を余儀なくされる相手の動き」がイラッと来る様子が伝わりま
す!そして、稜線ギリギリに沈んだ砲口からの砲撃により土煙で視界が奪われる、その虚を突く…みほがやっていた
攪乱戦術と同じですね。未だ重武装の戦力の扱いに慣れていない(ひょっとしたら頼っている)敵校の錬度の低さを
叩く。ペコちゃんが聖グロ"新兵器"の運用に関して「レストアはともかく、乗員の訓練習得がまだ」と言っていたのは、
このコトなんでしょう。こうしてみると「戦車道」ッて、ホント「武道」ですわ。いや、そもそもホンモノの戦争がそうなんで
すが(笑)。遥かに射撃性能の優れた相手の猛撃に眉一つ動かさず、ジリジリ斜面を登り包囲を狭める…11話でも、
もしおちょくり作戦での高地脱出の決断が遅れていたら、大洗隊もこうされていたんでしょうなぁ。しかし、ダー
ちゃんも「少し厳しくなる」と言っていた通り、けっこギリギリの決着でした。コレが彼女の言う「面白い試合」なんで
しょうね。稜線越えの瞬間ラングと衝突しても、少しも慌てずフラッグ車に狙いを定めるダーちゃんカッコイー!
そして試合が終われば、敵校副隊長とも快く言葉を交わし。彼女ら、やはり新戦力の火力に頼り過ぎ、重量級鈍足戦車
チャーチルの並外れた登攀力を知らなかった様子。潔く己らの至らなさを認める彼女に対し、練習試合を提言する
ダーちゃん。ああ、イイですねえ…(^ω^)。大洗と同じく、その成長ぶりを確かめてみたくなったんでしょう。彼女ら
ヨーグルト隊が紅茶を送られる日も近いかも知れませんね。…で。最後は、大洗×アンツィオ戦の観戦に向かうダーちゃん
ペコちゃんの姿でシメ。次号4号は8月発売ですから、OVA「アンツィオ戦」の試合内容を彼女らがどう見ていたか、の描写も
後から付け加えられるカタチになるのでしょう。ソレもまた楽しみだ~(^_^)!!本放映から時が経った今でも
こうして「ガルパン」は、その"ライブ感"を失いません!今目の前で握られた寿司を頬ばるような活きの良さ。

それもまた、「ガルパン」の魅力の一つなんですよなー。ソレを味わうためにも、このような「スタッフサイドからの
発信」はリアルタイムで受信しておかなければ、ファンとはいえませんぜ。「後でまとまった時に読めばイイ」なんて
思っているのは、とんだ勘違いです。冷蔵庫に入れた寿司を1週間後に食うのと同じ!寿司が泣くぜ!

●戦車愛を語る・第3回/歴女隊・カバさんチーム
さぁ来た、歴女隊。そりゃあエルヴィンがいますから、コレまでより専門的な話が聞けるでしょう!記事も書き
易かったんじゃないだろうか、コレ?…と思ったら、内容は脱線しまくりだ~(笑)!もう少し彼女らの実際に
使ってみた上での愛着や不満を聞いてみたかったのですが、ソレは「乗車・下車の際におりょうはおっぱいが
引っかかる」程度でした。まぁ、このコーナーは毎度そんなカンジですが…戦車初心者には、「70式」と「Ⅲ突」、
なぜ一つの車体に二つの形式名が付くのか、が良く判って面白かった。本編7話でも彼女らがⅢ突の兵器区分に
悩み、優花里に指摘されるシーンがありましたが「戦車」でなく「自走砲」だから「砲」が主体で、車体はあくまで
「砲を運ぶためのもの」なんだ。あの機動力は、もう「戦車」と呼んでイイ範囲だと思いますけどなー。そもそも
固定砲の「駆逐戦車」とはドコがどう違うんだ?…ああ、「ガルパン」の面白さに惹かれてどんどんミリオタの道
へと誘われてゆく~(笑)。お馴染み整備担当の自動車部コラムは「特に手を入れたトコは無いよ」とか言いつつ
「バラせる所は全部バラシて新しい部品は焼入れし直してネジ一本まで」とかタノシゲに語ってました(笑)。

