teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


坂の上の雲

 投稿者:鶴之助  投稿日:2006年10月17日(火)01時19分31秒
  野武士さん

次は<坂の上の雲>ですか。秋山兄弟ですね。
サラリーマン管理職にこの小説のフアンは多いですよね。

明治人の明るさ、強さ、たくましさを司馬遼はしっかりと
この小説で表現してます。(健全な明治人)

これは反面、ノモンハン以降の昭和軍人から戦後の日本人に
対しての一種の幻滅と不信感の裏腹かもしれません。
 
 

翔ぶが如く

 投稿者:野武士  投稿日:2006年10月15日(日)00時12分48秒
  現在、全10巻中4巻を読み終え、5巻目に入ろうというところです。
小説では征台へ駒を進めるところです。
ここ3週間ほど海外出張などでバタバタしており、久しぶりに読書再開します。
同じく司馬遼の「坂の上の雲」が次に控えています。
 

翔ぶが如くの登場人物

 投稿者:鶴之助  投稿日:2006年 9月23日(土)22時06分26秒
  野武士さん

翔ぶが如く読まれてるのですか?
征韓論をめぐっての政争劇(権力闘争)が後半のクライマックス
でなかなか読み応えのあるところですね。
大久保、西郷の激突の結果が、その後の明治の行く末を決定づけました。
そのへんまでは、がまんして読み進まれることオススメいたします。

小説の主人公、大久保利通というのは政治家としては、非常にすぐれた人物だと
思いますね。
それに政争に敗れ、後に乱を起こして処刑された司法卿、江藤新平の実務能力にも
鶴之助は密かに注目しています。(たしか司馬遼太郎の小説で「歳月」はこの江藤新平が主人公)

その他、伊藤博文や大隈重信、山県有朋など後の総理大臣経験者が小説にはたくさん登場し
てますね。
司馬遼のそれぞれの人に対する人物評が読んでいて面白いところです。
 

翔ぶが如く

 投稿者:野武士  投稿日:2006年 9月14日(木)21時23分52秒
  鶴之助さん

ご無沙汰しております。
お元気ですか?
現在、司馬遼太郎氏の「翔ぶが如く」を読んでいますが、なかなか進みません。4巻読むのに1.5ヶ月以上かかっている状態です。忙しいこともあるのですが、「竜馬がゆく」ほどはまりません・・・。鶴之助さんはどうでしたか?
 

蒼き狼

 投稿者:鶴之助  投稿日:2006年 8月17日(木)22時11分19秒
  チンギス・ハーンですか?
昔、井上靖の小説「蒼き狼」を読んだ覚えがあります。
別名は確かテムジン..
若い時、他部族に奥さんを略奪されたり、度重なる抗争で
結構苦労した人みたいですね。

騎馬民族は好戦的で残忍な印象がありますが..

また感想を聞かせてください。
 

チンギス・ハーン

 投稿者:野武士  投稿日:2006年 8月10日(木)23時27分11秒
  西郷隆盛は大いに長たる者の素質があり、多くの者を惹きつけやまない存在であったのでしょう。
現代では、「時代が違う、現在=経済社会」と言われるとそれまでですが、何か心に来るものはあります。
しかし、700年の武士社会が否定され、幾度かの世界大戦を経て、現在の日本国民が形成されているのでしょう。
今年はチンギス・ハーンの帝位(ハーン)800年となります。
少しの間、世界最大の帝国であったモンゴル帝国について勉強しようと思います。
日経新聞でも堺屋太一氏が連載しておりますので。
 

最後のサムライ

 投稿者:鶴之助  投稿日:2006年 8月 7日(月)23時16分2秒
  毎週火曜の午前2:00~ですから実は今日の夜中にスカパーで
翔ぶが如くを放映してます。後でビデオを見る予定です。

維新の英傑は、いわば日本史上最後のサムライということになりますね。
西郷さんはその中でも際立った存在です。

西郷さんの価値観の基点は個より公、得より正義(天道)なんですね。
現代こういう基軸で物事を考えている人は非常に少ない。

でもこういう人こそ美しいし、かっこいいと思うのは私だけでしょうか?
 

十石

 投稿者:野武士  投稿日:2006年 8月 1日(火)22時20分7秒
  そうですね。
お米10合で1升、10升で1斗、10斗で1石ですね。
ですから、10石は1000升となります。

現在、鶴之助さんの「西郷さんの遺伝子」に触発されて、「翔ぶが如く」を読んでいます。
全十巻で読み応えありますね。
 

十石舟

 投稿者:鶴之助  投稿日:2006年 7月23日(日)02時42分50秒
  江戸時代、京都-大阪間を米や酒を主に運んでいたようですから、たぶん
10石のお米のを運べる舟と言う意味で十石舟とよんだのではないでしょうか..

10石とは尺貫法で米が1000升分(お酒の一升瓶で1000本分)でしたかね。
 

楽しみにします

 投稿者:野武士  投稿日:2006年 7月20日(木)00時47分7秒
  鶴之助さん

私は現在仕事の関係で海外在住です。
とはいってもお隣の国です。
故郷が大阪ですので、帰阪時には寄ろうと思います。

お風呂上がりのビールとおでん、楽しみにしております^O^

濠川周遊もいいですね~。
濠川とはたしか陸からかなり段差がある川でしたね?
楽しみがまた増えました。

ところで、10石舟とは重量が1.5tでしょうか?
それとも、1.5t(10石)のお米を搬送できる舟なのでしょうか?
「石」は明治時代までは武士の給料の単位でしたね・・・懐かしいです。
 

レンタル掲示板
/18