teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ひろし  投稿日:2018年 6月 7日(木)20時20分40秒 d80.Wst18LN10FMBiz15.vectant.ne.jp
返信・引用
  小林泰三先生、

完全な悪の女王ですか、絶対近くに居て欲しくないけど、怖いもの見たさで見てみたい気もしますね。ともあれ礼都にビジネスのスキルがなくて良かったです。

なるほど、まさしく無限に法則が必要になるか、トートロジーになるしか無いわけですね。

本業と作家業の両立で忙しいでしょうが、どうかご自愛ください。
 
 

Re: (無題)

 投稿者:小林泰三  投稿日:2018年 6月 7日(木)01時13分24秒 pl2008.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.854[元記事へ]

>ひろしさん

もし、礼都に金儲けの才能があったなら、完全な悪の女王になったと思います。

究極の原理を見つけたとしても、「なぜその原理が成立しているのか」と考えると、きりがないですね。最終的な解明は宇宙そのものでないと不可能だと思います。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

(無題)

 投稿者:ひろし  投稿日:2018年 6月 6日(水)19時56分16秒 d80.Wst18LN10FMBiz15.vectant.ne.jp
返信・引用
  小林泰三先生、なるほど、れつは金儲けの才能だけ無いのですね、だからバイトを掛け持ちしてるのすか。
ブラックボックスの解明は原理的に難しいのですね、解明するには無限の知的能力が必要であり、それはもはや宇宙と同一とみなせると、宇宙的恐怖ですね。
地球が灼熱地獄になってしまうのですね。良いアイディアだとおもったのですが、残念です。
お忙しい中掲示板にも目を通していただき、ありがとうございます。
 

Re: 「天体の回転について」

 投稿者:小林泰三  投稿日:2018年 6月 3日(日)17時35分43秒 pl2008.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.850[元記事へ]

>ひろしさん

原理的に可能だと思います。ただ、地球が灼熱地獄になりますね。火星やもっと太陽から遠い星向きかもしれません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

Re: 「ドロシイ殺し」

 投稿者:小林泰三  投稿日:2018年 6月 3日(日)17時34分17秒 pl2008.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.849[元記事へ]

>ひろしさん

ブラックボックスの解明は原理的に難しいと思います。人間を超えた知性でも難しく、無限の知的能力を持った存在なら、可能かもしれませんが。その存在はもはや宇宙そのものと言っていいかもしれません。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

Re: 「因業探偵」2話

 投稿者:小林泰三  投稿日:2018年 6月 3日(日)17時31分58秒 pl2008.ag5354.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.848[元記事へ]

>ひろしさん

礼都は結構強いんです。ただ、金儲けの才能だけはなくて、だいたい失敗しているのです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/

 

「天体の回転について」

 投稿者:ひろし  投稿日:2018年 6月 3日(日)15時58分5秒 d80.Wst18LN10FMBiz15.vectant.ne.jp
返信・引用
  「天体の回転について」を読んで妄想してしまったのですが、太陽ー地球系のラグランジュ2に、薄くて巨大な鏡面を設置できれば、「2001年宇宙の旅」みたいに夜の来ない世界を実現できるのではないかと思いました。  

「ドロシイ殺し」

 投稿者:ひろし  投稿日:2018年 5月 1日(火)00時04分39秒 d92.Wst18LN10FMBiz32.vectant.ne.jp
返信・引用
  「ドロシイ殺し」読了させて頂きました。推理小説の枠を完全に超えた、名状しがたい凄まじい作品でした。小林泰三小説の最初期の登場人物たちが出演していたのが嬉しかったです。
登場キャラクターの性格も世界観も強烈でした。満腹です。 科学がブラックボックスに依存しているというのは何だか怖いことのような気がします。小林先生はいつかは、そのブラックボックスの中身を人類が全て解明できると思いますか?それとも解明するのは高度に発達した人工知能だったりするのしょうか?
 

「因業探偵」2話

 投稿者:ひろし  投稿日:2018年 4月13日(金)21時37分20秒 d92.Wst18LN10FMBiz32.vectant.ne.jp
返信・引用 編集済
  「因業探偵リターンズ」第2話を読ましていただきました。後味の悪い最後になるのかなと思っていたら、ハッピーエンドになって良かったです。
礼都さんは強烈な悪意にもとずいて行動しているように見えましたが、結果的には完全な善行になっていたのが面白かったです。  それにしても礼都さんは戦闘能力も高いのですねえ。
いつか何かの弾みで世界を危機から軽く救ってしまいそうな気がします。(悪意で)
 

Re: 質問です

 投稿者:あずま  投稿日:2018年 4月12日(木)07時11分44秒 sp183-74-207-251.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  > 小林泰三さん
こんなに早く返信してくださり有り難うございます!!
悪魔の証明と信仰は合わせてはいけないものだと改めて思いました
後半からの物語の一転はとても小林さんらしいと思いました。
しかし、私はまだ少しの作品しか読めていないのでこれからたくさん読もうとおもいます。本当に返信してくださり有り難うございました。
 

レンタル掲示板
/83