●大洗女子チームの日常・第3回「ウサギさん、入港です!」/1年生ズ・ウサギさんチーム
さて、「戦車道履修者の日常アルバム」の方は、お待ちかねウサギさんズ(^o^)!お休みの日は大洗でお買い物
だそうです。くくく、桂利奈ちゃんが大写しの見開きグラビアがあるんだけど、綴じ目が真ん中に来てるので
スキャン出来ない~。いい絵だから見たいヒトは買ッたれ。ンで、コレまでは「なんとなく皆のマトメ役」だった
そうな梓ちゃん、戦車道で車長になってからますます責任感が増して来た様子で、あやが色気過剰の服を買お
うとするのを監督したりしてる(笑)。宇津木ちゃんは色気より可愛さ優先、山郷ちゃんはTシャツでイイや…
と個性出てます。桂利奈ちゃんの無根拠な「大丈夫だよ!私、頑張るから!」発言も笑えますが、↑上の7話での
歴女発言と同じく、同じく7話で彼女らがみほに縋った「戦車にカークーラー付けられませんかー」などの発言
も無理ないコトだった、と語るとか…なんか、読む者を「7話時点での気分」に巻き戻そうとしているかのような
意図が感じられ。OVA「アンツィオ」公開のための前準備でしょうか。イイですねー(^ω^)。この「真・アンツィオ戦」登場の
おかげでソレ前後も、新たな気分で楽しみ直せそうですよ。決勝・黒森峰戦の前夜に彼女らが観ていた戦車映画
BD入手の情景なども描かれて良いよい(^o^)。「この1日で梓が得たもの」「皆が変わって来たこと」なども描かれ、
地味ながらウレシい一文でした。

●ガルパントピックス
OVA公開直前なのでトーゼンその紹介と、PS-vitaゲームやボードゲーム、ドラマCDなど近々発売のモノの紹介
で埋め尽くされ。「ガルパン」の"春"や~。しかしそんな中でも、チラッと情報が拾えるのがオフィシャル本の
イイ所。歴女組がみほを自宅の下宿屋に招いたのは、入手したP40の資料を提供するためだったんだって。…と
すれば、OVA先行公開PVで全員が生徒会質に集まって会長を中心に何かを見ていたのは、アレは優花里が潜入
して撮って来たアンツィオスパイ映像かな?…とか、いよいよ内容も想像し易くなって来た今日この頃ですね(^o^)!

6/24 5:45AM、付記。
なんか↑書いてるうちに誤字脱字が多くなってくのが後から読んでも如実。短時間にこんな長文書くもんじゃ
ないですばい。ちと、つづき書くのに間が空きました。

●ガルパンメイキング・ログ
今回は「本読み・各種収録編」と題しシナリオ打ち合わせ、サウンドドラマ収録、BGM収録などの初期制作状況を振り返る秘蔵
画像公開!!!よッしゃー、資料性高くなってきた(^四^)!コレコレ、コレよコレ!アタシみたいなガルパンドップリ派が
求めるのは(*^血^*)!!!
コレ、興味無いヒトには「何だコレ、会議や収録してるだけの地味な絵だなあ、こんなの
要らねーよ」とページを素通りするだけでしょうけどなぁ。アタシにとってはお宝ですよ!!これまで「ガルパンの
秘密」などインタビュー本で、「ガルパン」初期の制作過程は大体アタマに浮かんでました。まず戦車プラモを前に
あーでもない、こーでもないと「どう面白いシチュエーションを作るか」を論じる(とゆーよりは脱線脱線また脱線、
のマニア話(笑)をした)内に、作品の外郭が姿を現して来た。こんな中で、水島監督の脳裏には揺ぎ無きイメージが
固まっていった。後に他のスタッフから「「ガルパン」のアイデア出しは"輪投げ"だ。水島の頭にハマれば形になる、
ハズセばお蔵」と言われたほど、そのイメージは固く、揺ぎ無く。その頃から参加の吉田玲子女史も男どものマニア
話を延々聴かされている内に「あぁ、私がこの仕事でやる役割が分かった」と「マトメ役」に回る…奔放なアイデア
の泉の周りで、プロの仕事師たちが「己のポジション」にガチッ、ガチッとハマッていった…想像するなら、そんな
カンジだったのではないでしょうか。そんなんやってるトコ(笑)の写真が公開されました(^四^)!!ああ、こんな
雰囲気だったのか~~~!!なんか、杉山Pと鈴木貴昭氏が水島監督に戦車取り扱い…操縦や砲撃の手順などを資料
で伝え、その脳内のイメージを膨らませてるようなカンジ?に見えますね。そして…さらに本作はキャラ造りの
やり方も独特で、「まず"こういう役割の子"という演劇的要求だけ作った」上で、ソレに沿った声優さんを選出し、
後は彼女らに好き勝手に演じてもらった。逆に、ソレの結果を元にキャラを制作へフィードバックさせた…と
いうのもファンの間では有名なハナシです。いわば「キャラ造りの"プレスコ"?」。だから例えば沙織など、演技に
「実際の女子高生のような」生々しいニュアンスが宿った。そして!その「フリー演技」の結果も、既に公開されて
います…ソレがオフィシャルHPで誰もが聞ける!あの「自己紹介」と「サウンドドラマ」だ!…なんてゆーコトを
知っているコアファン(笑)にとっては、コレも待望の画像でした!「おお、"伝説の瞬間"の写真がついに公開さ
れたか!」ってカンジ。こーゆーのが「コンプリート」「アルティメット」など外注スタジオ編集の豪華本には期待出来なかった
から、ちょっと欲求不満だッたんス、ジブン。この「月刊戦車道」で、ようやく満足出来ましたわ!!(^四^)…ああ、
アクタス会議室って、あの建物外周の丸い外壁の内側にあるのね。(アクタスビル外観は、12話・うさぎチームM3
がヤークトティーガーに伏撃される交差点の背景を参照(笑))

●ガルパン・イベントレポート
2014海楽フェスタ大特集。…ああ、アタシはこの前日に大洗入りしてOVA-PV全国最速公開映像見て、その夜のあんこう
花火しか見れなかったんですが(あんこうチームの読み上げに従ってあんこう花火が夜空を飾る、夢のようなイベ
ントでした(*^ω^*)!)、雨に見舞われた翌日の本祭も出し物いっぱいで実に楽しそう。悔しい。…他にはニコニコ
超会議3、マチ★アソビとか水戸ホーリーホック戦とか催されたばかりのイベントの記事が載っかって、「バックトゥザ
カーニバル」は「ハートフル・タンク・カーニバル」の1Pのみ。…このコーナー、次回以降はどうすんでしょ?自転車操業(笑)?

●プロジェクトG
今回はお待ちかね、茨城交通の代表取締役社長インタビュー。あとバンナムゲームスPS-vitaゲーム担当のヒト。
い、茨交社長、若い!50歳!しかも「ガルパン」も気に入られたそうで「布団の中でも「Enter,Enter,MISSION」が聞こ
えてくる(笑)」とか言われてる。…コレなんですよなァ。内容も観ないで放置するのでもない、何が起こっているの
かさえ判らずオロオロするのでもない、そんな"老人"ではない…50歳なら、ちょうど戦後の大作戦争映画を日曜洋
画劇場なんかで観てた世代(^o^)。そんな世代が、ちゃんと本編内容を観て「面白い!」とノッて来てくれる。シカケた
ラッピングバスなどがウケると御本人たちもオモシロくなってしまい、「アレもやろう、コレもやろう」というのりが
入ってしまう。コレが大洗"ガルパンランド"に顕著な「大洗・正のスパイラル」です!ノリがノリを呼び、ハジケ
てゆく。アニメの内容を観もしないで数字が上がる効果だけ夢見てる無関心な自治体などとは違う。(鴨川のコトでは
ありません。鴨川は頑張った)(言っちゃえば千葉モノレールなんかのコト(笑)) 特に国土交通省にガルパンバス2号
車で乗り付ける武勇伝はいつ聞いてもワクワクしますね(^血^)!「ガルパン」・大洗と共に、茨城交通も永遠であれ。
次にはどんな企画で驚かせて下さるのか楽しみッス!
PS-vitaゲームの方も、無駄な宣伝でなくゲームとしての重点が公開されました。ナルホド、各ステージごとに「"if"
展開」が用意され、その出現条件を満たすと「ウサギさんチームの大洗戦」「歴女視点のプラウダ戦」などの「本編に
無いシーンやセリフを楽しめる」、「増加シーン付き本編追加体験ゲーム」ってカンジですか。新たなルートを発見
したプレイヤ同士で話題が盛り上がるとイイ、というシカケですね。面白そうだけど…ソレが「WoTみたいなシュー
ティングだとばかり思っている」ゲームマニア層がどこまで付き合って拾ってくれるか、ですなぁ。

●ガルパン流戦車の楽しみ方
今回は静岡ホビーショウの取材。そーですよなー、戦車プラモ×フィギュアの組み合わせ一つ取っても、大図鑑1冊
作れちゃいそうですモンなぁ、「ガルパン」って。プラッツ始め各社さんの御自慢を披露。うわ、figmaを乗せられる
1/12Ⅳ号ってウワサには聞いてたけど、写真を見たのは初めてですわ!で、でかッ!写真で見てさえでかッ(笑)!

●ガルパン料理道
今回はどうすんのかな…と思ったら、まいわい市場名物・きらきらクレープと餡香焼きだって。コレ「料理道」じゃ
なくて大洗味めぐりだわ(^へ^;)(笑)。というコトはウスヤさんにカワマタさん、お好み焼き"道"さんなんかも
コレ以降出て来るんでしょうなぁ。

ラストページの「ガルパン公式痛車」一覧も目を引いた(^o^)!こう一斉に並べられると一種ギョッとしますね(笑)。
なんか怪獣怪人図鑑を思い出した(笑)。
ああ、今号も楽しみ尽くした「月刊戦車道」。次号は、OVA公開後のアンツィオ追っかけ情報なども楽しみ!

---------------------------------------------------------------------------------------------

☆週間アニメ御かんそ。6/19~

6/21 19:40、付記。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
○「妖怪ウォッチ」・23話
"妖怪つまみぐいのすけ"ッて…(^o^;)。杉浦茂かなんかか(笑)。で、今回取り憑かれイジラレるのはフミちゃんで
なくケータ母…と。スタッフ陣にも根強いケータ母派がいるとみた(笑)。妖怪メダル置いてったけどなんの役に
立つんだコイツ…というツッコミはヤボですね、モハヤ(笑)。今の家庭で子供に最もキビシいのは母親でしょう
から、そんな母親が子供と一緒に乱痴気になるのが楽しくないはずは無い。そして、帰りが遅くなかなか遊んで
くれない父親が食いッぱぐれるのも面白おかしい。逆説的に描いた「幸福な一家の肖像」。"ガキの心理"を軽妙に
すくい取ってます。まぁ、ケータがおかず死守攻防戦をやってる間に父親の方は同僚と「よう!今夜付き合えよ!」
「いや、妻と子供が…」なんて言ってる芝居があって、母親が全てを食い尽くした後、グデグデになって帰って来た
父親が「く~ッ!飲んだ後の家でのお茶漬け!幸せ感じるなぁ~」「えーッ!あれだけご馳走あったのに結局お茶漬け
だけ~!?」なんてオチでも良かったようにも思えます。永谷園がスポンサーだったらゼヒこの方向で。で、今回は
CパートもBパートに負けないくらい盛り上がり。脚色はイヨイヨご父兄から文句が来るギリギリ(笑)まで来ましたが、
ココで「悪い子向けアニメ」の意地を通さんでなんとする(笑)!まぁ、ガキどもはちゃんと強力妖怪同士のガチ勝
負と見てくれましたよ、大丈夫だいじょぶ(笑)。このセンでフミちゃんのちょっとアブナいネタもいってみよー!

-------------------------------------------------------------------------------------------------
●「咲-Saki-」
そんなこんな観ながらも、東京地区再放送中の「咲-Saki-」第1期を毎回楽しみに観てます。
…「咲-Saki-」は面白いなぁ。ホントに、ホントに、ホントに面白いなぁ!

小野監督、「劣等生」なんてクダラナいのやってないで、「咲-Saki-」の面白さに戻って下さいよ~~。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

6/22 14:15、付記。
●「蟲師 続章」・10話
途中に2本、そして来週に1本、特別編「蟲語り」が入るので、放映枠を使い切って1期は今回で終わりです。また、
秋からの2期を楽しみに致しましょう。楽しみにしましょうッたって、監督はじめスタッフの皆様方は制作終了
までずっと不眠不休なんでしょうけど…とにかく、本作や「ガルパン」や…「おッ、フツーのTVアニメと違う!」と
感じるレベルの作品は、その通りフツーの制作スケジュールで作れるモノじゃないんです。おまけに本作は殆ど監督
の一人コンテ…。コレ尋常じゃありません。狂気の沙汰です。「よく1期10話もって下さった…」と感謝の拍手を
送るべきでしょう。で、その1期最終話は…。
晩冬の山々。その内懐、光脈筋の只中で"啓蟄"を迎えようとするギンコ。蟲師の言う"啓蟄"とは、ムロン単なる
節気の一つではなく、一種の"災厄"らしいです。即製のマタギ小屋を組み、秘薬を焚いて冬眠…非常に、非常に
ゆっくりした、永遠にも感じるようなBGonlyのO.L.が続き…観客は妙に不安な"無音"の世界へ連れ込まれます。
まるで世界中が己独りきりになってしまったかのような感覚。目覚めても、周囲だけ"冬のまま"の「閉じた山」
が籠め据う…。"ムグラ"に乗ろうとしても、"主"がいない。永遠にも似た孤独な空間が支配するだけ。…まるで、
人間社会も、うつし世も離れ、己独りが"自然"そのものと相対しているかのような劇的空間が創設されます。
…こんな、一人の男の朗読劇のような、創意的な空間を創り上げたアニメを観たのは、どれ位ぶりでしょうか。

御承知の通り、本作は民話伝承の世界です。"春を呼ぶ"算段をする山の神様。そんな神様や精霊と意を交わす
"聞き耳頭巾"のような術を得た男。この山の神は、亀の姿をしていました。その亀に「なぁ、主殿よ」と語りかけ
る男。すると男は泥沼の底へ引き込まれ、底で匿われ眠る山の動物たちを見る…。そんな昔語りの世界が、一種
学術的な思想と設定によって鮮やかにリライトされる…そんな大人のための"昔語り"です。
そして、この物語の"神"は、人間の損得勘定などで動いてくれたりはしない…。富も授けなければ、善行を施す
ことも無い。彼らは彼らの都合で、ただ己の成すべきことを成しているだけ。男…ギンコを冬の山中に連れ込み
迷わせたのも、ただその持つ"光酒"が欲しいだけの理由でした。弱った野山の生命力を補充するために。"光酒"
を与えたおかげで、山は蘇りました。群れ飛ぶ昆虫の姿に混じって、蟲も踊ります。生命咲き誇る季節を迎えて。
巻き込まれた男も、恐れるでも恨むでもなく、「まぁ、いいか」で済ませます。すべては、成すべきものが成すべく
して成しただけ。本作ではそのように…"春"が訪れます。「春が来る」だけでも、その津波のような、巨大な営み。
「蟲師 続章」1期最終回のテーマは、ただ一言「生命」でした。「生命」との出会い。
男は、その"生命"の海の只中を、永遠の探求の宿命を背負い、ゆきます。
"生命"の不思議さ、残酷さ、
ふてぶてしさを散々見て来た彼にとっては、こんな怪異など、ありふれた生命の営みの一つでしかないのでしょう。
男の探求の旅は、まだまだ続きます。更なる物語を待ちましょう。…しかし、これで最終回にしてしまってさえ
構わないほど本作らしい、不思議で妖しく、どこか微笑ましい、そんな2期シリーズ前半の最終エピソードでした。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/22 16:30、付記。
○「魔法科高校の劣等生」・?話
あ~、もうこんなクダラネーモノに付き合ってる時間もねぇのでカンタンに済ませ
ますわ。あー運動会選手を見るなり骨折をも見抜くお兄様スゲー!ハイハイ。
で、高校のうんどうかいにてろりすとが紛れ込んでて事故起こす、と。
バカじゃねーの。ソレを真っ先に見抜いたお兄様ステキー!ハイハイ。
あのさー。アンタが
高校の休み時間にノートに書いた創作小説だって「うちの学校の運動会にてろりすとが紛れ込んで
まほうで事故を起こす!」なんてモノ友達に読ませてみろよ。なんて言われる?バカ!と笑われる
ならまだマシだよな。カウンセリング行きだぜフツー。ソレを「空間に設定した固定振動波発生領域で
目標を砕く」だの科学的根拠の無い俺様デマカセ設定を漢字で(笑)解説するだけで「お、
オレ今の解説分かったずおォう俺様アッタマいぃィィ」とバカが釣れる。「IS」の「量子変換!」と
なんも変わらん。で、スタッフもやる気無く全編そんなデタラメを吹聴してるだけで今回も終わ
っちゃう。ホントに終わっちゃう。もうイイ加減判ったでしょ?

ニココメで「お兄様Sugeeeee」とか脊髄反射的定型句入れて空笑いしようとしてる脳ミソ足らない子
ちゃんにもさ、コレがそんな「指差して笑う」コトすら出来ない腐敗糞だってコトにさ。
「チャー研」や「ゴッドマン」の方がマシだよな。遥かに笑える。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---------------------------------------------------------------------------------------------
6/22 21:45、付記。
○「烈車戦隊トッキュウジャー」・17話
大和屋暁、曾川昇両氏(各2本ずつ)の脚本回を経て久々小林靖子氏に脚本が帰って来た今回は、戦隊モノで
お馴染み6人目メンバー登場回。過去に見たコト無いよーなキャラ登場!笑っちまった(^四^;)!レインボー
ラインにも保線作業員いたんだ!という目の付け所からして良かったけど、現れたシャドウライン脱走怪人は
太古に原点を求めるなら「ハカイダー」「ズバット」系ニヒルな風来坊なのにコトゴトくソレがギャグになって
る、なのに二枚目、という特撮ファンならウレシ涙モンの変なヤツ!雨で楽しみな遠足を中止に追い込んだ、と
いう「犯した恐ろしい罪」(笑)に浸って自分の鎮魂歌まで作ってる姿が大笑い(^血^;)!烈車合体、ロボ戦闘も
冒頭で済ませてコイツをジックリ描きます。でもシュバルツとの擬闘は中澤祥次郎監督か、それともアクショ
ン監督の手による指導か判りませんが充分楽しめた!…あれ?OP観ると「コンテ:田中浩二」ッて書いてある…?
ググると俳優のお方…?実写番組は良くワカランわ。なんにしても面白かったッス小林靖子さん!今年、ジブン
にとって児童向けはコレと「妖怪ウォッチ」ッスねー。その上、本作はラストにキョーレツな泣かせが待っている
でしょうからタマリマセンわ!「トッキュウジャー」、文句無しに面白いッスよ!

---------------------------------------------------------------------------------------------



☆以下、ココに付記。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=================================================================================================
 

/111